上西小百合議員、「実は愛されキャラ」「炎上は秘書の戦略」! 関係者に聞く“意外な業界評”

上西小百合議員が衆議院解散に伴いタレント活動を本格化へ 東京でしか需要がないとも

記事まとめ

  • 上西小百合議員が「タレント活動スタート」宣言も、すでにネット上ではバッシングの嵐
  • 浦和レッズをめぐるTwitter発言や安室奈美恵引退に対する発言で常に炎上している状態
  • 東京に活動基盤を移す予定というが、「東京のバラエティでしか需要がない」との指摘も

上西小百合議員、「実は愛されキャラ」「炎上は秘書の戦略」! 関係者に聞く“意外な業界評”

上西小百合議員、「実は愛されキャラ」「炎上は秘書の戦略」! 関係者に聞く“意外な業界評”

上西小百合議員オフィシャルサイトより

 衆院解散に伴い、10月以降の「タレント活動スタート」を宣言した上西小百合議員だが、数々の炎上騒動から、すでにネット上ではバッシングの嵐が巻き起こっている。

 上西議員は9月25日、記者会見で「(次期衆院選は)勝てないから」と不出馬を明言。いずれは政界に戻る意向を示しているものの、「テレビが嫌いなわけではないですし、テレビ局に行くのも好き」と、タレント活動を本格化させると意欲を見せた。

「会見後は、すでにお馴染みとなった上西の公設秘書である笹原雄一氏がマスコミ対応をしていました。『複数の大手芸能プロ』からオファーがあったことを強調し、10月中旬には所属先を発表すると説明していたのですが、マスコミからは『本気でタレントになる気?』と苦笑されていましたよ」(テレビ局関係者)

 直近では、浦和レッズに対して「酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とTwitterで言及、サポーターとの小競り合い、安室奈美恵引退宣言に対し、「議員になってからも安室ちゃんのつもりで(メイクを)やってた」と発言、さらには自撮りしか載せないインスタグラムなど、ネットユーザーの反感を買うような言動が多く、常に炎上している状態の上西議員。しかしマスコミ関係者の間では、「上西は笹原氏の“あやつり人形”」といわれ、個人的な意見や考えは、ほとんど持っていないことで有名だったという。

「こうした秘書と上西の関係は、どんどん表面化していき、今ではテレビ番組でネタにしているほど。上西個人の人となりとしては、気さくな大阪のオバちゃんそのもので、どちらかといえば“愛されキャラ”に近いとは思いますが……」(同)

 2人は、二人三脚の“炎上芸”で、今後は本格的に芸能界に進出する予定だという。

「芸能プロに所属しても、笹原氏は相変わらず、上西のブレーンとして暗躍する予定だそう。世間では『上西に需要はない!』と猛バッシングされているものの、炎上が発生している時点で、少なからずヒキはある。本人たちも、そこは十分わかっているようです。『大阪の事務所は引き払い、東京に活動基盤を移す予定』と明言したのも、東京のバラエティでしか需要がないということをキチンと理解しているためでしょう」(芸能プロ関係者)

 事務所に所属する前から、すでにバッシングが巻き起こっている状況だけに、芸能界で華々しいスタートが切れそうな上西議員。いつか政界に戻れるその日まで、“燃料切れ”にならないことを祈りたい。

関連記事(外部サイト)