「西内まりやは女優じゃない」2017年上半期“パッとしなかった連ドラ主演女優”ランキング

「西内まりやは女優じゃない」2017年上半期“パッとしなかった連ドラ主演女優”ランキング

「西内まりやは女優じゃない」2017年上半期“パッとしなかった連ドラ主演女優”ランキングの画像

 さまざまなニュースが芸能界を賑わせた2017年上半期も終了。ドラマ界でも、冬/春ドラマが放送され、主演女優のキャスティングや演技力など、イイ意味でもワルい意味でも期待を裏切った人物が世間の話題をかっさらった。そこで今回は、男女100人に「パッとしなかった2017年春ドラマ/夏ドラマの主演女優は誰ですか?」というアンケートを実施した。(Sagooooワークス調べ/調査地域:全国/調査対象:男女・年齢不問/調査期間:<冬ドラマ>3月16日〜3月22日<春ドラマ>6月20日〜6月26日/有効回答数:100)

【冬ドラマ編】
 42票で1位に躍り出たのは、月9史上ワースト1の視聴率を記録した『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)の西内まりや。

「初回を見て、学芸会のような演技にドン引きした。女優とは呼べないような、どのシーンも同じ顔が目についた」(60歳/女性)
「イマイチ演技が不自然な感じでパッとしなかった。役柄の設定と合っていない感じ」(41歳/男性)

など、「スタイルが良くて美人だとは思うが、主演女優という感じではない」(26歳/男性)「もともと歌手なのに、なんで女優の仕事を引き受けたのかも謎」(26歳/女性)と思わせるような、「主演にしては周りを引っ張っていく力が不足している」(25歳/女性)と演技力を指摘する声が目立った。

 また、「ドラマ自体パッとしない。でも、ほかの女優さんの方が視聴率を取れたのではないかと思う」(39歳/女優)との意見もあることから、内容と主演が、負の相乗効果を生んでしまったのかもしれない。

 2位にランクインしたのは、22票を獲得した『嫌われる勇気』(同)の加里奈。圧倒的に多かったのは、「一時期の週刊誌の写真のイメージダウンから、香里奈を魅力的な女性として見ることができなくなった」(33歳/女性)との声だ。

「モデル出身だからか、いつ見ても『香里奈』でしかない。役に入りきれず、中途半端な印象」(28歳/女性)を与えてしまう演技力の低さ、また「ほぼすっぴんに見えるメイクが似合わない。必要以上に幸薄そうに見えた」(28歳/女性)というミスキャスト感を指摘する声も出ていた。

 僅差の19票で3位に留まったのが、『大貧乏』(同)の小雪。一文無しになったシングルマザーが奮闘するストーリーだけに、「小雪は大貧乏のキャラじゃない。もっとおしとやかなキャラがよく似合うのにもったいない」(56歳/男性)との印象が強く、「小雪のイメージが強すぎて、ドラマの役に違和感を覚えた」(48歳/女性)視聴者が少なくなかった様子。

 また、「昔はきれいだったけど、すっかりおばさん顔になってしまった。年齢より老けて見える。もともと演技力があるわけではないので、見ていてキツイ」(45歳/女性)など、容姿に関する声も上がり、「小雪はデカい。その印象だけでドラマがつまらなくなった」(21歳/女性)との指摘も散見された。

 4位は12票で、『カルテット』(TBS系)の松たか子。「内容がミステリアスすぎて、松の魅力を引き出せていなかった」(60歳/女性)「安心して見られる女優の安定感があった。しかし、それ以上のインパクトはない」(70歳/男性)と、松の演技力を支持しながらも苦言を呈する視聴者が多数いた模様。

 5位は『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)の吉高由里子で、5票。人気マンガが原作とあり、「マンガの主人公とドラマの女優のキャラが、なんとなく合っていなかったように思う」(24歳/女性)「主演とはいえ、誰がやってもいいような役柄だと思う」(31歳/女性)と、吉高本人というより、キャスティング自体に問題ありとする意見もみられた。

 31票で1位に躍り出たのは、『桜子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系)で、三度の飯より骨が好きなドSプロ標本士を演じた、観月ありさ。

「『ナースのお仕事』のような生き生きした感じがなく、いかにも役作りをしているような気がした」(50代/女性)
「何となく、今までの雰囲気、演技と変わらない感じがして、マンネリ感があった」(30代/男性)

 など、観月の演技力自体を疑問視する声が続出する結果に。また、観月にとって“26年連続30作品目の連ドラ主演達成”という節目の作品だったこともあり、

「観月ありさが主演とか、もう昔の人だと思うので見る気がしない」(40代/女性)
「視聴率も振るわなかったようだし、もう主演にこだわるのをやめたらいいのに」(40代/女性)

というのが視聴者の本音のようだ。なお、原作はweb小説から書籍化や漫画化され、シリーズ累計部数100万部を超える人気ミステリーだけに、「櫻子は、原作では20代半ばの設定なのに、ドラマでは40歳の観月ありさが演じていた」(30代/女性)と、原作とかけ離れたキャスティングに違和感を覚えた人も少なくないようだ。

 2位は『人は見た目が100パーセント』(同)で女子力ゼロの“リケジョ”役に挑戦した、桐谷美玲で23票を獲得。同性からは「もともと綺麗な方なので、見た目に問題があるような役を演じてもピンと来ない」(20代/女性)と、ブーイングの嵐。だが、それ以上に多く見られたのが、

「ストーリーがありえないことに加えて、演技力に問題あり。セリフの棒読みと感情表現に関しては、見ているこちらが恥ずかしくなった」(60代/女性)
「表情が全て一緒。変化や動きが少ないためあまり演技向けではないような気がする」(20代/女性)

 さらに、「ブルゾンちえみのほうがはまっていた」(40代/女性)など、脇役に話題をさらわれる散々な結果となった。

 同率3位となったのは、『あなたのことはそれほど』(TBS系)の波瑠と、『母になる』(日本テレビ)の沢尻エリカで、それぞれ20票。波瑠は、これまでの清純なイメージを覆す、不倫妻で新境地の開拓に挑んだが、「波瑠の役柄にあまり合っていない感じで、パッとしなかった印象が強い」(30代/女性)など、「女優本人のイメージと役が違いすぎる上、それが納得できるだけの演技ではなかった」(30代/男性)とハマりきれなかった様子。

 また、「朝ドラのときはものすごく素敵な人だと思っていたけれど、それ以外のドラマで見るとあまりよく見えない」(40代/男性)など、「周りがアクの強い役だったのもあるけど、役が霞んでしまった気がする」(30代/女性)といった声も多く聞かれた。

 沢尻エリカは、母親役への挑戦となったが、「沢尻エリカの母親役に無理があったような気がする。小池栄子の演技の方に見入ってしまった」(30代/女性)「母としてのおおらかさや包容力が、彼女には感じられなかった」(60代/女性)など、「役にあまりハマっている印象がないまま最終回を迎えてしまった」(30代/女性)と感じた人がほとんどだったようだ。

 そのため、「小池栄子のインパクトが強かった」(30代/女性)「ドラマを少し見たけれど、ぱっと見、誰が主人公なのかわからなかった」(20代/女性)といった声も多く、「キャスティングミスで、エリカ様の良さが出し切れていなかった」(40代/女性)ことが、こうした評価につながってしまったのかもしれない。

 5位は6票で『緊急取調室』(テレビ朝日系)で刑事役を演じた天海祐希。これまで数々の話題作を演じてきた天海だが、「大女優の天海祐希にしては、良い印象に残るシーンがなかった」(40代/男性)「いつもならもっと人気が出そうなのに、今回はそうでもなかった」(30代/女性)と、期待外れ感が否めなかった様子。ただ、天海のイメージに沿った役柄が多いためか、「いつも似通った感じがするので、独創的な発想を願いたい」(50代/男性)と、似たキャラクターでも演じ分ける演技力に期待する声も聞かれた。

 17年上半期の冬/春ドラマ別で、パッとしなかった主演女優を振り返ってみたが、最も投票数が多かったのは、西内まりやという結果に。『突然ですが、明日結婚します』は、全話平均視聴率6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、月9史上ワーストという不名誉な記録を残した作品でもあり、マスコミ関係者の間では、「西内はゴールデン/プライム帯の主演を干されるだろう」との話もささやかれているようだ。果たして西内に、リベンジのチャンスは巡ってくるのだろうか。

西内まりや
・「ストーリーがありふれていたことに加えて、役柄にまったく合っていなかった」(54歳/女性)
・「キレイだし歌もうまいと思うのですが、いまいち人気的にパッとしない」(38歳/男性)
・「顔は可愛いし、歌のプロモーションビデオもかっこいいけれど、演技がイマイチな気がする。高岡早紀が年齢なりの美しさと色気を放っているので、完全に食われていると思う」(43歳/女性)

香里奈
・「ドラマ自体はまあまあだったが、地味な感じで香里奈じゃなくてもよかった気がする」(36歳/女性)
・「香里奈はファンが多くて一定の視聴率を取るものだと思っていたので意外だった」(48歳/男性)
・「なんでいまさらこの人が主役なのかわからなかった。ストーリーもおもしろくなかった」(32歳/女性)

小雪
・「全てにおいて嘘っぽい。ドラマなんだからちょっとは入り込んで見る要素がほしい」(47歳/女性)
・「ドラマ自体があまり共感を得難いものなので、演技が良くても注目は集まらなかったと思う」(35歳/男性)

松たか子
・「主演というより、名脇役というポジションが似合う女優だと思う。華がない」(49歳/女性)
・「最初からパッとしないだろうと思っていたが、予感的中。主演は無理だと思う」(59歳/男性)

吉高由里子
・「そもそも吉高由里子に華がない。見ようとも思わなかった」(42歳/女性)

観月ありさ
・「どのドラマに出ていても全ての役柄が同じ調子なので、若い頃は良かったが最近は存在感がなくなっているように思う」(40代/女性)
・「原作コミックを読んでいたが、まったく表現できていないと思った」(20代/男性)
・「ストーリーもそれほど魅力的でなく、観月ありさはベテラン感が強くフレッシュさがない。あえて見たい女優ではない」(30代/女性)

桐谷美玲
・「イケてない女子の役で桐谷美玲が抜擢されたのが、世間の人にあまり受け入れられなかったと思う」(30代/女性)
・「もとがいい人は無理矢理ブスにしようとしても無理がある。女友達はこのドラマに対して激怒していた」(40代/男性)
・「桐谷美玲は滑舌があまりよくないので、お芝居をしている姿を見ても、あまり話が入ってこない」(20代/男性)

波瑠
・「波瑠の目の大きさばかりに目がいってしまい、かつ物語の内容的にもあまり面白くなかった」(30代/男性)
・「すごく透明感があって綺麗なのに、いまいち目立たなかったように思う」(20代/女性)

沢尻エリカ
・「数年前の『べつに〜』問題が刺激的すぎて、この人が出る作品はどれも見る気になれない」(50代/女性)
・「本人の演技力は良かった。しかし、後半からの脚本の内容が薄すぎ。女優を生かしきれていないのが惜しいと感じた」(30代/男性)

天海祐希
・「服装が『女王の教室』にかぶせに行っているように感じた」(20代/女性)

関連記事(外部サイト)