「浜崎よりもひどい!」音楽関係者が激怒する“ワガママ放題”アーティスト3人とは?

「浜崎よりもひどい!」音楽関係者が激怒する“ワガママ放題”アーティスト3人とは?

Instagramより

 浜崎あゆみが、現在開催中の全国ツアー『Just the beginning -20- TOUR 2017』において、11月10日の大阪公演では機材トラブルによる遅延&曲数カット、同17日に行われるはずだった仙台公演は開場後に体調不良で“ドタキャン”するなどして、ネット上で批判が相次いでいる。その振る舞いには関係者からも苦言が聞こえてくるが、“ワガママ放題なアーティスト”は、そこかしこに存在するようだ。

「ONE OK ROCKのTakaの弟・Hiroがボーカルを担当するMY FIRST STORYというバンドは、かなり調子に乗っていますね。若手バンドの中では随一の態度の悪さで、音楽業界でも酷評が広まっている。そもそもが兄のバンドの二番煎じ的な売り出し方だったこともあり『なぜあんなにも偉そうなの?』『兄の七光りのくせに』などと、すでに各方面から相当嫌われています」(レコード会社関係者)

 七光りそのものは悪いことではないにせよ、あまりにも評判が悪いと知名度を上げる前に消えてしまいそうだ。

「浜崎のような女性ソロアーティストでは、相川七瀬が面倒くさがられていますね。常に“お姫様”になりたがる彼女は、ヨイショしてくれる男性を囲って、毎晩楽しく遊び歩いている。飲み会や、ディズニーランド、ライブに誘ったりと、それ自体は別にいいのですが、いつも割り勘で、奢りは一切ありません。『お金な〜い』と言いながら遊びまくっているので、振り回される周囲は大変です」(飲食店関係者)

 また、相川はイケメンおよび“新宿二丁目”を好むようで、ゲイばかり集めた会合も開いているそう。その際にはマネジャーを同行させてバブリーにはしゃぐらしいが、参加メンバーの入れ替わりも激しいようだ。

「大物だとX JAPANのYOSHIKIに迷惑している関係者は多いんじゃないかな。スターなのである程度は仕方ないにしても、感情の起伏が激しいどころじゃありません」(テレビ局関係者)

 YOSHIKIは、一度決めたことを直前で止めるといったワガママが目立つそうで、実はこれには法則があるんだとか。

「自分で決めた仕事はそのまま進める一方で、他人から提案されたものだと覆す可能性が大。そのほか、怒り方が女性的というか……金切り声を上げてスタッフを罵倒するので、周囲から恐れられています」(同)

 しかし、大なり小なり、アーティストとはワガママなもの。その自己中心ぶりが作品作りに生かされていると考えれば、周囲もある程度の我慢が必要なのかもしれない。

関連記事(外部サイト)