嵐・松本潤、『ミヤネ屋』の「ソロ志向強い」推論に「今まで一度もありません」と明言

嵐・松本潤、『ミヤネ屋』の「ソロ志向強い」推論に「今まで一度もありません」と明言

ジャニーズ事務所公式サイトより

 2020年末をもってグループ活動を休止すると発表した嵐。連日メディアでさまざまな情報が報じられているが、松本潤本人がネット上で話題の“あるウワサ”を完全否定した。

 嵐は1月27日にファンクラブサイトを通じて活動休止を報告。同日夜に会見を開き、17年6月にリーダーの大野智が「一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」とメンバーに相談したことがきっかけとなり、以降は何度も話し合って決断に至ったと説明した。5人は現場に詰めかけた100人以上の報道陣の質問にも丁寧に答え、グループに関する思いなどを告白。会見終了後から、さまざまなテレビや新聞、週刊誌による報道が続いている。

 そんな中、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系、1月29日放送)での「スポーツニッポン」編集局次長兼文化社会部長・阿部公輔氏の発言に、多くの嵐ファンが激怒する事態となった。会見で松本は「自分たちがいい形であるうちにグループを閉めることを考えたこともあった」と過去形で話していたが、阿部氏は「『ごくせん』(同、02年)に松本さんが出て、『花より男子』(TBS系)が2004年とか5年だったと思うんですけど、あの頃に松本さんが、ちょっとソロ志向が強くなった動きを、我々も取材で『これなんかあるかな?』なんて思った時があったんですね。で、今回会見でも松本さんがそういった時期についてお話を……」と、語ったのだ。

「嵐のブレークは松本がきっかけだと、櫻井翔は『櫻井・有吉THE 夜会』(同、1月24日放送)で語っています。ドラマ『花より男子』(05)と『花より男子2』(07)が人気を博し、嵐が歌った主題歌『WISH』『Love so sweet』はいずれも大ヒットしました。そうした俳優としての個人活動のほかに、松本は嵐のコンサートで演出を担当。ジャニーズのコンサートでは定番のムービング・ステージを考案したのも松本です。最新技術をコンサートに取り入れるなど、年々進化する演出で観客を魅了しており、ファンは松本の仕事ぶりを称賛しているのです」(ジャニーズに詳しい記者)

 長年、嵐を見守ってきたファンは、松本の“ソロ志向が強くなった時期”に心当たりがなかったのだろう。阿部氏の発言について、「松本くんがソロ志向あったっていう根拠は何? 彼は嵐のライブのために一年中裏方仕事している人だよ」「嵐のために頑張っている人なのに、ソロ志向とか勝手なこと言わないで。嵐のことをよく知らない人が軽々しく語らないでほしい」と、批判的な声が噴出。

 さらには、会見で物議を醸した「無責任じゃないかという指摘もあると思うんです」と話を振った人物が、阿部氏と同じ「スポーツニッポン」の記者だったこともあり、「阿部さんの方が無責任な発言をしているのでは?」「スポニチさんどういうこと? 不愉快極まりない」と、バッシングが相次いだ。

「ファンの騒ぎを察知したのか、松本は30日に公式携帯サイト・Johnny's webの個人連載『Enjoy』を更新。突然の発表で驚かせたファンを気遣いながら、会見でも打ち明けた『嵐を閉じる事』を考えたという話に言及しました。とはいえ、『5人ではなく一人で活動をしたいと思ったり、そのために行動した事は今まで一度もありません』とのことで、顔文字をつけて柔らかく伝えています。その後も、メディアの方針やマスコミの仕事に理解ある姿勢を示しつつ、ファンには自身の言葉で『誠心誠意、伝えていきたい』と、宣言していました。暗に阿部氏の発言を否定した内容とあり、松本にとって、よほど納得のいかない言葉だったのかもしれません」(同)

 この松本の対応に、ファンは感激。「潤くんはソロ志向なんてなかったじゃん! さっそく否定してくれた!」「きっぱり本人が否定してくれるのを見ると、本当にファンを大切に思ってくれてるなって感じる」「今までも寝る間を惜しんで嵐のために活動してきたことは、ファンならみんな知ってる。ピシッと意思表示してくれてありがたい」といった声が続出している状態だ。

 ひとまず20年12月31日まで、嵐メンバー5人で力を合わせてテレビ収録やコンサートなどに臨んでほしいものだ。

関連記事(外部サイト)