嵐・相葉雅紀、実家の桂花楼がTwitter削除! 「熱愛が原因?」「ガチ感すごい」と悲鳴

嵐・相葉雅紀、実家の桂花楼がTwitter削除! 「熱愛が原因?」「ガチ感すごい」と悲鳴

嵐・相葉雅紀、実家の桂花楼がTwitter削除! 「熱愛が原因?」「ガチ感すごい」と悲鳴の画像

 12月18日発売の写真週刊誌「フラッシュ」(光文社)が、嵐・相葉雅紀と関西出身の女性・Aさんの“真剣交際”を報じている。彼女は相葉の自宅マンションをたびたび訪ねては、愛犬のトイプードルと一緒に彼の帰りを待っているそうで、同誌によれば「つき合いはすでに5年以上になる」という。

 2010年には女優の水川あさみとの熱愛を「フライデー」(講談社)にスクープされた相葉。現在の彼女とされている女性は相葉と同じ生まれ年だが、早生まれのため「学年でいうと一つ上」であり、「つぶらな瞳がかわいらしいおっとり系の美人」だと、同誌は伝えている。

「『フラッシュ』は今年の春の時点で『相葉のマンションに通う女性がいる』との情報をキャッチし、取材を進めていたそうです。ツーショットこそないものの、愛犬と散歩中の女性の姿や、相葉の部屋の窓から顔を出すトイプードルの姿を激写しています。相葉の実家は千葉県で中華料理店『桂花楼』を営んでいるため、同誌記者は実母を直撃。『Aさんをご存知ですか?』という問いに、『私からは何も言えないです』と答えているが一方で、関西に住むAさんの父親は記者から『交際していることだけしか、聞いてないわけですね?』などと聞かれ、『はい、そうですね』とコメントしています」(ジャニーズに詳しい記者)

 そんな中、嵐ファンは同誌が発売される前から“異変”を感じ取っていたようだ。発売日前日の17日午後6時台に桂花楼のTwitterアカウントが「お知らせ」と題し、「この度、当店からの発信をフェイスブック1本にまとめる事になりました。これからはそちらでご確認の程、宜しくお願い致します」とツイート。その後、すぐにアカウントを削除したようだ。

 ファンの間では、翌日の「フラッシュ」に熱愛記事が載るとの情報が出回っていた段階だけに、桂花楼のアカウント削除について「なんてタイミング……」「誌面流れてないのに記事のガチ感がやばい」「今のタイミングでやめるとか、やっぱ相葉ちゃんのことが原因?」などと動揺が広まった。

「実際に記事の内容が明らかになると、相葉と“犬”にまつわる、とあるエピソードを思い出すファンも続出してます。15年9月に行われた関ジャニ∞のコンサートで、メンバーが『自分が犬になったとして飼われたいジャニーズは?』というテーマで話していたところ、相葉の名前が上がりました。すると、別のメンバーが『飼ってるしな』と、ポロリ発言したとか。相葉は犬を飼っていると公言していないため、一部ファンが『ペットいるの?』『飼ってるのを隠してる?』と驚いていたんです。しかし、この時は相葉がレギュラー出演する『天才! 志村どうぶつ園』(日本テレビ系)で動物と触れ合っていることを指しているのではないか、とファンの間で決着。相葉の自宅に犬がいるのか、真相は不明のままとなっていました」(同)

 相葉といえば、関ジャニ∞の中でも特に横山と仲が良く、頻繁にプライベートで遊ぶほか、横山の自宅で「たこ焼きパーティー」をした話もファンには周知の事実だ。それだけに、ネット上の嵐ファンは「関ジャニの発言と週刊誌の犬記事がかぶってるから、交際がデマと思えない」「関ジャニ∞のコンサートでは『犬飼ってるの?』って思ったけど、トイプードルがいたのか……」と、ショックを受けている。

 さらに、交際女性は関西出身と報じられたことから、「横山の紹介でしょ。最近妙に横山とプライベートでつるんでるアピールがすごかったから」「ヨコの紹介は嫌だな」と、横山を通じて彼女と相葉が接点を持ったのではないかと推測する人も。

 その横山はレギュラー番組『ヒルナンデス!』(日テレ系、10月19日放送)の中で「ペットの飼い方を学ぶ」という企画が行われた際、「どんな犬種を飼いたいか」との問いに、「トイプー(ドル)とか。すごい興味ありますね。僕たまに、ペットショップとか1人でふらっと入ってトイプー見に行ったりしてるんですよ」と発言。今回の報道でこれを思い出し、「ヨコが『トイプー飼いたい』『1人でペットショップ寄る』とか言い始めて変だな? と思ってたけど、ペットショップ=相葉マンション?」と訝しがるファンも見受けられる。

 相葉の誕生日当日の12月24日には東京ドームでコンサート『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」 』を開催するが、一部ファンは「バースデーコンサートで結婚報告されたらどうしよう……」と、身構えているようだ。果たして、相葉は今回の報道について何らかの形で釈明するのだろうか。

関連記事(外部サイト)