松居一代、芸能関係者が語る“過去のトンデモ行動”――「船越に同情する声少なくない」

松居一代、沢尻エリカとのラブシーン巡り船越英一郎に激怒も 騒動多く船越に同情の声

記事まとめ

  • 松居一代がブログやYouTubeで、週刊文春の"裏切り"や船越英一郎のW不倫などを主張
  • TBS系『悪女について』で船越が沢尻エリカとのラブシーンに松居は激怒し、船越が別居
  • 『櫻井・有吉 THE夜会』にも松居は反論するなど過去に騒動があり、船越に同情の声も

松居一代、芸能関係者が語る“過去のトンデモ行動”――「船越に同情する声少なくない」

松居一代、芸能関係者が語る“過去のトンデモ行動”――「船越に同情する声少なくない」

松居一代オフィシャルブログより

 不穏なブログ更新に続き、7月5日未明にYouTubeに公開した動画でも、世間の注目を集めているタレント・松居一代。本人は「週刊文春」(文藝春秋)から“裏切り”にあったことや、夫で俳優の船越英一郎の“W不倫”などを主張しているが、マスコミ関係者の中には、これまでの松居の“お騒がせぶり”を振り返る者も多いようだ。

「ブログや動画を見る限りでは、松居の現状はもちろん心配です。一方で、松居は以前からさまざまな騒動を起こしていただけに、芸能マスコミ関係者の間では、夫の船越に同情する声も少なくありません」(スポーツ紙記者)

 例えば、船越が仕事でラブシーンに挑んだ際、松居が“激怒ブログ”を更新したことがあった。

「2012年にTBS系のスペシャルドラマ『悪女について』で、船越が女優・沢尻エリカと共演し、ラブシーンの撮影を行った際、松居はこれを事後報告され激怒したと、自身のブログで告白。さらには、夫婦ゲンカに発展した結果、船越が荷物を持ち出す格好で別居に至ったことを明かしたんです」(同)

 一方で松居は、自身のブログに空っぽのクローゼットの写真をアップするなどして、「ある意味“ネタ”にしている部分もあっただけに、呆れるマスコミも多かった」(同)という。

「松居のトンデモ行動といえば、前夫・Aさん、そしてAさんの内縁の妻との確執も思い出されますね。松居の前夫はあるDCブランドの創業者と知られ、2人の間には長男が1人います。Aさんは多額の借金を抱えており、連帯保証人であった松居はかなりの苦労を背負わされていたそうですが、離婚後にこれを完済。これでAさんと松居の関係も完全に切れたかと思いきや、昨年Aさんが亡くなった際、松居は、Aさんと内縁の妻が経営していた会社を、息子に引き渡すべきと主張したそうなんです。確かに、松居の苦労はわかりますが、『いきなり会社を渡せとは無茶苦茶すぎる』と物議を醸しましたよ」(芸能プロ関係者)

 さらに、松居は近年、株式投資で莫大な利益を得ているとされ、実業家のイメージも強いが、“金銭”に関する発言で、周囲を混乱させることも多々あったようだ。

「松居は、テレビで“お金”にまつわるトークをするのに抵抗がなかったようで、むしろ稼ぎをアピールすることも少なくなかった。例えば、16年11月に『櫻井・有吉 THE夜会』(同)に出演した際、自宅を『3億円』と伝えられたのに激怒し、放送翌日に番組プロデューサーにクレームを入れたとか。そこで、松居は金額を訂正するために再度12月に番組に登場し、正しくは『4.5億円』であると、上方修正したんです」(テレビ局関係者)

 さらに、松居はこの時、一部スポーツ紙によってトランプ大統領がらみの投資で“100億円大儲け”と報じられていたことについても、「話がデカすぎ」と口にしていたが、バイきんぐ・小峠英二から「半分くらい?」と聞かれると、「ガッチリ!」と否定しなかった。そのため、翌日のスポーツ紙は「50億円大儲け」と報じていたのだが……。

「松居はブログで『ガッチリって言っただけです』『50億だとは一言も発言してません』などと反論。こうしてお金の話でもメディアを混乱させ、話題作りに利用していた印象です。このように金銭面を赤裸々にしつつネタにしてしまうところにも、船越は嫌悪感を覚えていたとみられています」(同)

 6日発売の「文春」では、船越が松居に離婚調停を申し立てていると報じられているが、松居はどんな行動に出るのだろうか。

関連記事(外部サイト)