「船越がシロとは考えられない」松居一代、不倫告発動画に対する“マスコミの本音”は?

松居一代、SNS駆使し船越英一郎の不倫糾弾 過去に話題作りのため『サクラ』を用意か

記事まとめ

  • 松居一代はSNSや動画配信を駆使して、夫・船越英一郎の不倫を糾弾し続けている
  • 川島なお美さんと船越が交際していたと暴露した一件について週刊誌記者が暴露
  • 夫の過去を話題作りに利用しようと、松居は“サクラ”を用意したのではないかと推測

「船越がシロとは考えられない」松居一代、不倫告発動画に対する“マスコミの本音”は?

「船越がシロとは考えられない」松居一代、不倫告発動画に対する“マスコミの本音”は?

松居一代Twitterより

ご心配おかけしています
松居一代は、バイアグラ100ml男、船越英一郎と戦います
絶対、嘘をつかずに、正々堂々と戦うことを誓います
みなさん、どうぞ、温かく見守ってください
よろしくお願いいたします   松居一代 pic.twitter.com/FCi7Dzp4R7

― 松居一代 (@kazuyo_official) 2017年7月6日

 SNS、動画配信を駆使して、船越英一郎の不倫を糾弾し続けている松居一代。ネット上では、こうした松居の言動により、「船越は被害者」という論調が強まっているが、業界関係者からは、「船越が完全にシロとは考えられない」という声が相次いでいるという。

 「恐怖のノート」の存在を公表し、次々と船越の不倫に関する情報を暴露する松居。動画では、船越のタバコの箱から発見したバイアグラをクローズアップし、船越を「バイアグラ100ml男」などと呼んでいる。

「この突拍子もない言動の数々に、世間は船越への同情一色となっています。しかし、『そもそも不倫はなかった』かと言えば、確証こそないものの、そう考えているメディア関係者は皆無です。一応、船越の代理人や所属事務所は『全て事実無根』と反論してしますが……」(週刊誌記者)

 船越側の言い分は、代理人などを通じて発表されているが、一方で松居は、自ら情報発信を続けている。

「松居は、最新のブログで『あたしは嘘をついていません』などと主張しています。確かに、確証もないのに不倫を断定するのは、先走りすぎだとは思いますが、それでも松居が主張する内容全てがデタラメという話でもなさそう。元々は『週刊文春』(文藝春秋)も、不倫暴露に乗っかろうとしたわけですからね。マスコミ関係者は、松居について、“1を100に盛って話すことはあっても、0を100にすることはない”人物だと認識しています。現に、かつて川島なお美さんと船越が交際していたと暴露した一件も、その行動自体はバッシングされたものの、事実は事実でしたから……」(同)

 松居は2015年の著書出版会見で、突如として船越の知られざる過去を明かしていた。

「ある記者が、唐突に松居に川島さんの話を振ったのですが、いま振り返ってみると、あの記者を別の現場で見たことのある者は、報道陣の中に誰一人いなかった。つまり、記者は、松居が用意した“サクラ”であり、夫の過去を不自然にならないよう話題作りに利用しようと、策を練っていたのではないか……といわれているんです。世間では、暴露したこと自体に批判が吹き荒れましたが、業界内では、それに加えて、『したたかすぎる』と眉をひそめられていましたよ」(同)

 こういった“やり口”が問題視されるのは、船越の不倫告発でも同様だろう。世間では、船越への同情論が飛び交う中、果たして松居は、“真実”を暴くことはできるのだろうか。

関連記事(外部サイト)