渡辺直美『カンナさーん!』穴だらけのストーリーに、視聴者からツッコミが止まらない!!

渡辺直美『カンナさーん!』穴だらけのストーリーに、視聴者からツッコミが止まらない!!

『カンナさーん!』(TBS系)公式サイトより

 8月1日午後10時から、渡辺直美主演ドラマ『カンナさーん!』(TBS系)の第3話が放送される。第1話は12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、第2話は12.6%と視聴率は絶好調だが、ネット上では「リタイアする人が多そう」といった声が出ているという。

 同ドラマは、雇われファッションデザイナーとして働く超ポジディブなママ・カンナ(渡辺直美)が主人公で、イケメン夫・礼(要潤)の浮気が発覚し、息子の麗音(川原瑛都)を1人で育てていくことを決意する……というストーリーだ。

 第2話は、職場の上司・美香(山口紗弥加)や礼の母・柳子(斉藤由貴)から説得されるも、礼との離婚を宣言するシーンからスタート。シングルマザーとして誰にも頼らずにやっていくと誓ったが、早々にトラブルが発生してしまう。職場の後輩・翔子(トリンドル玲奈)が発注ミスをしたため、6,000枚の服の値札を翌朝までに付け替えなければならない羽目になったのだ。カンナは翔子を助けるべく自分が罪を被り、同僚にも協力を求めるが、麗音を保育園に迎えに行ったり、柳子に麗音の面倒を頼んだりと、仕事を時折抜け出すことに。この様子に美香は、育児と仕事の両立は難しいと忠告したはずと、激怒するのだった。

「第2話は、『脚本の粗が目立つ』と酷評の嵐となりました。まず値札の付け替えについて。ドラマでは1枚1枚、値札の紐を切って付け替えていたのですが、上から新しい値札シールを貼れば済むはず。いちいち効率の悪い方法を取っていることに、視聴者のフラストレーションは溜まる一方で『非現実的なシーンって萎える』などと言われていました」(芸能ライター)

 さらにカンナは、値札の付け替えが間に合いそうにないことがわかると、インスタグラムのフォロワーに助けを求め、工場に多数のフォロワーが駆けつける展開に。すると作業スピードが各段にアップして一件落着。また、カンナが翔子をかばっていたことも明らかとなり、美香はカンナに謝罪するのだった。

「この内容にも、ネット上で『“渡辺直美”ではなく一般人の“カンナ”の呼びかけに、なぜフォロワーが集まって、朝まで無賃労働をするのか』といったツッコミが噴出。また、なぜか休憩時間に踊り出すシーンがあるのも、視聴者を混乱させたようです。さらに「、最後の1枚というところで、付け替え用の値札が足りないことが発覚するシーンもあったのですが、『なぜ値札を枚数ピッタリにしか発注していないのか?』といった声が聞かれました。このようにネット上は、“ツッコミ祭り”と化し、視聴者はイライラを爆発させていたんです」(同)

 第3話では、第2話の最後でついに対面した礼の浮気相手・真理(シシド・カフカ)とカンナがバトルを繰り広げるようだ。

「真理と仲良くなった麗音の頼みによって、カンナ、麗音、礼、真理、柳子、そして柳子の夫・徹三(遠山俊也)の6人で海に行く……という展開で、柳子は真理に好意的な態度を取り、カンナは窮地に追いやられてしまうとのこと。一方、仕事面では、カンナの作品が世界的なクリエイティブディレクター・ニック難波(加藤雅也)の目に留まり、またとないチャンスを手にするようです。第3話では、脚本へのツッコミが飛び交うことにならないといいのですが」(同)

 第2話では酷評が吹き荒れた『カンナさーん!』。果たして評価を取り戻すことができるのか。

関連記事(外部サイト)