草なぎ剛、YouTuberデビューが大反響も……「つよぽん理解してる?」とファン心配のワケ

元SMAPの草なぎ剛が11月にYouTuberデビュー 草なぎの『全裸事件』を引き合いに懸念も

記事まとめ

  • 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が11月2日にAbemaTVの生放送で共演する
  • 番組の連動企画で、稲垣はブログ、香取はインスタグラム、草なぎはYouTuberに挑戦する
  • しかし、草なぎが2009年に起こした『全裸事件』を引き合いに懸念する声があがっている

草なぎ剛、YouTuberデビューが大反響も……「つよぽん理解してる?」とファン心配のワケ

草なぎ剛、YouTuberデビューが大反響も……「つよぽん理解してる?」とファン心配のワケ

草なぎ剛、YouTuberデビューが大反響も……「つよぽん理解してる?」とファン心配のワケの画像

 9月22日にオフィシャルファンサイト「新しい地図」を開設し、新たなスタートを切った元SMAPの稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾。11月2日午後9時からインターネットテレビ局・AbemaTVで生放送される『稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」』にてジャニーズ退所後、初共演することが決まり、ファンが歓喜に沸いている。その中でも、番組の連動企画で“YouTuber”デビューする草なぎに、多くの関心が集まっているようだ。

 ジャニーズ所属時代とは異なり、ネットを駆使したプロジェクトが続々と動き出している3人。今回の番組に際して3人それぞれのTwitterアカウントも誕生しており、番組の放送開始とともに香取はインスタグラム、稲垣はブログ、草なぎはYouTubeに挑戦するとのこと。AbemaTVの公式Twitterでは特番に関して「3人のSNS解禁!インスタグラマー香取、ブロガー稲垣、YouTuber草なぎが始動!」と、告知している。

「9月24日午後2時頃に情報が解禁されると、『YouTuber草なぎ』というキャッチーなワードはすぐさまTwitterのトレンド入りを果たすほどの反響でした。ネット上ではSMAPファン以外からも『YouTuber草なぎはさすがに笑う』『ネットニュースで見たYouTuber草なぎっていう単語の破壊力がスゴい』と、期待の声が出ています。また、かつて『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で放送され、草なぎが体を張る姿が好評だった人気企画『コップのツヨ子さん』をYouTubeで復活することを求めるコメントもありました」(ジャニーズに詳しい記者)

 しかし一方で、YouTuberの中にはコンビニエンスストアでの“おでんツンツン男”など、アクセス上昇を狙って過激な動画をアップする例も横行している。非常識なYouTuberが、たびたびネットで炎上騒ぎになっているため、草なぎも同様に「何が起こるかわからない」という点で、危険度は伴うだろう。

「剛くんは、慎吾くんに比べるとスマートフォンやパソコン類には疎い方だと認識しています。近年は『ネットニュースを見る』といった発言をしているので、ネットには触れ合っているようですが、ファンからすると不安の方が大きいです。ネットでも、『つよぽん、YouTuber知ってるよね?』『そもそもYouTuberを理解できているのか……』などと、みんな心配してます。剛くんはグループ時代から、自分が仕切る場になるとテンパって言葉がカミカミになったり、大汗をかいたりするタイプです。天然で突拍子もない行動に出ることから“永遠の5歳児”とも呼ばれているので、YouTuberになった暁には一体どんなことをしでかすやら……」(SMAPファンの女性)

 そんな草なぎは、香取がレギュラー出演するバラエティ『おじゃMAP!!』(フジテレビ系、10月4日放送)のロケに参加。同番組の公式Twitterが、ロケ中の草なぎ&香取の写真をアップしていたが、この日、ラジオ番組『ShinTsuyo POWER SPLASH』(bayfm、9月24日放送)の収録もロケ先で行われたそう。その中で、草なぎは、オープンしたばかりの「新しい地図」公式サイトについて話す流れで、

「今日も何? ちょっとさ、見たのよ、携帯で。その新しい地図の。なんかSNSみたいなので。この俺たちがやってるのを、公式の『おじゃMAP!!』のやつで上げてるのよ。移動してくる時、さっき見たよ。2人の写真とか」

と、やはりSNSには馴染みがないのか、たどたどしい口調で語っていた。注目のYouTubeデビューに向けて、一部のネットユーザーからは、草なぎが2009年に起こした例の“全裸事件”を引き合いに、危険な行動に出るのではないかと嘲笑するようなコメントも見受けられる。さすがにこうした“大暴れ”はないものとみられるが、くれぐれも事故やトラブルに巻き込まれないよう、草なぎならではのスタイルで視聴者を楽しませてほしいものだ。

関連記事(外部サイト)