藤澤五月、女子フィギュア……メダリストネタで「ほんと最低」と炎上したタレント

藤澤五月、女子フィギュア……メダリストネタで「ほんと最低」と炎上したタレント

藤澤五月、女子フィギュア……メダリストネタで「ほんと最低」と炎上したタレントの画像

 約2週間に及ぶ熱戦に幕が下りたばかりの平昌五輪。日本中に多くの感動を与えたスポーツの祭典だが、残念なことにその話題性に“便乗”して「さすがに失礼すぎる」「不愉快」と叩かれてしまった芸能人も多い。

 人気競技の1つ、フィギュアスケートは演技の美しさや技術の高さが評価されるが、男子・女子ともに選手のビジュアルに注目が集まることも。そんなフィギュア選手に関連して、ネット上で叩かれたのはダレノガレ明美。Twitterで「スケートやってると絶対私の名前が上がる」と呟きながら、ケイトリン・オズモンド選手の画像を添付した。

「ダレノガレは『オズモンド選手に似ている』という声に反応したのか、2月11日のツイートで『嬉しい』と喜びを露わにしていました。『似てる! って言われるだけど応援したくなる』と独自の表現でオズモンド選手への親近感を伝えていますが、ネット上の反応は否定意見が続出。『ケイトリンの方が100倍はキレイだろ』『全然似てないし。似てるから応援ってなんだそれ』『“絶対”とかよく自信満々に言えるよね』『似てないしオズモンド選手とは全然オーラが違うよ』といった批判が相次いでいます」(芸能ライター)

 スピードケート女子500mで金メダルを獲得した小平奈緒選手に言及したお笑いコンビ・おかずクラブのオカリナも「おこがましい」とバッシングを浴びている。

「オカリナはスポーツ紙の取材に対して、『おめでとうございます!』と祝福しつつ『顔が似てると言われ、私も金メダルを取った気分です』とコメント。さらに『対談できたらうれしい』とまでアピールしていました。これには、『全然似てない。便乗も大概にして』『ストイックに競技に打ち込んで結果を出してる人に対して、おこがましいにも程がある』と厳しい意見が噴出。あからさまな“便乗”だと、不快感を覚えた人が多かったようです」(同)

 なにかと炎上騒動の多い元衆議院議員・上西小百合も、2月24日にTwitterでカーリング女子・藤澤五月選手が白鵬に似ていると発言して批判が噴出。「そういう発言やめて」「失礼極まりない」「ほんと最低」と、またしても大炎上した。

「上西は火消しをしようとしたのか、『なんかぶぅぶぅ言ってる人がいる』『白鵬に似てたって可愛い人は可愛い』と後から追加投稿。もちろん逆効果となり、『炎上でしか話題になれない人って、ほんと残念ですよね』『人として恥ずかしくないのかな』『上から目線が本当にイライラする』と、ますます非難される結果を招いています」(同)

 フィギュアスケート男子・羽生結弦選手の五輪2連覇から芸能人の便乗商法まで、平昌五輪は良くも悪くも最後の最後まで話題を振りまくことになったようだ。

関連記事(外部サイト)