“毒舌ご意見番”の梅沢富美男、「ライザップ」「みんゴル」と“CM仕事”続く理由

“毒舌ご意見番”の梅沢富美男、「ライザップ」「みんゴル」と“CM仕事”続く理由

梅沢富美男オフィシャルブログより

「やはり『ライザップ』のCMが決まったことで、次のCMはトントン拍子に決まったそうですよ。本人はゴルフも趣味ですから、決まったときは相当喜んだようです」(テレビ局関係者)

 PS4用ゲームソフト『NewみんなのGOLF』で、32年ぶりのCM出演を果たした梅沢富美男。

「昨年は『オファーは来るのに、CM仕事が正式に決まらない!』というのがネタだったのですが、今後は、“どんどん決まった”というのがネタになりそうですよ。今の梅沢は、CM1本で恐らく1000万円以下のギャラだと思いますので、おじさんキャラで競合する遠藤憲一、大杉漣、松重豊らに比べたら割安でしょうね。女性問題や毒舌など、いろいろ懸念材料はありますが、ヒット曲『夢芝居』でおばちゃん世代には人気がありますから、ゴキブリ退治系、家庭用品なんかのCMは決まりやすいかもしれませんね。車やビールといったナショナルクライアント系のCMは無理でしょうが(笑)」(広告代理店関係者)

 昨年あたりからバラエティ番組での露出が増えている梅沢は、週刊誌から“狙われるタレント”になっている。

「雨上がり決死隊・宮迫博之が、不倫疑惑報道をされたことによって、『違約金が1000万円発生した』という報道もあったように、確かに梅沢の起用にはリスクもあると思います。だからギャラ自体を下げて間口を広くしてるのかもしれませんね。あの大物俳優の渡辺謙ですら、例の不倫騒動で新規の仕事が激減したそうですから、今は一度の失敗が取り返しのつかないことになりかねません。まあ、梅沢の場合は女性問題も、ある意味ネタになる部分もありますから、スキャンダルが出ても、うまくやり過ごせる可能性もありますが」(芸能事務所関係者)

 今の時代は、梅沢のような“ぶっちゃけキャラ”の方が得をするのかもしれない。

関連記事(外部サイト)