「平家派」最後の春……城島茂から“永遠のパートナー”去る、松岡から愛される長野博

TOKIO城島茂や山口達也、V6坂本昌行、長野博、井ノ原快彦「平家派」の4月の動向を回顧

記事まとめ

  • TOKIO城島茂、山口達也、国分太一、V6の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦は「平家派」
  • 山口書類送検の裏で、小峠英二らのラジオ番組を最上もが、AKB48・小嶋真子が卒業
  • 井ノ原は、『あさイチ』新MCの博多華丸・大吉とメールのやりとりをしているとのこと

「平家派」最後の春……城島茂から“永遠のパートナー”去る、松岡から愛される長野博

「平家派」最後の春……城島茂から“永遠のパートナー”去る、松岡から愛される長野博

「平家派」最後の春……城島茂から“永遠のパートナー”去る、松岡から愛される長野博の画像

 光GENJIのバックダンサーとして誕生した平家派。2008年の『ザ少年倶楽部プレミアム』(BSプレミアム)で、TOKIO城島茂、山口達也、国分太一、V6(20th Century)の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦によって再結成された伝説のグループだ。今回はそんな6人の4月の動向・話題を振り返りたい。

?城島、「永遠のパートナー」山口が書類送検される

 城島がお笑いコンビ・次長課長、バイきんぐ・小峠英二らとパーソナリティを務めるラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)。5日放送回で女性陣のタレント・最上もが、AKB48・小嶋真子が卒業してしまい、26日のオープニングでは河本準一が「女性がいなくなると、やっぱそのケータリング的なこととか、そういう物がグングン減っていくんやなぁ」と切り出した。城島は、収録が始まる前に小峠の行動をチェックしていたそうで、「小峠さん、ポッキー6本食べましたよ」「数えてたんです」と、報告。小峠が「ワハハ! それそうっすか。正の字、なんか書いてるなと思ってたんですけど」と言うと、城島は「1本食べた、1本食べたって。よし、1、2って」と本数を数えた瞬間を再現。小峠は「気持ち悪いことしますね、リーダー」と、ドン引きしていた。ちなみに、同ラジオは男性のみで進行しているだけに、5日以降は下ネタが盛りだくさんの番組となっている。

 そして25日には、山口が強制わいせつの疑いで書類送検されたという衝撃のニュースが飛び込んだ。城島と山口は、TOKIOの結成前に「城島茂バンド」としてともに活動を始めており、昨年1月9日付の毎日新聞の連載「TOKIO城島・出会いに感謝」で、「永遠のパートナー」だと表現したほどの仲。当時を回顧し、「ギターとベースだけで何ができるのか。ドラムもまだ見つからない中で、寮の6畳の部屋で2人、光GENJIやSMAPのコンサートのロックコーナーの曲の練習をした日々。正直、彼にはありがとうと言いたいのです。彼がいなければ今の自分はいません」と感謝の言葉を述べていた分、城島のショックは計り知れない。『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日系、28日)に出演した城島は、事件の説明が遅れた山口に対し、「本当に30年やってきたのかなって。裏切りですよね」などと否定的な見解を示した。

?山口、強制わいせつ容疑で無期限謹慎に

 山口が月・水曜日のメインパーソナリティを務める朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系、4日放送)に、5月にCDデビューするKing&Princeが生出演。9日より冠コーナー「King&Prince GINZA DEBUT!」がスタートすると発表した。メンバーの平野紫耀がスタジオで特技の片手バク転を見せた途端、山口も覚悟を決めたように腕を上げながら前に出てきたが、「羽生結弦!」と、羽生がスケートリンクで見せる開脚のポーズを披露。その後、桝太一アナウンサーからロケの極意を問われた山口は「そうだなぁ……編集の力に頼るな!」「頑張ってね!」と後輩にアドバイスを送った。

 こうして若者を指導し、温かく見守る立場であるはずの山口が、まさかの事件を起こしていた。今年2月、酩酊した上で連絡先を知っている女子高校を自宅に呼び出し、無理やりキスをするなどしたとして、警視庁が強制わいせつ容疑で書類送検していたことが発覚。26日に開いた会見で、山口は「甘い考えかもしれませんが、 怒ってくれるのも、もう彼らぐらいしかいない年にもなったので。彼らを信じて、もし待ってくれている場所が、私の席がそこにあるのであれば、またTOKIOとして、やっていけたらなぁっていう……本当にすみません」と話し、このコメントに非難の声が集中。会見の際に「無期限謹慎」と発表され、グループ脱退&退所に関する処遇は決定していなかったが、本人の強い意思表明に加えて、城島とジャニー喜多川社長の協議をもって、5月6日付で契約解除に至った。

 18日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、俳優の東出昌大が登場。街頭でイメージ調査を行う企画の中で、「幅広く交友しなさそう」との意見が出ると、国分は「僕、1回東出くんと電話番号交換したじゃないですか。僕の中では、自分のやってる番組に東出くんが遊びに来て、スゴい意気投合して。仲良くなれそうだなぁと思って、電話番号交換して、2回ぐらい連絡とって終わっちゃったんだけど。この“意気投合した”と思ってるのは、僕だけだった?」と、デリケートな問題に踏み込んだ。これに対し、東出は「僕は、逆に先輩を誘いづらいです」と答え、「じゃあ、こっちから連絡した方がいいんだね」と、歩み寄る国分。東出も避けていたわけではなかったようで、「ぜひお願いします。でも、僕からも今後差し上げます、連絡を! すみません、なんか……」と、恐縮していた。

 26日、山口の書類送検の一報を受け、国分は本人よりも先に情報番組『ビビット』(TBS系、26日放送)で事件に言及。黒いスーツ姿で登場し、「番組冒頭ではございますが、同じメンバーでもあります山口達也が、強制わいせつ容疑で大変ご迷惑をおかけいたしました。深くお詫び申し上げます」などと、悲痛な面持ちで謝罪した。国分は公式携帯サイト・Johnny's webの連載「タヒチ」を25日、26日と2日連続で更新を休み、翌27日に休載をお詫び。「タヒチ」は「リゾート気分で!」をテーマに始めたと説明した上で、「徐々にいつものタヒチに戻れるようしたいと思っています」(原文ママ)と綴り、ファンに心配をかけてることを謝った。以降は「皆さんが少しでも晴れやかな気持ちになれますように」(28日)など、ファンへの思いやりが感じられるメッセージを連日アップ中。「タヒチ」らしさが戻る日を心待ちにしたい。

?坂本、夢はゴルフ解説者!?

 トニセンがパーソナリティを務めるラジオ『V6 Next Generation』(JFN系)。7日のオープニングトークを担当した坂本は「今さらと言ったらあれなんですけど、テレビ見てると、ジャニーズ事務所のタレントが多岐にわたって活躍してるなと。まぁ、ここまで来たか! っていうのがね、最近ありまして」と、切り出した。続けて、ジャニーズJr.の高田翔が競馬の番組に出演している例に触れ、「競馬ってね、スゴいなと思って。時代がここまで来たかと。ということなんで、俺もね。趣味を番組にできたらいいなと思って」と話し、料理関連以外では「ゴルフ」が趣味だと主張。「トーナメントとかの解説者とか。かなり見てますから。そういうオファー待ってます! っていう話をね、電波に乗せて募集しておりますんで。解説はでもまぁ、無理かもしれないけど、ラウンド解説はできるかなと。一緒に選手と回って、状況を伝えるんだけど」と、意欲を見せる坂本だった。

 一方で、「月刊ザテレビジョン」2018年6月号(KADOKAWA)のインタビューでは最近の趣味に言及。新曲タイトル「Crazy Rays」にかけて「いまCrazy aboutしていること」を聞かれ、「DIY! ちょっとした家具を作ったり、ミシンで縫い物をしたり…。最近作ったのは、旅行時に下着や靴下などを小分けにする袋。生地屋さんに行くと大概、女性でにぎわう店内に男性は俺一人(笑)。生地選びに夢中だから、周りの目は気にならないけどね。次は間接照明を作りたいなと思ってます」と、明かしていた。

 長野が水曜MCを務める生活情報番組『よじごじDays』(テレビ東京系)。4日のお料理コーナー「長野博の“食”king」では、長野の身に思わぬ災難が降り掛かった。「そら豆のコロッケ〜グリーンソース〜」を作る最中、長野はハンディタイプのミキサーでそら豆を使ったソースを準備。しかし、たっぷり100gも使ったそら豆がなかなかの曲者で、「う〜ん、(ソースが)飛んでる、飛んでる」と言いながら懸命にミキサーと格闘した。顔にソースをつけたまま続行する姿を見かねた竹崎由佳アナウンサーが「長野さんのキレイなお顔に、ついてるのが心配で……大丈夫ですか?」と問いかけると、ゲストのタレント・渡辺正行から「取ってあげなさいよ」という指摘が飛び、竹崎アナは「すみません、触れてよろしいですか?」と確認を取った上で髪に触り、「はい、キレイになりました!」と、長野をサポートした。

 4月より、ジャニーズ公式サイトで公開されている「2018 春ドラマスペシャルメッセージ動画」。その中で、連続ドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)で主演を務めるTOKIO・松岡昌宏は、井ノ原が作った長野の「芸能生活30周年」を祝う非売品Tシャツ「HIROSHI NAGANO 30TH ANNIVERSARY!」を着用して登場。最後にファンへのメッセージとして、「長野博さんのファンの方も、ぜひ見てください。たまたま今日これ着てたので」と語り、偶然見たファンの間で「『今日たまたま着てた』ってなに? 私服!?」「イノッチが配った長野くんの芸能生活30周年記念Tシャツ着てる松岡くん最高」と、笑いが漏れた。

 14日放送の『V6 Next Generation』に、この件に関するお便りが寄せられると、長野は「アイツ、(Tシャツを)普通に着てくれてんだよね。この前もなんか現場でたまたま会って、『いや今日ね、長野くんに会うわけじゃない、わかってたわけじゃないんすよ。たまたま着てんすよ』って。ハーフコートの下に、そのTシャツを着て(笑)」と、自身も松岡とバッタリ会った際にTシャツ姿を目撃したそう。「うれしい。普段着使いしてくれてるのが。狙ってじゃなくて。ありがたいですね」と、感激していた。

?井ノ原、『あさイチ』終了後の心境を吐露

 3月末で、8年間MCを務めた朝の情報番組『あさイチ』(NHK)を卒業した井ノ原。『V6 Next Generation』(21日放送)のオープニングトークによれば、新しい生活リズムになってから、周囲に「寂しくなった?」「じわじわきたんじゃない?」と聞かれるものの、本人は「まだ全然(寂しさが)きてない」とか。今はいち視聴者として番組を見ているといい、スタッフに意見を求められた時には「むちゃくちゃいい番組だと思うよ。見やすいと思うよ」と、告げたとのこと。

 長野の仲介によって、新MCの博多華丸・大吉とメールのやり取りもしているそうで、「『今度飲みましょうね〜』なんつって。『そっちでも、朝早いですからね〜。(今まで人に)言われてたから(笑)。『お早いですもんね〜。そっちに合わせますよ』みたいな」と話した通り、時間的な余裕も増えたのだろう。「でも僕はもともとV6なんでね〜。V6はそのまま継続してるんで、それは助かったというか。こうなんか、気持ちとして落ち込まないというか、まだまだV6の活動として結構大変なので、そんなこと言ってる場合じゃない感じでございます!」と、前を向いている様子だった。

 4月期の『特捜9』(テレビ朝日系)に主演する井ノ原と、同じくテレ朝ドラマで主人公を演じる松岡の対談が、一部テレビ誌で実現。出会って約30年がたつ2人は、「月刊ザテレビジョン」6月号で「40代までこうして、ねぇ」(井ノ原)「俺らがこうして残ってることがまずおかしいよっ!」(松岡)「アハハハ、おかしい(笑)」(井ノ原)「しかも! まぁ、大人になったからオブラートに包んで言うけど……コイツが残ってることが何よりもおかしい!!」(松岡)と、楽しそうにクロストークしている。松岡はかつて「井ノ原、オマエは残らない」と宣告していただけに、「朝の顔を卒業して、キンキン(愛川欽也)、渡瀬(恒彦)の親分の後をしっかり引き継いで、俺はうれしいよ。決して上から目線でなくさ」と、しみじみ。

 さらに、松岡が関ジャニ∞・村上信五と「俺たちジャニーズに入ったのがちょっと前で良かったよ」と会話したことを明かすと、「今入ってたら、残ってられないと思うよ(笑)」
(井ノ原)「ムリムリ! 今の若いやつらは俺たちとは踊りも何もかも、レベルが違うもん」(松岡)「ほら、食べ物がいいからねっ。だから成長がいい(笑)」(井ノ原)と自虐的に語った。しかし、松岡はジャニー社長が「いいもの作って、食わせてくれた」ため、「食べ物のせいにできない」と、指摘。この流れで「松岡、合宿所の冷蔵庫にあった100g8000円の肉を勝手に焼いて、むちゃくちゃ怒られてたよな」(井ノ原)「そんな高級な肉を冷蔵庫に入れといたジャニーさんが悪い。そりゃあれば食うよ!」(松岡)などと、思い出話に花を咲かせた。

関連記事(外部サイト)