高橋一生、「服がダサすぎ!」とファン阿鼻叫喚も「やむを得ない」悲しい事情とは

高橋一生、「服がダサすぎ!」とファン阿鼻叫喚も「やむを得ない」悲しい事情とは

Instagramより

 2月27日発売の「フラッシュ」(光文社)がスクープした、高橋一生と森川葵の熱愛。高橋ファンは2人の関係に悲鳴を上げつつ、同誌に掲載された高橋の“ファッション”にもショックを受けているようだ。

「多くの女性ファンを抱える高橋ですが、今回交際が伝えられた森川は15歳も年下。しかも、森川はすでに高橋宅の合鍵を持ち、頻繁に出入りするなど“半同棲状態”とのことですから、ネット上には傷心するファンが続出しました」(芸能ライター)

 一方、高橋は自身の服装で、ファンに二重の衝撃を与えることに。

「彼のファン層が好むシンプルファッションとは真逆のレザージャケットに、ワイルドなウォレットチェーン……。そこにやたらと大きいキャスケットを組み合わせるというチグハグなスタイルだったため、ファンの中には『熱愛よりも、洋服の趣味に動揺を隠せない』『ファッションセンス壊滅的』『イケメンが台無し』と、もはや森川の存在すらそっちのけで呆然とする者もみられました」(同)

 ファッションの好みは人それぞれだが、高橋の場合は、これまで雑誌等で見せていたスタイリングとのギャップが大きすぎたのだろうか。しかし、彼はもともとインタビューなどでも自分の好きな系統を公言していたという。

「高橋は大ブレークした2017年にも、雑誌で“スケーターズファッション”に影響を受けていると話していました。自分なりのこだわりももっているようですし、『フラッシュ』に撮られた際のジャケットも、イギリスの老舗ブランド・ルイスレザーズで18万円以上する品といわれています」(ファッション誌記者)

 また、高橋の着こなしを「ダサい」とする世論に対しては、業界関係者から“庇う”声も。

「芸能人は外出時に周囲にバレないよう、着込まざるを得ない。過去にも、プライベートを目撃されて『ダサい』と言われた芸能人は少なくありませんが、軽装はさておき、あれこれ着込んで変な組み合わせになるのは、ある程度仕方ないかと。高橋なんてブレーク真っ只中ですし、やむを得ず帽子を被るなどした結果、ちょっとダサくなってしまったのでしょう」(芸能プロ関係者)

 いまだショックを受けるファンは多いものの、森川がそんな高橋のセンスも受け入れているのなら、その愛は本物かもしれない。

関連記事(外部サイト)