『BG』俳優・木村拓哉が、中年男性の“弱さ”を演じられないいくつかの理由

テレビ朝日『BG』で木村拓哉と山口智子が共演し話題 木村の細身な体形に"違和感"も?

記事まとめ

  • 『BG〜身辺警護人〜』の第7話で山口智子と木村拓哉が22年ぶりに共演し話題となった
  • 当時とあまり変わらない2人に、良くも悪くも「違和感を覚えた」と筆者は指摘
  • 木村拓哉の体形が、年相応の中年男性としては細身でスタイルが良すぎるとも

『BG』俳優・木村拓哉が、中年男性の“弱さ”を演じられないいくつかの理由

『BG』俳優・木村拓哉が、中年男性の“弱さ”を演じられないいくつかの理由

『BG』俳優・木村拓哉が、中年男性の“弱さ”を演じられないいくつかの理由の画像

 『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)は、木村拓哉が演じるボディーガード・島崎章が主人公のドラマだ。毎回、島崎たちボディーガードが、政治家や芸能人といったVIP待遇の有名人の身辺警護を担当する一話完結モノで、エンターテインメント作品としてとても見やすい作品となっている。

 第7話では、離婚した島崎の妻・小田切仁美が登場した。演じたのは1996年の恋愛ドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)で木村と共演した山口智子だったことが話題となった。22年ぶりの共演でも、2人のやりとりは軽妙で息が合っており、これだけ時間がたち、外見は多少老けたものの、2人は当時とあまり変わらず、しかしそれらを素直に称賛する気持ちよりも、良くも悪くも時間が止まっているような違和感を覚えた。

 テレビ朝日系の連続ドラマに木村拓哉が出演するのは、今回で2作目だ。前作『アイムホーム』(2015)では、過去の記憶を失い、妻と子どもが“仮面”をかぶっているように見えて苦悩する父親を演じた。テレビ朝日系ドラマにおける、木村の起用方法が面白いのは、青年期が終わり40代という中年になった木村を見せようとしているところだろう。つまり、ヒーローではなく等身大の人間を演じさせようとしている。強さだけでなく、人間としての弱さや情けなさも盛り込みたいのだろう。今作『BG』の島崎も、シングルファーザーで、過去に仕事で失敗したことで交通警備員に降格したという、弱さを打ち出した導入部となっていた。

 脚本は『昼顔〜平日午前3時の恋人たち』(フジテレビ系)などで知られる井上由美子。木村の作品では『GOOD LUCK!!』(TBS系)と『エンジン』(フジテレビ系)という人気作を手がけているが、今作では、40代の一児の父親という中年男性を描こうという挑戦が随所に見受けられる。

 劇中では、依頼人に文句を言われても我慢して彼らを守るボディーガードの苦しさが描かれている。毎回、木村は罵声を浴びせられ、殴られてボロボロだ。そんなボロボロの島崎を通して等身大の中年男性の弱さを描きたいのだろうが、それはあまりうまくいっていない。

 見ていて気になるのは、木村の体形だ。年相応の中年男性としては、細身でスタイルが良すぎるのだ。40代でボディーガードをしているという設定なら、もう少し贅肉があるか、逆に過剰に筋肉質であってほしい。例えば、西島秀俊が同じ役をやっていたら違和感はないのだろう。あの体形を40代で維持している木村の凄まじさこそ感じるものの、年相応のリアルさはなく、今まで木村が演じてきたストイックなヒーロー像に収まっている。娯楽作品としてはそれでも構わないが、木村の新境地を期待している立場としては、今のところもの足りなく感じる。

 『アイムホーム』以降の作品を見ていると、これまで演じてきた年齢不詳の自由なヒーロー像を更新して、大人の俳優に脱皮しようともがいているのがよくわかる。15年に端を発するSMAP解散騒動だが、結果的に、当初の計画にあった5人での独立を中居正広と2人だけ拒否してジャニーズ事務所に残ったかたちとなり、「裏切り者」というマイナスのイメージができてしまった。あのゴタゴタで露わになった木村の弱さは、木村と同じ40代で、会社組織に揉まれながら必死で働いている中年男性にとっては、他人事とは思えないものもあっただろう。

 その意味でも、30代から演じてきたヒーロー像から脱皮するには、絶好のタイミングなのだが、どうにも今まで作ってきた芝居の型が、変化を邪魔しているように見えてならない。そんな現状が作品に反映されていたのが、昨年の主演映画『無限の住人』だろう。三池崇史監督のスプラッターテイストの時代劇で、木村が演じるのは万次という侍だ。万次は体内に細胞を再生させる蟲を埋め込まれた不老不死の存在で、いくら斬られても傷口が再生する。つまり、永遠に死ねない若い身体を持っている。万次は全身傷だらけで戦い続けるが、最強のヒーローというよりは永遠に戦い続ける痛々しさの方が際立っていた。

 万次の不死の肉体は、年齢不詳の若いヒーローを演じてきた木村のアイドル性そのものだと言えるだろう。40代に入り、年相応の中年男性に着地しようする木村の動向は俳優としては面白い。しかし、なかなか年をとることができない姿に今の木村の困難が出ているように感じる。
(成馬零一)

関連記事(外部サイト)