セカオワ・Saoriの『ふたご』が直木賞ノミネートか 業界内からやや懐疑的な声も

記事まとめ

  • SEKAI NO OWARIの“Saori”こと藤崎彩織の初の小説『ふたご』(文藝春秋)
  • 2017年下半期の直木三十五賞で最終候補作品にノミネート、近日中に発表されるという
  • 又吉直樹の『火花』フィーバーのような、文学界の盛り上がりをもくろんでいると指摘も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております