関ジャニ∞村上信五&大倉忠義、嵐コンの打ち上げに飛び入り参加!? 「“繋ぎ”のトークしてくれた」

関ジャニ∞村上信五&大倉忠義、嵐コンの打ち上げに飛び入り参加!? 「“繋ぎ”のトークしてくれた」

関ジャニ∞村上信五&大倉忠義、嵐コンの打ち上げに飛び入り参加!? 「“繋ぎ”のトークしてくれた」の画像

 1月14日にコンサートツアー『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018「untitled」』を終えたばかりの嵐。二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ『bay storm』(bayFM)の14日放送回では、ツアー中に起こったある出来事について、二宮が関ジャニ∞村上信五と大倉忠義に感謝を述べていた。

 嵐や二宮にまつわる質問を募集する「裏嵐」のコーナーで、「関ジャニ∞の大倉さんのラジオで、『村上さんと一緒に嵐さんのライブに行ってきた。やっぱり先輩はすごい』と仰っていました。私は二宮さんと村上さんの絡みが大好きなのですが、最近エピソードはありますか?」というリスナーからのメッセージが届いた。

 どうやら、村上と大倉は、2017年12月2日の東京ドーム公演を見学していたようで、Twitterでは目撃情報が上がっていた。また、大倉も同日放送のラジオ『オールナイトニッポンサタデースペシャル大倉くんと高橋くん』(ニッポン放送)で、「嵐のコンサートを観にいってきた」と話しており、メッセージを送ったリスナーはこの放送を聞いたようだ。二宮はリスナーからの質問に対し、少し考える間を挟み、「無い」とコメント。フーッと息を吐き、「今考えたんだよ?」と口にすると、「感謝はしてますよ。ヒナ(村上)も、大倉もそうだけど」と続けた。
 
 なんでも、嵐はお世話になった業界関係者をコンサートに招待し、終演後には打ち上げを行うという。今回の『「untitled」』は5大ドームを巡るツアーだったが、会場の構成上、終演してからメンバーが打ち上げの場所に移動するまで、10〜15分かかってしまうのだとか。その間、招待客を待たせてしまうことになるが、見学に来ていた大倉と村上が自主的に“繋ぎ”のトークをしてくれたことを明かし、二宮は「それはありがたいよね」と感慨深げにコメントしていた。

 続けて、「オレそんなことやったことあったかな?」と振り返り、「TOKIOの10周年(コンサート)の時とかに、打ち上げで繋ぎをやったことが、5人であったような気がするけど……」とうろ覚えな様子。とはいえ当時、打ち上げの会場に5人で一緒にいた記憶はあるそう。「やってるのかもしれないけど……、なかなか、ねぇ?」という二宮の口ぶりから察するに、招かれたコンサートの打ち上げで、主役が来るまで繋ぎをすることは、基本的にはあまりないようだ。

 二宮は「今、コンサートを観に行ったとして、先輩でも後輩でも1人で観に行ってたら(繋ぎのトーク)できないけどなぁ」とつぶやき、その理由について、自分たちのコンサートではないため、知らないお客さんであり、さらに何分話せば良いのかもわからない状態で繋ぐのは、相当難しいと説明した。改めて、「すごいよね」と村上と大倉を讃え、「そういうのやってくれてるんです。ありがたいよね」と2人に対して感謝を述べた。

 二宮と関ジャニ∞の2人の新しいエピソードが聞け、ファンにはうれしい放送となったのではないだろうか。

関連記事(外部サイト)