『99.9』にハマれなかった人の真意とは? 「松潤がキムタク化した」「法廷でギャグはNG」

『99.9』にハマれなかった人の真意とは? 「松潤がキムタク化した」「法廷でギャグはNG」

『99.9‐刑事専門弁護士‐SEASON II』(TBS系)公式サイトより

 ついに最終回を迎える『99.9‐刑事専門弁護士‐SEASON II』(TBS系)。嵐・松本潤扮する刑事事件専門弁護士・深山大翔が、「99.9%」といわれる“日本の刑事事件における裁判有罪率“の最後の0.1%に潜む真実を追求し、事件の全容を解明するリーガルエンターテインメントドラマの第2弾だ。シーズン1は全話平均視聴率17.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の人気作となり、続編にも期待の目が向けられていた。しかし、世間では回を重ねるごとに賛否両論がはっきりと分かれるように。そこで、同ドラマに「ハマらなかった」という男女100人につまらなく感じた理由を聞いてみた。(調査地域:全国/調査対象:年齢不問・男女/調査期間:2018年02月08日〜2018年02月22日/有効回答数:100サンプル)

法廷モノでコメディ要素は不謹慎!?

 香川照之演じる敏腕弁護士・佐田篤弘と深山の掛け合いも、同ドラマの見どころの1つ。オヤジギャグをはじめ、いたるところに小ネタが盛り込まれているが、ハマれない視聴者は違和感を覚えることの方が多かったようだ。

・明らかに狙っているオヤジギャグの取り入れ方や、同じ事務所内で深山と上司のコメディ的なやりとりが多すぎる。ワザとらしさがシーズン2に出てしまっている(30代/女性/個人事業主)
・このドラマはリアリティと不真面目が共存していて、この時間帯のドラマにしては不真面目な感じを受けたからです。もっとヒューマンドラマ風にしてほしかったです(40代/男性/個人事業主)
・真面目な展開の一方で、ちょこちょこ出てくるネタみたいなシーンがドラマの面白い展開を邪魔しているように感じ、見なくなってしまいました(20代/女性/専業主婦)
・ストーリーと関係ない小ネタが頻繁に登場するが、それが面白くないのでしらけてしまい、作品全体の評価を下げていると思います(40代/女性/個人事業主)
・わざとらしい演技や、わかる人にしかわからない小ネタは、かえって見ている人をつまらなくすると思います(40代/男性/正社員)
・ちょっとしたギャグシーンを過剰に繰り返し、テンポが悪くなってつまらないと感じる(20代/女性/正社員)

ヒロイン変更に馴染めず

 シーズン1でヒロイン・立花彩乃を演じた榮倉奈々が、育休中のためシーズン2では最終回のみの出演に。シーズン2では、木村文乃演じる元裁判官の尾崎舞子がヒロインとなったが、馴染めなかった視聴者も少なくなかったようだ。

・前のシリーズとキャストがガラリと変わってしまい、続編という感じがあまりしないからです。メインキャストに尾崎が加わって、前シリーズとイメージがまったく変わってしまいました。前のシリーズの雰囲気が好きだっただけに、残念です(30代/女性/パート・アルバイト)
・木村文乃さんのリアクションが大きすぎて、真面目なドラマとして入り込めない(20代/女性/学生)
・木村が演じる尾崎に、「ウザい女」「好きなドラマなのに、尾崎がイラつくキャラで邪魔だな〜」と思う(40代/男性/正社員)
・出演者の事情なので仕方なく、木村文乃にもまったく非がないことは承知していますが、榮倉奈々がいないのが物足りなく感じてしまいます(20代/女性/学生)
・新たに入ってきた元裁判官役の女優さんと、パラリーガル? 役の女優さんがあまり好きになれません。シーズン1の方が良かったなと感じます(40代/女性/専業主婦)
・ヒロイン役の設定がもう少し魅力的で、キュンとなるシーンがちょっとほしかった(40代/女性/パート・アルバイト)
・木村文乃の演技がヘタだと思います。もう少し、明るい女優さんを使うべきだと思います(40代/男性/公務員)
・シーズン1はおもしろかったが、榮倉奈々がいなくなって、ぐっと雰囲気が悪くなった。ギャグの切れも悪い。スタッフが妙に馴れ合いすぎて緊張感もない(50代/女性/個人事業主)

 前シーズンから引き続き主役を務めた松本だが、苦手意識を抱く視聴者も。また、以前に比べ「人気が低下」「イメージが大きく変わった」といった見方をする人もいる模様。

・松本くんはもう終わりかなと思います。それほど内容も面白いものではないので(30代/男性/正社員)
・松潤人気の勢いを感じなくなったことが原因だと思っています(30代/女性/正社員)
・松潤の演技がマンネリ化してきた。キムタクに見えてきました。あらすじも、先を読める内容でドキドキしません(40代/女性/パート・アルバイト)
・前回の方が、スリルがあって楽しかった。松潤のかっこよさが半減した(30代/女性/正社員)
・配役ミスですかね。何かの番組で、松本潤さんがこの役をやるためにとても努力されたとお話ししていました。が、どうもしっくりこなかったです。松本潤さんは嫌いではないのですが、役にハマっていなかったように思います(40代/女性/パート・アルバイト)
・いまどきジャニーズドラマは流行らないなぁと思ってしまった(30代/男性/正社員)
・松本潤推しのワンパターンさが気になりました。ドラマの内容に深みを与えるといいと思います(40代/女性/専業主婦)
・毎週見てはいるのですが、松潤の表情がしらけているような部分があまりにもあるので、好きではありません(60代/女性/専業主婦)
・松本潤がとにかくハマらない。香川照之とか、ラーメンズ片桐とか、せっかくおもしろいキャストなのに(50代/男性/専業主夫)
・松潤のかっこ良さを見せつけているドラマだと思ってしまいます。いくらアイドルであっても、嘘くさくないオーソドックな演技を望みます(60代/男性/無職)

個性派俳優に頼りすぎ!

 個性的なキャストが顔を揃えていただけに、ストーリーと調和していないと、脚本に不満を抱く意見も散見された。

・全てを俳優や女優に頼りすぎていて、脚本がつまらなかったと思う(20代/女性/個人事業主)
・前作もそうだったが、中身がなく主役のためのドラマという感じだった(30代/男性/正社員)
・推理がありきたりで、松潤で人気を取っている感は否めないです(40代/男性/正社員)
・俳優さんが主役のドラマというイメージが強いからです。もっと脚本を重視してほしいです(50代/女性/個人事業主)
・出演者はそれなりの布陣がそろっていると思うのですが、何か緊張感が足りない感じで興味をそそるものではなかったです(40代/男性/正社員)
・演出が単調で、俳優たちの演技のリズムと合ってないように感じた(20代/女性/学生)

 続編、しかも連続ドラマ界では“ド定番”ともいえる刑事事件、弁護士を扱った内容なだけに、ある程度の既視感は仕方がない。とはいえ、あまりにもワンパターンな展開だと、やはり見る気が失せてしまうものだろう。

・予想外の展開がなかったのが一番の理由かも。同じことの繰り返しでは、結局飽きられてしまうと思う(30代/男性/正社員)
・弁護士を扱うドラマとしての目新しさがほとんど感じられないから(60代/女性/専業主婦)
・シーズン1とまったく同じ展開。ヒロインと扱う事件が変わっただけ(30代/女性/専業主婦)
・登場人物にあまり深みが足されず、シーズン1とさほど変わらない印象を受けました(10代/女性/学生)
・個人的にですが、なんとなく、予定調和のような感じはしましたね(20代/女性/正社員)
・内容に隙があるというか、もう少しひねったりしてほしいなと思います(30代/女性/専業主婦)
・シーズン1では、自分が知らなかったこのような世界があるのかと感心したが、2では、マンネリというか、見ている途中で展開がわかるようになってしまったところ(40代/女性/正社員)
・裁判所内の場面が結構長くて、何となく飽きがきてしまいました(60代/男性/公務員)

無罪になるオチが見え見え

 オムニバス形式の構成は、1話ごとに完結するので爽快感を得られる、また途中からでも見やすいといったメリットがある。ただ、不完全燃焼に終わったり、急展開すぎたり、オチが丸わかりだったりというデメリットもあるため、「物足りなく、ハマりきれなかった」という声も。

・話の流れからして確実に有罪なのに、無罪に逆転となるオチが初めから用意されていた感が見えた部分がありました(40代/男性/正社員)
・ドラマだから仕方ないとは思いますが、ストーリーが多少強引な感じがします(40代/男性/正社員)
・結末を見るたびに、現実にはありえんだろうと思ってしらけました(50代/男性/個人事業主)
・主人公の父の冤罪事件について、あまりにもあっさりと解決してしまったように感じたため(30代/女性/正社員)
・絶対に細かいところを見つけて解決すると思って見ていますが、もう少しアクション的なものがあればハラハラして見入るのかな、と思います(50代/女性/専業主婦)
・ストーリー展開が早すぎで、1話では収まりが悪いと感じた(30代/女性/専業主婦)
・ストーリーの内容は良いと思うが、ハラハラ感、ドキドキ感が足りなかった(30代/男性/個人事業主)

 ほかにも、「視聴者はこういうのが好きだろうと思うところを意識しすぎて制作している感じがして、自然な面白みがありません」(40代/女性/専業主婦)と、製作者側の意図を汲み取ってハマれなかった人もいたようだ。

 賛否両論ありつつも、常に17%前後の視聴率を保ち続けてきた今シーズンの『99.9』。最後の戦いは、全ての視聴者が“ハマる”結末を迎えられるのだろうか?

関連記事(外部サイト)