KinKi Kids・堂本剛、「我々西の人は好き」「CM来えへんかなあ」と“551の豚まん愛”語る

KinKi Kids・堂本剛、「我々西の人は好き」「CM来えへんかなあ」と“551の豚まん愛”語る

KinKi Kids・堂本剛、「我々西の人は好き」「CM来えへんかなあ」と“551の豚まん愛”語るの画像

 KinKi Kidsがパーソナリティを務めるラジオ番組『KinKi Kids どんなもんヤ!』(文化放送)が7月16日深夜に放送され、堂本剛が自分からCM出演を要求する一幕があった。

 リスナーから寄せられていたメッセージを読み上げ、KinKi Kidsがそれについて話題を掘り下げていくこの番組。この日取り上げられたのは悩み相談が多く、失恋から立ち直る方法などの話題があった。

 そんな中、番組の終盤では、リスナーから送られてきた短いポエムを紹介するコーナー「お別れショートポエム」を放送。そこで読み上げられたのは、「日本史の『五・一五事件』を“5.51事件”と言ってしまった。旦那に『それ、豚まん』とツッコまれた。関西人の夫と結婚して8年。東北出身の私がついに関西に染まったな、と思った瞬間だった」という投稿。剛は読み上げながら小さく笑いつつ、「まあ、染まったかはアレですけど、我々西の人は551好きですよね……」と大阪で豚まんなどを展開している中華料理チェーンの名前を挙げた。

 剛は「何なんでしょうね、あの551の安定感は」と静かに絶賛。さらに「疲れたときとか、差し入れでいただいたりすることもあるんだけど、『ありがとう』って思うよね」と551愛を語った。さらに「電子レンジに入れて再加熱してもよし、冷凍庫に入れたまま保存して、また思い出したときに解凍して食べてもええし」と551の肉まんの汎用性を語り、「(自分のところに)551のCM来えへんかなあ」とぼやいていた。

 また、剛は551の肉まん以外だとアイスのCMにも出演したいというが、「食べ物のCMは、意外と自分が愛用しているものって来ない。超ヘビーユーザーの方にはオファーが来ないよな」と持論を展開。「めっちゃ食べてるのに。だから、めっちゃ食べてるってことは信者やから。その味の虜なわけで」「やねんけど来えへんよね。そういう悲しいストーリーっていうのはいつ、どの時代にもありそうだな」と分析。「カレーとかさ、マヨネーズとかさ。本当ありとあらゆるものを食べててすごいよ? バターとか」と未練がましそうにアピール。最後には「551はそれこそ10代から僕の胃袋を助けてくれている、満たしてくれている」と551に対する愛を語っていた。

 この日の放送にリスナーからは、「551のCM、ぜひやってほしい」「CMで豚まん頬張る剛くん見たいな!」「好きな食べ物いっぱいある剛さんも、CM来なくてしょんぼりする剛さんもかわいすぎる」といった声が集まっていた。

 この放送をきっかけにCMオファーが来るのではないかと思うほど、高い熱量で“551愛”をアピールしていた剛なのであった。
(福田マリ)

関連記事(外部サイト)