長澤まさみ、東宝芸能から「独立」!? 『月9』主演目前で“はじけた”事務所とボスの関係は

長澤まさみに東宝芸能からの独立説が浮上 担当マネジャーの退職が原因とも

記事まとめ

  • 長澤まさみが東宝芸能から「独立するのでは」とする説が関係者の間で囁かれているそう
  • 長澤のほか上白石萌音・萌歌姉妹も担当しているマネジャーの退職が原因とみられている
  • 長澤が主演の『コンフィデンスマンJP』視聴率次第では月9の“枠廃止”もありえるよう

長澤まさみ、東宝芸能から「独立」!? 『月9』主演目前で“はじけた”事務所とボスの関係は

長澤まさみ、東宝芸能から「独立」!? 『月9』主演目前で“はじけた”事務所とボスの関係は

『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)公式サイトより

 長澤まさみが、所属の東宝芸能から「独立するのでは」とする説が、関係者の間で囁かれているという。4月からの月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)での主演も発表されているが、長澤に何が起こっているのだろうか?

 有名芸能人の独立・移籍はよくある話だが、その原因のほとんどは所属事務所との“仲たがい”。しかし、長澤に関しては、本人ではなく担当マネジャーの退職が原因とみられているようだ。

「長澤を担当しているのは、敏腕と名高い男性マネジャーのA氏。長澤のほか、上白石萌音・萌歌姉妹も担当していて、マネジメントチームの中ではボス的な存在ですね。そんなA氏を長澤はかなり信頼しているようで、新規の仕事は長澤とA氏のふたりだけで決めてしまうこともあるとか。ところが、そのA氏は、方針の違いから長らく事務所本体と“冷戦”関係が続いていたそうです」(芸能プロ関係者)

 A氏と東宝芸能の対立は、周囲からも目に見える形となっており、先日ついに“弾けて”しまったのだとか。

「A氏が辞表を提出し、事務所側も受理したというんです。これで後任者が、長澤をうまくコントロールできなかった場合には、長澤自身もA氏に追随してしまう可能性がある。事務所の稼ぎ頭である長澤が独立や移籍をしてしまえば、当然大打撃となるだけに、社内はかなり雰囲気が重くなっているようです」(同)

 近年は、映画を中心に女優活動を続けていた長澤。フジの『コンフィデンスマンJP』は、地上波連ドラで6年ぶりの主演作となるが……。

「視聴率の結果次第では、月9の“枠廃止”にもつながりかねない、フジにとって重要なドラマ。しかし、場合によっては長澤にとっても、東宝芸能最後の連ドラとして重要な位置づけの作品になる可能性が。『コンフィデンスマンJP』の撮影が終了する頃までには、A氏は東宝芸能を去ってしまう見込みですが、その後の長澤の動向は誰にもわかりません」(同)

 長澤の“育ての親”と呼ばれた初代マネジャーも、すでに同社を退職しており、今後孤立してしまう危険性も指摘されている。今後の成り行きを見守っていきたい。

関連記事(外部サイト)