「結婚したらつまらなくなる」時代は終わった!? 結婚後も活躍する女性芸人たち

「結婚したらつまらなくなる」時代は終わった!? 結婚後も活躍する女性芸人たち

横澤夏子公式プロフィールより

 7月20日、お笑い芸人の横澤夏子が1歳年上の男性と結婚したことが明らかとなった。報道各社に幸せいっぱいのコメントを寄せているのだが、この結婚が仕事にどう影響するのかが気になるところだ。以前は結婚を機にメディア露出が減る女性芸人も多かったが、最近は結婚後も活躍を続ける者が少なくない。

 モノマネ芸人のやしろ優は、昨年7月にお笑いコンビ・笑撃戦隊の野村辰二と結婚。その後も頻繁にメディアに取り上げられている。

「やしろは昨年、公開プロポーズを受けて結婚に踏み切りました。今年7月の結婚式に向けてダイエットをしていたということで、ブログでその記録を公開し、順調に痩せていく様子が話題に。現在もダイエットは継続しており、水着姿などを披露して注目を集めています」(芸能誌ライター)

 またキンタロー。は2015年12月に一般男性と結婚。その後もダンスの経験を活かした仕事でさまざまな番組に引っ張りだこだ。

「キンタロー。はレギュラー番組に出演する他、『スマ! キン。』(四国放送)では番組の顔として活躍中です。番組で社交ダンスの大会に参加するなど幅広く活躍しており、順風満帆な芸能人生と言えるのではないでしょうか」(同)

 さらに、2015年9月に結婚したニッチェの江上敬子は、多くの番組に出演するだけでなく、自身の本まで出している。

「江上は『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)でVTRレギュラーを担当している他、毎月事務所が主催するLIVEにも精力的に出演。昨年6月には料理の腕を活かして『ニッチェ 江上敬子のダンナやせごはん 胃ぶくろをつかむ、嫁ラクレシピ!』という料理本を出版しており、結婚が仕事にいい影響を与えているようです」(同)

 また椿鬼奴は2015年5月に結婚したお笑いトリオ・グランジの佐藤大と共演する機会も多く、話題になることも。

「椿といえば、佐藤が借金を抱えた状態で結婚したということで注目が集まりました。今年5月には通販サイト『よしもと園芸』の開設発表会見に夫婦そろって登場し、大の借金を260万円以上返済できたことを告白。佐藤は自力で返済しているようで『(椿が)私が返そうかと言い始めた。その時だけです、怒ったのは』とコメントしました。夫婦仲も良く、今後も2人そろってのメディア出演が増えていきそうです」(同)

 芸能人の中には、女性芸人の結婚生活はうまくいくと考えている者もいるようだ。清水ミチコは6月放送の『秘密のケンミンSHOW&ダウンタウンDX合体SP!』(日本テレビ系)で持論を展開している。

「番組で女性芸人の結婚について話を振られた清水は、『普通は一緒にいるうちに(夫の妻に対する)評価が低くなっていく』としたうえで、女性芸人は、夫からの評価が最初から低いため結婚生活が長くもつとコメント。これには女性芸人たちも感心の声を上げていました」(同)

 さらに世間で囁かれることも多い「結婚した女性芸人はつまらなくなる」という説を否定する声もある。

「恋愛ジャーナリストのおおしまりえは、WEB版『女性自身』で、一昔前の女性芸人に求められていた『ブス・デブ・モテない』という要素が変化していると分析。女性らしさを打ち出していても評価されたり、体を張った過激な芸もあまり求められなくなったということで、結婚が仕事に悪影響を及ぼすことも減っていると綴りました」(同)

 このように、女性芸人の中には結婚後さらに活躍の場を広げている例がいくつもある。横澤の芸といえば、周りにいる女性をモノマネした“女子あるあるネタ”だが、こうした芸風が結婚によってどう変化するのか注目していきたい。

関連記事(外部サイト)