皇室ウォッチャーがダメ出し!! 眞子さまの婚約者・小室圭さんは「国民を不安にさせる」?

秋篠宮家の眞子さまと御婚約内定の小室圭さん、会見に皇室ウォッチャーが違和感も

記事まとめ

  • 今月9月3日、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんのご婚約内定会見が行われた
  • “皇室ウォッチャー”の間では、小室さんに対して、厳しい視線が向けられているよう
  • 2005年の紀宮さまと、婚約者の黒田慶樹さんの内見と比較して「冷静すぎる」と指摘も

皇室ウォッチャーがダメ出し!! 眞子さまの婚約者・小室圭さんは「国民を不安にさせる」?

皇室ウォッチャーがダメ出し!! 眞子さまの婚約者・小室圭さんは「国民を不安にさせる」?

「サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ 眞子さま 佳子さま 悠仁さま 秋篠宮家の育み 」(毎日新聞出版)

 今月9月3日、秋篠宮家の長女・眞子さま小室圭さんのご婚約内定会見が行われた。「お互いのどんなところに惹かれたか?」という質問に対し、眞子さまが「太陽のような明るい笑顔」、小室さんが「私のことを月のように静かに見守ってくださる」と答えたことが、ネット上で「ロマンチックな2人」「月と太陽とは、まさにお似合い」などと大絶賛されたことも記憶に新しい。しかし、常日頃、皇室事情を追っている“皇室ウォッチャー”の間では、小室さんに対して、厳しい視線が向けられているようだ。今回は、そんな皇室ウォッチャーX氏に、会見から浮かび上がった“小室圭さんという人物”をどのように捉えたのか、話をうかがった。

――ご婚約内定会見を見て、小室さんにどのような感想を持ちましたか?

皇室ウォッチャーX氏(以下、X) 何度も会見の練習をしてらっしゃったんだろうなという印象を受けました。今回の会見は、記者がアドリブで質問をする“関連質問”の時間は設けられず、お2人への質問は、事前に全て決まっているものでした。入室から着席時、質問への受け答え、どのタイミングで眞子さまの目を見るか……など、台本が完璧に作られていたのでしょう。会見当日前、小室さんは何度も秋篠宮邸を訪れていたので、お2人で事前練習をされていたと思います。その成果もあり、口調はよどみなく、全ての回答が聞きやすかったですね。

――逆に、気になってしまった点はありましたか?

X 1つ気になったのは“冷静すぎる”点でした。小室さんは、芸能人や皇族でもなく“一般人”です。いくら何度も練習したとはいえ、テレビの生放送で中継され、日本中が注目する会見で汗ひとつかいていなかったのは少し不自然でした。2005年の紀宮さまの会見では、婚約者の黒田慶樹さんも練習をされていたでしょうが、本番では汗をかいている様子がうかがえました。小室さんは皇族と結婚する覚悟があるほど器の大きい方だと思いますが、緊張している素振りが感じられなかったのには違和感を覚えました。

――小室さんの回答で、特に注目したものを教えてください。

X 「将来の見通し」と「座右の銘」の2点が気になりました。終盤、記者から「将来の夢や目標」という質問の回答で、小室さんは、奥野総合法律事務所で正規職員として働いている傍ら、社会人入学した大学院に夜間で通っていると答えたあと、将来のことについては眞子さまと相談して決めると話していました。しかし、世間でも気になるのは小室さんがどんな職業に就き、収入を得て、眞子さまを養っていくのかということです。大学卒業後に入行した銀行も早々に退職して、現在はパラリーガルとして働いて、大学院では経営法務を学んでいるということですが、国際弁護士を目指しているなど具体的なビジョンが聞きたかったですね。日本国民も、眞子さまには幸せになってほしいと願っているのですから、不安になるような回答はしていただきたくなかったように思います。

 それは「座右の銘」にも表れていました。小室さんは「Let it be」と回答され、日本語訳をすれば「ありのままに」とも取れるのですが、性格を聞かれた際も「単純」と答えていて、本当に、眞子さまとの結婚後の生活への具体的な考えがあるのかどうか、とても心配になりました。大学時代から“海の王子”になったり、アナウンススクール」に通ったり、銀行を早期に退職したり、法律事務所に入ってみたり……。ある意味、「Let it be」の言葉通りのような気もしますが、勢いで眞子さまと結婚されたのでは? という疑念が生まれてしまうので、ほかの言葉を座右の銘にしていただきたかったですね。

――会見前と会見後で、小室さんのイメージが変わったといった点はありましたか?

X 眞子さまとの“関係性”のイメージが少し変わったような気はします。今回の会見が、お2人で公の場に出る初めての機会でした。今までは、それぞれお1人ずつでの様子しかわからなかったので、完全に先入観ではありますが、男性である小室さんがリードする関係性なのかと思っていました。

 しかし、会見では、慣れていることもあるとは思いますが、眞子さまの方がリードされているような印象を受けました。記者からの唯一のアドリブ質問で「お互いの具体的な呼び名」を聞かれた際も、眞子さまが完璧に応じていらっしゃいましたので。眞子さまは、世間ではおっとりされているイメージを持っている人も多いですが、プライベートでは意外と自分の意見を主張されるしっかりした方だと聞いたことがあります。お2人が結婚後に送られる私生活でも、眞子さまが引っ張っていかれるのかなと感じました。

――今後、眞子さまの旦那様として、小室さんにどんなことに期待していますか?

X とにかく眞子さまを幸せにしていただきたいなと思います。国民の願いも同じだと思うので、なるべく早く将来の見通しを立ててもらい、結婚後の生活を具体的に設計していただきたいですね。世間では、小室さんに関していろいろな意見があるようですが、何年も交際されたあとに眞子さまがお選びになった相手なので、きっと大丈夫だと信じています。

関連記事(外部サイト)