児童買春・熊谷容疑者、10年に及ぶジャニーズ交流と「現役人気Jr.」との衝撃の関係

『社交界のプリンス』を児童買春などで逮捕 現役の人気ジャニーズJr.と接触か

記事まとめ

  • 『社交界のプリンス』と名乗る容疑者を、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑などで逮捕
  • ネット上ではジャニーズを退所した元ジャニーズJr.との関連を指摘する声も出ている
  • 現役Jr.とも接触があったようで深夜ドラマで主演を務めたこともある人物だという

児童買春・熊谷容疑者、10年に及ぶジャニーズ交流と「現役人気Jr.」との衝撃の関係

児童買春・熊谷容疑者、10年に及ぶジャニーズ交流と「現役人気Jr.」との衝撃の関係

児童買春・熊谷容疑者、10年に及ぶジャニーズ交流と「現役人気Jr.」との衝撃の関係の画像

 自らを「社交界のプリンス」と名乗り、バラエティ番組への出演経験もあった熊谷裕樹容疑者が、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)容疑などで逮捕された。ネット上ではジャニーズ事務所を退所した元ジャニーズJr.との関連を指摘する声も出ているが、驚くことに熊谷容疑者は「現役のJr.とも接点を持っていた」(ジャニーズに詳しい記者)という。

 報道によれば、元芸能プロダクション経営の熊谷容疑者は、2014年、当時15歳の少年にわいせつな行為をした上で、全裸の写真をスマートフォンで撮影した疑いで逮捕された。また、同容疑者は昨年9月、この少年の頭をビンで殴り、首に4針縫うけがをさせたとして、今年6月にも傷害容疑で逮捕されていたとのこと。

 7月27日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によると、熊谷容疑者にビンで殴打され、ケガを負ったのは元ジャニーズJr.のA(18)。後頭部を殴られたほか、包丁で脚を刺される被害に遭っていたという。同誌は「実は、Aくん以外にも複数のジャニーズJr.が熊谷から虐待を受けていた」と、伝えている。

 一方で、前出記者いわく熊谷容疑者とJr.の交流は、およそ10年に及んでいたそうだ。

「熊谷容疑者は、1990年代後半の“Jr.黄金期”に活躍し、不祥事によって事務所を去った元Jr.と10年ほど前にイベントで知り合い、ジャニーズ界隈に接近し始めたといいます。そして昨年春頃には、元Jr.を中心にしたダンスボーカルグループ・G=AGEをプロデユースし、同6月にCDデビューしました。その後、G=AGEのメンバーとして途中加入したカインという人物が、ファンの検証により『熊谷王子』だと特定され、メンバーとの関係がさまざまにうわさされました。熊谷容疑者が約10年にわたって、世代の違う元Jr.とつながりを持ち続けることができたのは、ジャニーズに近い内通者が存在したからだといわれています」

 G=AGEをめぐっては、昨年10月に出演予定だった駒沢女子大学での学園祭イベントを欠席し、開催を発表していたハロウィンコンサートも中止になっていた。昨年末にはカイン(熊谷)以外のメンバーが脱退し、空中分解状態に。ライブ活動などで順調に支持を集めていただけに、ファンからは「何があったのか」と、心配の声が続出していた。

「さらに熊谷容疑者は、いわゆる“辞めジュ”だけではなく、少なくとも2人の現役Jr.とも接触があったようです。1人は深夜ドラマで主演を務めたこともあるBと、現在バラエティでレギュラーを持っているC。いずれも人気はトップクラスで、ファンが名前を聞いたら驚くようなJr.ですよ」(同)

 ジャニーズを退所し、新たな道で奮闘していた元Jr.にとっては気の毒な話だろう。彼らに明るい未来が待っていることを願うばかりだ。

関連記事(外部サイト)