黒柳徹子、自身のアンドロイドと会話する姿に「可愛い」「不気味」と波紋広がる

黒柳徹子、自身のアンドロイドと会話する姿に「可愛い」「不気味」と波紋広がる

黒柳徹子、自身のアンドロイドと会話する姿に「可愛い」「不気味」と波紋広がるの画像

 9月18日、黒柳徹子(84)が自身のインスタグラムを更新。投稿された動画が大きな反響を呼んでいる。

 黒柳は「今日は、『徹子の部屋』の本番に、私のアンドロイド『TOTTO』が来た!休憩中に、初めて二人で、お話しをしてみました」とコメントし、黒柳そっくりのアンドロイド「totto(トット)」と会話する動画を公開した。

 「totto」は10月2日からスタートする黒柳の半生を描いたドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日系)の放送を記念して開発されたアンドロイド。会話の内容は黒柳が司会を務める長寿番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)のデータをもとに作成されたと発表されている。

 実際に動画を見ると「totto」は声や話し方まで黒柳そっくりで、どちらがしゃべっているかわからないほど。これには黒柳自身も「自分のアンドロイドと話すって、何だか、とっても不思議な感じです」と驚いた様子。

 動画を見たファンからは「完成度の高さに驚き」「どっちもかわいい」「面白すぎ」といった好意的なコメントから、あまりのクオリティの高さに「どっちか本物かわかりませんでした」「リアルに似てて怖い」「ちょっと不気味」と困惑する声も見られた。

関連記事(外部サイト)