ジャガー横田息子の中学受験を『スッキリ』密着! 「酷すぎる」「親が断るべき」と批判の嵐

ジャガー横田息子の中学受験を『スッキリ』密着! 「酷すぎる」「親が断るべき」と批判の嵐

ジャガー横田公式ブログより

 プロレスラーでタレントのジャガー横田の息子・大維志くんの中学受験を、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)が密着すると発表され、ネット上で物議を醸している。

「横田は2004年に医師でタレントの木下博勝と結婚し、06年に大維志くんを出産。以降、横田はブログで子育て日記を公開していましたが、今年6月13日に『大維志は今、受験生として毎日を頑張って居ます。又成長した大維志をブログに紹介出来る日まで一旦、卒業とさせて頂きます』と、子育てブログの卒業を表明していました」(芸能ライター)

 しかし9月26日、横田はブログを更新して「この度、大維志が中学受験をする事で日テレ『スッキリ』からドキュメント撮影のオファーを頂きました」と、報告。大維志くん本人の意思でオファーを受けたといい、同日の『スッキリ』公式Twitterでも「スッキリお受験企画始動」「大維志くんがめざすのは、偏差値71の難関校1校のみ。受験まで残り5か月。スッキリは、2月の合格発表まで長期密着します」などと発表された。

「27日には、さっそく『スッキリ』で第1回目の密着VTRがオンエアーされ、大維志くんが志望するのは広尾学園の医進・サイエンスコースであることが公表されました。合格するためには、大維志くんは受験までに偏差値を30上げなければならないといいます」(同)

 横田によると、大維志くんはテレビに密着されることで「大きなプレッシャーを逆にバネにする!」と決断したようだが、それでもネット上には否定的な意見が多く寄せられている。

「『カメラに密着されるなんて、余計なプレッシャーでしょ』『やはり親が断ってあげるべきだったんじゃないか』『プライベートを切り売りするタレントは多いけど、子どもの受験までオープンにするなんて』『たとえ息子自身が引き受けたとしても、かわいそうに思えてくる』などと、夫妻の判断を疑問視する声のほか、『子どもの将来に関わる受験だぞ。密着のオファーなんかするなよ!』と、『スッキリ』を批判する書き込みもみられます。当然ながら、中学受験は全員が志望校に合格できるわけではない。特に大維志くんの場合、1校のみの受験だけに、『もし不合格だったら、それまで放送されちゃうなんて、12歳の子どもには酷すぎる』と心配の声も出ています」(同)

 一方で横田のブログには、ファンから「うちも受験生の子どもがいるので興味深いです」「大維志くんすごい! 頑張ってください!」といったエールも。大維志くんの健闘を祈らずにはいられないが、果たして……。

関連記事(外部サイト)