「大人になった少年たち」はどう生きるべきか? 『未満都市』俳優としてのKinKi Kids

「大人になった少年たち」はどう生きるべきか? 『未満都市』俳優としてのKinKi Kids

「大人になった少年たち」はどう生きるべきか? 『未満都市』俳優としてのKinKi Kidsの画像

 20年前に放送された連続ドラマ『ぼくらの勇気 未満都市』(日本テレビ系)の続編となるSPドラマ『ぼくらの勇気 未満都市2017』(同)が金曜ロードショーで放送された。主演はKinKi Kidsの堂本剛と堂本光一。監督は『金田一少年の事件簿』(同)や『ケイゾク』(TBS系)などで知られる堤幸彦。

 物語の舞台は、大人だけが感染する殺人ウィルスによって、大人が死に絶えた街・幕原。行方不明の友達を探すために幕原に向かった高校生のヤマト(堂本光一)は、同じくボランティアで幕原に向かうタケル(堂本剛)と知り合い、自衛隊によって閉鎖された幕原に潜入する。そこでは、生き残った子どもたちが食料や貴重品を求めて、サバイバルを繰り広げていた。ヤマトとタケルは、子どもたちを束ねて、未満都市という疑似政府を立ち上げる。

 当時に放送されたのは『金田一少年の事件簿』などの10代向けドラマが放送されていた土曜午後9時枠で、10代向けのドラマとしては相当シリアスな作品だったといえる。ただ、意欲作なだけに終わらせ方には不満を感じた。冬の寒さでウィルスが死滅し、街の閉鎖は解かれる。しかし、事件を隠ぺいしようとする政府に対し、ヤマトたちは抵抗して幕原に立て籠もる。だが、最後の最後で、大事なことは大人になることだと言い、20年後に「また、ここで会おう」と言って幕原を後にするのだ。

 一見、ポジティブな終わり方に見えたが、ご都合主義にしか見えず、当時はがっかりした。もともと、「大人が感染すると死んでしまうウィルスが蔓延した街で生き残った子どもたちがサバイバルする」というプロット自体、当時「週刊ヤングサンデー」(小学館)で連載されていた『チャイルド★プラネット』の盗作疑惑もあって、素直に楽しむことはできなかった(放送中盤で、作画の永福一成と原作者の竹熊健太郎の名前が協力としてクレジットされた)。

 そういった意味で惜しい作品だったのだが、20年ぶりの新作となったSPドラマが面白かったのは、その後、中途半端な大人になってしまったヤマトたちが、どう過去の自分にケリをつけるのか、という話になっていたことだ。

 SPドラマの舞台は現代の2017年。ヤマトは高校教師、タケルは弁護士となっていた。幕原は復興が進み、隕石(実際は政府がウィルスを培養していた人工衛星)が落下してウィルスが発生した場所には、復興のシンボルとして図書館が建つことに。しかし、その地下では、死滅したウィルスが突然変異を起こして再生しようとしていた。ヤマトたちは、かつての仲間と共にウィルスについて世間に公表しようとするが、隠ぺい画策する日本政府に脅迫される。

 本作には現在、嵐で活躍する松本潤と相葉雅紀も出演していたのだが、かつての仲間たちとの再会は同窓会的で感慨深い。また、幕原と殺人ウィルスに、いろいろなことを重ねているのも興味深かった。

 前作では、1995年の阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件が作品に重ねられていたが、2017年版では前作のウィルス事件が11年の東日本大震災と福島の原発事故に重ねられており、その悲劇が政治利用されている。向井理が演じる政府の役人は「幕原復興は国家の意思です。再開発を止めるということは、すなわち日本という国の成長を止めることです」「これは国策なのだ。誰もが早く忘れて前に進もうとしているのに、そうやって復興に水を差して、誰が幸せになると思ってるんですか?」と言い、復興のシンボルとなる図書館の建設に、20年の東京オリンピックを重ねているのも、うまい作りだと言える。

 20年前に「大人になることを禁じられた少年たちの戦い」を描いた本作が、今回描いたのは「大人になった少年たちは、どう生きるべきか?」というテーマだ。

 大人になったヤマトたちは、仕事も生活もあって、かつてのように自由に振る舞うことができない。だが、自分たちの志を貫く、大人としての巧みな知識と話術を身に着けている。これは、弁護士となったタケルが体現している。また、教師のヤマトが生徒たちに語りかけることで、ネットゲームで知り合った子どもたちが味方となり、地下の汚染水をヤマトに代わって取りに行く場面は、本作の見せ場となった。巧みな話術と次世代への継承。かつての少年たちは、あの頃よりもズルくて、計算高い大人になったかもしれないが、だからこそ、自分たちにとって一番大事なものを守れる強さを手に入れたのだ。

 そんなヤマトとタケルの姿と、大人になった今もアイドルとして活動するKinKi Kidsの姿が重なる。

 ヤマトとタケルと同じく、光一と剛も現在38歳で、真逆のアプローチではあるが、2人は今もアイドルで居続けている。光一は、よりシャープな顔立ちとなり、正統派ジャニーズアイドルの王道を歩んでいる。今後は年齢を超越した王子様的存在となっていくのではないかと思う。対して剛は、いい意味で面白いおじさんになりつつある。

 『人間・失格〜たとえば僕が死んだなら〜』(TBS系)のようなシリアスなドラマと、『33分探偵』(フジテレビ系)のようなコメディドラマの両極を往復してきた剛だが、本作のタケルの演技が良かったのは、シリアスとコメディがうまく混ざり合っていたことだ。それでいて、熱血感のヤマトを鎮めるクールでとぼけたツッコミキャラだというのも面白い。

 実は2人が共演したのも、『未満都市』以降20年ぶりなのだが、ヤマトとタケルの掛け合いは、バラエティ番組等で見せる実際の2人のやりとりに近い。円熟した夫婦のようなやりとりを見ていると、もっと2人がイチャイチャする姿を見たいと思った。今回のドラマは一種のバディモノだったのだが、例えば2人が探偵コンビとして事件を解決するドラマなど、どうだろうか。

 劇中では20年後に再び続編を作ることを匂わせていたが、20年後と言わず、早く2人の共演作が見たいものである。
(成馬零一)

関連記事(外部サイト)