関ジャニ∞・丸山隆平、ネットの“彼女騒動”に言及? 「どうぞお好きに」と意味深日記

関ジャニ∞・丸山隆平、ネットの“彼女騒動”に言及? 「どうぞお好きに」と意味深日記

関ジャニ∞・丸山隆平、ネットの“彼女騒動”に言及? 「どうぞお好きに」と意味深日記の画像

 関ジャニ∞・丸山隆平が、公式携帯サイト・Johnny’s webの連載「丸の大切な日」で意味深な日記を投稿し、ファンの間に衝撃が走っている。先頃、丸山は、Twitterでの目撃談から「神戸の某温泉街」で女性とデートしていた疑惑が浮上したばかり。そのうわさに言及した日記なのか、丸山の謎めいた文章によって、騒ぎを知らなかったファンにも困惑が広がっている。

 7月から5大ドームツアー『関ジャニ’s エイターテインメント ジャム』を開催中の関ジャニ∞。丸山の“彼女”疑惑の発端は、7月23日の京セラドーム大阪公演終了後、神戸の温泉街に「丸山らしき人がいた」という目撃ツイートが上がったことだ。関ジャニ∞ファンとみられるこのTwitterユーザーの書き込みによると、“丸山らしき人”はマスクを着用し、後ろには距離をとるように歩く女性の姿があったとか。

「目撃者はファンからの質問に答える形で、『小さめのショートボブの綺麗系』『20代後半』などと女性の特徴を具体的に挙げていました。目撃者いわく、自身が持っていた関ジャニ∞のコンサートバッグを見た瞬間に丸山が『逃げた』そうで、女性の方は『え? みたいな顔していたので明らかに知り合いだったのかな?』と、現場の様子を詳細につづっていました。当初、一連のツイートは誰でも閲覧可能でしたが、その後はフォロワーしか読めない“鍵アカ”に変更してしまったんです」(ジャニーズに詳しい記者)

 丸山が本当に女性と街を歩いていたのかをファンは確かめるため、「神戸の温泉」といったヒントから、相手の女性のSNSを突き止めようと、調査を開始。丸山の舞台を観劇した記述などから“怪しい女性”のインスタグラムを特定し、ネット上では「疑惑が黒に近くなってきた」として、丸山が書いた過去の連載と彼女のインスタグラムの内容検証が始まった。

「昨年8月、丸山がコンサートのMCで『財布をなくした』と話した時、問題視されている女性が公演よりも前に、『お友達に会いに大阪』『財布なくしたみたいでざまーみろな夜』とインスタグラムに書いていたと報告する声が上がりました。また、4月に桜の記述が重なっている点や、同じ飲食店に行っていた可能性など、証拠としていくつか並べられましたが、多くのファンは、ただの偶然にすぎないことや、双方の投稿時期に矛盾が生じていると指摘。『どう考えてもこじつけ』だと呆れる声が上がる一方で、丸山はネット上で自身の名前を検索する“エゴサーチ”をすると公言していただけに、『#丸山隆平エゴサ用』とハッシュタグをつけながら『目撃されたり匂わせとかやめてもらっていい?』とツイートする動きも見受けられました」(同)

 ネット上の騒動を察知したのか、丸山は31日更新の「丸の大切な日」で、「悪気の何なし」「どうぞお好きに。みんなは呆れて許せないけど、どうでもいいと諦めることある?」などと投稿。普段の明るい日記とは違うテンションだっただけに、「意味深」だと騒ぎになった。「丸ちゃんの日記読んだけど、怒ってるよね。ガセネタやめて」「情報がガセなら丸ちゃんは何も悪くないよね?」と、丸山に同情するコメントが続出したのだ。

 しかし、丸山の日記によって、それまで一連の騒動を把握していなかったファンにまで騒ぎが広まる展開に。そのため、「スルーを貫き通してほしかった」「なんでスルーもできないのか疑問」「マルちゃんの書き方がフワッとしてるから真意が解らなくて翻弄されるんだよ」「『関係ない!』とかハッキリ否定してくれればそれで済むのに」と、丸山の行動に疑問を抱くファンも。

温泉での目撃談は本当に丸山だったのか、一部ファンが注目した女性と丸山に接点があったのかは不明ながら、騒ぎを受けて女性のインスタグラムは閲覧できない状態になっているようだ。

 これまで女性関係のスキャンダルは少なく、クリーンなイメージが強い丸山。昨年11月の「フライデー」(講談社)に、かつてドラマ『ボーイズ・ オン・ザ・ラン』(テレビ朝日系)で共演した平愛梨と「西麻布の高級鰻屋で密会していた」と報じられたが、これは友人同士の食事会だったとみられている。

 丸山に限らず、最近ではNEWS・手越祐也、Hey!Say!JUMP・山田涼介がネット上で話題になった女性絡みのうわさに言及するケースが増えている。しかし、今回の丸山の場合は意味深なブログにより、多くのファンを混乱させてしまった。本人にとって全く寝耳に水の話なのであれば、否定の際は明確にその思いを記すべきなのかもしれない。

関連記事(外部サイト)