フジ『セシルのもくろみ』がテレ東以下、月9は3年ぶり好記録! 7月期ドラマ初回ランク

 7月期の民放連続ドラマ(午後8〜10時台)が初回放送を迎え、視聴率ランキングでは山下智久主演の月9ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)が、首位に輝いた。人気の医療ドラマの続編だけに、初回は16.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得。2位の上川隆也主演『遺留捜査』(テレビ朝日系)がマークした13.1%を大きく上回り、“月9ブランド”復調の兆しを見せている。初回で15%以上を記録したのは、2014年10月期の『信長協奏曲』(15.8%)以来だという。第2話も15.6%を記録し、2週連続15%超えを果たしている。

 2008年7〜9月に放送された『コード・ブルー』は救急医療を行うヘリコプター、ドクターヘリをテーマにした作品で、翌年のスペシャルドラマを経て10年1月期に再び連ドラで復活。7年振りの続編も山下、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介らメインキャストが出演し、今回から新たに新木優子、成田凌、Hey!Say!JUMP・有岡大貴らが加わった。

 しかし、初回放送前の7月14日には、新キャストの成田&新木に対して、同作のファンから批判が続出する騒動が勃発。成田がインスタグラムに「向きは違っても、顔は同じ」「作:演 あらきゆうこ」として、『コード・ブルー』のポスターに映るメイン出演者5人の顔を、全て自身の顔に変えた合成画像をアップしたのだ。ネット上では「不愉快。先輩が築いてきたドラマなのに……なぜこんなことができるのかわかりません」「成田凌と新木優子嫌い……おふざけでもやってほしくなかった」と、ファンの怒りが爆発。成田は投稿を削除するも、ドラマ終了時まで、また炎上騒ぎを起こさぬよう、配慮ある言動に期待したい。

 2位の『遺留捜査』は11年スタートの人気刑事ドラマ。第4シリーズでは上川演じる主人公・糸村聡が警視庁月島中央署から京都府警に赴任し、栗山千明、段田安則、戸田恵子、永井大が新加入した。舞台とキャストの変更はあるものの、今期も安定した数字が予想されている。

 ベスト3に入ったのはお笑い芸人・渡辺直美が主演の『カンナさーん!』(TBS系)。「YOU」(集英社)で01年〜07年まで連載された深谷かほるによる漫画が原作で、渡辺は夫(要潤)の不倫が発覚するも、超ポジティブに生きる1児のママ・鈴木カンナを演じている。昨秋から『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』『あなたのことはそれほど』と話題作がズラリと並んだTBS火曜午後10時枠での放送だが、初回はこの3作の初回視聴率を上回り、12.0%を記録した。

 月9が堂々の1位を飾った一方で、ワースト3にはフジの2作品がランクイン。窪田正孝、永野芽郁、新田真剣佑、間宮祥太朗ら若手陣が出演する“青春逃亡サスペンス”の『僕たちがやりました』(フジテレビ系)は初回7.9%で12位に。こちらは「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載された同名漫画(原作・金城宗幸、漫画・荒木光)の実写版で、青年誌ならではの過激な暴力シーンなどが描かれていることから、「実写化困難」だといわれていたが、今回はまさかのゴールデンタイムで放送。ネット上では「原作に忠実」だと評価する声もあるほか、「殴り合いのシーンがグロすぎて気持ち悪い」「内容はエグいけど、これからの展開が気になるから見る」など賛否両論となっている。

 続いて、小泉孝太郎主演の刑事ドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SECOND SEASON』(テレビ東京)は7.1%を記録。昨年1月期に放送されたドラマの続編で、前シーズンの初回7.0%からわずかにアップした。同枠のドラマは1ケタが定番ながら、前期に放送された『釣りバカ日誌 Season2 〜新米社員 浜崎伝助〜』の初回2時間スペシャル(6.8%)を上回るなど、健闘している。

 そして、最下位は真木よう子主演の『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)で、初回は5.1%の低記録を打ち出してしまった。唯川恵氏による小説『セシルのもくろみ』(光文社文庫)が原作で、真木演じる“ガサツ主婦”が、ひょんなことから読者モデルの道に進むストーリー。“大コケ”といえる数字をマークしてしまい、主演の真木は初回放送の翌日に自身のTwitterで「皆様に悲しいお知らせがあります」と、数字の詳細を伝え、「むしろ更に燃えて来ました。大体、伝説のドラマとはこうして始まり右肩上がりで、最終話の予想だにしないラストを迎えるのです」と決意をつづった。残念ながら2話はさらに下落し4.5%だったが、同様にTwitterで視聴率結果を報告した。主演女優がTwitterで低数字に言及する自体は異例だけに話題となっているが、こうした宣伝は今後の視聴率につながるのだろうか。

 このほか、『純と愛』(NHK)『家政婦のミタ』(日本テレビ系)などを手掛けた遊川和彦が脚本を担当し、高畑充希が主演を務める『過保護のカホコ』(日本テレビ系)は、初回11.6%を記録。7月19日の第2話終了後にはドラマの公式Twitterが「ここでみなさんに提案です!オリジナル作品ということで、今後この作品がどうなって欲しいかつぶやいてください。もしかしたら、あなたのつぶやきがストーリーに採用される!かも??」と呼びかけており、この先のストーリー展開に注目が集まっている。

 いずれのドラマも最終話までストーリー展開や数字の動向を見守りたい。

【2017年夏ドラマ(午後8〜10時台、民放5局)初回視聴率一覧】

1位『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(フジテレビ系・月曜午後9時) 16.3%
2位『遺留捜査』(テレビ朝日系・木曜午後8時) 13.1%
3位『カンナさーん!』(TBS系・火曜午後10時) 12.0%
4位『刑事7人』(テレビ朝日系・水曜午後9時) 11.8%
5位『黒革の手帳』(テレビ朝日系・木曜午後9時) 11.7%
6位『過保護のカホコ』(日本テレビ系・水曜午後10時) 11.6%
7位『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系・土曜午後10時) 11.2%
8位『ハロー張りネズミ』(TBS系・金曜午後10時) 10.3%
9位『ごめん、愛してる』(TBS系・日曜午後9時) 9.8%
10位『警視庁いきもの係』(フジテレビ系・日曜午後9時) 8.9%
11位『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系・日曜午後10時30分) 8.2%
12位『僕たちがやりました』(フジテレビ系・火曜午後9時) 7.9%
13位『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SECOND SEASON』(テレビ東京・金曜午後8時) 7.1%
14位『セシルのもくろみ』(フジテレビ系・木曜午後10時) 5.1%