ジャニーズJr.チャンネル、YouTube再生回数で人気格差クッキリ……コメント欄も物議

 ジャニーズ事務所初のYouTube公式チャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」が、3月21日に本格始動した。HiHi Jets、東京B少年、SixTONES、Snow Man、Travis Japanがそれぞれの特性を生かした動画が配信され、ファンはメンバーの垣間見える“素”や、コメント欄に衝撃を受けているようだ。

 同チャンネルでは、ほぼ毎日午後8時から動画が配信される予定で、月曜と火曜は、グループの垣根を越えた特別企画を実施。以降はSnow Man(水曜)Travis Japan(木曜)SixTONES(金曜)東京B少年(土曜)HiHi Jets(日曜)の順に担当するとのこと。「ジャニーズJr.チャンネル、YouTube で3月21日スタート」(4日公開)と題した最初の予告動画は、40万回以上(21日時点)の再生数を記録しており、14〜18日にかけては前述の5組による自己紹介の模様がアップされている。

 YouTubeは動画ごとに視聴回数が記載されることから、ファンの間では「視聴数を競うってむごすぎ」と懸念の声も出ていたが、ジャニーズの先輩・TOKIOの国分太一がMCを務める情報番組『ビビット』(TBS系)でもチャンネル開設について取り上げ、「現在一番多いものでSnow Manの動画、すでに8万回も再生されている」(21日午前9時53分時点)と発表。これを聞いた国分は「えー! そう、再生回数出るからな〜。ちょっとこれ、(自分は)できないな〜。なんか、自信ないんですよね、再生回数出るとね」と、怖気づいたほどだった。

「その後の成績を見てみると、トップは18万回を超えている(21日午後5時台)『SixTONES、半年ぶりの食事会&企画会議』で、次点の『Travis Japan、絶賛企画会議中!第一回目の企画に決まったのは???』の11万回と、大きな差をつけています。オープンに向けた事前動画も、SixTONESが公開されたのは5グループ中3番目で16日だったにもかかわらず、5組中最高クラスの27万回に届いていますから、数字面ではSixTONESの人気が如実に表れている状況ですね。Jr.のファンも、『再生回数はっきりわかるから怖い』と、気が気でないようです」(ジャニーズに詳しい記者)

 それぞれの動画の内容はといえば、Snow Manは会議中に個々の得意分野を意識した具体的なコーナーを発案。Travis Japanは「コスプレをして踊りたい」(七五三掛龍也)「ヌルヌル相撲でオリジナルダンス」(松田元太)などと、“ジャニーズらしくない”ことをやっていこうと話し合い、「YouTubeで流行ゲームをやる」「Travis Japan発祥のゲームを作る」といったアイデアも生まれていた。また、ほかの3組よりJr.歴が短い若手の東京B少年とHiHi Jetsは、各々が挑戦したい企画を発表。SixTONESは室内で会議していた4組と違い、飲食店で食事をしながら、リラックスムードで「ゲリラライブ」「旅行」をはじめとするプランを考えていた。

 そんな今回の動画は、出演メンバーの多くが私服姿にノーメイクとみられ、ヘアーセットも自然体のまま。そのため、ネット上のファンは「みんな私服なのがいい」「私服も見れるし、ファンにはうれしい企画だね」と、今までになかった展開に喜びの反応が続出。一部ファンの間では、着用している私服ブランドの特定も始まるなど注目度も高いようだ。ほかにも「Jr.が堂々と『YouTubeで何見てる?』とか『踊ってみた』『ゲーム実況』と言ってるのが新鮮すぎ」などの声が相次いでいるが、なかでも、動画のコメント欄が開放されていることに驚きの声が上がっている。

 現在のところ、コメント欄は好意的な感想が見受けられるも、中には「こんな顔面でジャニーズ……」といったネガティブなコメントもあることから、「リスクマネジメント的にコメント欄は封鎖した方がいいのでは……」「コメント欄だけは閉じてほしかった」「いいコメントもあるけど、批判の方が目に入る。アンチのコメントに傷ついてほしくない」と、出演者の精神面を心配しているようだ。

「出演者のJr.メンバーもコメント欄について思うところはあるようで、HiHi Jets・猪狩蒼弥は『批判とかも直にくるんだよね、いいね!』と、発言。高橋優斗は表情を曇らせましたが、猪狩は『書いてもらった方がいいんだって! 俺ら今までさ、やっぱファンレターっていう形でしか自分たちのところに届かないし。ファンレターっていったら、僕のことを好きな人しか来ないわけで。気軽に書ける悪口っていうのも……あまりにも汚い言葉だと、結構えぐられるところもあるだろうけどね』『的を得た(射た)ことならどんどん言ってほしいよね』と、前向きに捉えていました」(同)

 一方、YouTubeといえば、昨年9月に事務所を退所した元SMAP・草なぎ剛も同11月のネット番組『稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」』(AbemaTV)をきっかけに、「ユーチューバー 草なぎチャンネル」を開設しているが……。

「チャンネル登録者数を見ると、草なぎは69万人、Jr.は17万人と大きくかけ離れています。ただ、最初こそ好調だった草なぎも、特にここ1〜2週間は再生回数が伸び悩み、10万台で停滞する場合が増えています。通信料金は別として、YouTubeは無料かつ手軽に見られる利点はありますが、今のところJr.のチャンネルは、ファンしか喜ばないような内容。ここから一般層を取り込み、ファンを増やしていくには時間がかかりそうです。草なぎは『ホンネテレビ』の話題性があったとはいえ、Jr.はアイドル界トップであるはずの“天下のジャニーズ”の現役組ですからね。どう戦っていくのか楽しみでsづ」(同)

 ちなみに、草なぎが『ホンネテレビ』放送中に載せた「3人でマクドナルドに来たよ!!」という動画は現在430万回以上と、驚異の再生数を誇っている。YouTubeチャンネルのメンバーに入っていないLove-tuneや、関西Jr.の参加を求めるファンの声もある通り、視聴者の意見を反映しながら魅力的な動画を制作してほしいものだ。

関連記事(外部サイト)