Hey!Say!JUMP新曲、初日売り上げ16万枚! “好敵手”東方神起ファンが悲鳴のワケ

 Hey!Say!JUMPのニューシングル「White Love」(12月20日発売)が、同19日付けのオリコンデイリーシングルランキングで初登場首位を獲得した。初日の売り上げは約16.7万枚で、今年7月発売の前作「Precious Girl / Are You There?」のデイリー(14.3万枚)を上回る記録。2位のK-POPアーティスト・東方神起の新曲を大きく引き離し、堂々の1位となった。

 新曲「White Love」は、Sexy Zone・中島健人とHey!Say!JUMP・知念侑李が共演した映画『未成年だけどコドモじゃない』(12月23日公開)の主題歌に起用された楽曲。初回限定版1・2と通常盤の3種リリースで、初日に16万6,949枚を売り上げ、2位の東方神起のシングル「Reboot」は7万8,950枚だったため、倍以上の差をつけて首位に立った。

「主題歌になっている『未成年だけどコドモじゃない』はまだ公開していませが、音楽特番の『ベストアーティスト2017』(日本テレビ系、11月28日放送)や『2017 FNS歌謡祭』(フジテレビ系、12月13日放送)で披露していたことが、宣伝につながったのかもしれませんね。グループでセンターポジションを担っている山田涼介の主演映画『鋼の錬金術師』は、マンガの原作ファンからの酷評ばかりが飛び交う散々な状況で、興行収入も現在のところ大ヒットとは言えません。しかし、グループのCD売り上げには影響なく、人気は変わらずキープできているようです」(ジャニーズに詳しい記者)

 今回のシングルリリースにあたって“好敵手”とみられていた東方神起は、メンバーのユンホ&チャンミンが韓国での兵役義務のため約2年半にわたってユニット活動を休止していた。「Reboot」は再始動後、初のシングルリリースとなったものの、初日は2位止まり。12月19日に最終回を迎えた女優・井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(フジ系)の主題歌となっていたが、同作は初回から8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と1ケタを記録し、以降も4〜6%と低視聴率だっただけに、ドラマによる宣伝効果は望めなかっただろう。

「初日の売り上げや順位を見た東方神起ファンの間では『買い足ししなきゃ』といった声が数多く出ています。しかし、店頭発売日の19日ですら、各地のCDショップで“売り切れ”が続出していたようで、Twitterでは『Reboot』のハッシュタグをつけた東方神起ファンが『地元のCDショップが売り切れでフラゲできなかった』『店舗に来てみたけど、予約で売り切れ、店頭には並びませんって言われた』と落胆しており、『買い足したくても、どこも売り切れ』『○○店も売り切れ』などと、報告が相次いでいます」(同)

 こうした状況に対し、東方神起ファンは「売り切れなのに売り上げ7万枚台は納得いかない」「オリコンデイリーランキング2位か。1位と倍の差だね。やっぱジャニーズは強いね」「店頭売り切れとか、買いたくても買わせない状況なのは、どこかからの圧力ではないか」などと不満を抱いているようで、「ウィークリーでは1位を取ろう!」と追い上げに向けて闘志を燃やしているようだ。

 そんな中、発売2日目となる20日付のランキングでは、やはりHey!Say!JUMPの「White Love」が6万5,303枚、東方神起の「Reboot」は1万9,633枚で2位となっていた。2日間の合計も10万台に届いておらず、これでは週間ランキングもHey!Say!JUMPが圧倒的1位になる可能性は高いが、果たして結果は……。

関連記事(外部サイト)