嵐・二宮和也、「いつかなにかを破壊しそう」な“酒好き”ジャニーズを『VS嵐』で暴露

嵐・二宮和也、「いつかなにかを破壊しそう」な“酒好き”ジャニーズを『VS嵐』で暴露

ジャニーズファミリークラブ公式サイトより

 嵐の冠番組『VS嵐』(フジテレビ系)が、2月28日に放送された。この日の対戦相手は、生田斗真と中山優馬率いる、舞台『偽義経冥界歌』チーム。プラスワンゲストには、お笑いコンビ・チョコレートプラネットが登場した。

 嵐と生田といえば、ジャニーズ事務所に入所した時期も近く、ジャニーズJr.時代には、松本潤・相葉雅紀・二宮和也・生田で「MAIN」というユニットを組んでいたことも。そこで「クリフクライム」前のトークでは、プライベートの交流について語られた。

 まず二宮が「生田斗真の飲み方って、いつかなにかを破壊しそうな飲み方」というと、相葉が「断っても断っても何回も(電話が)掛かってくる」と追加情報を投下。なんでも、生田から電話で飲み会の誘いがあった際、相葉が断って切ったのにもかかわらず、5分後に掛け直してきて、また飲み会に誘ってくるのだとか。

 これは以前、松本と生田がV6のコンサートを見学した帰りの出来事だったそう。この時2人は盛り上がり、風間俊介や滝沢秀明を電話で呼び出し、飲み会を開くことに。さらに、二宮は松本から直接電話をもらい飲み会に参加したといい、「申し訳ないけど、嵐全員来るのよ。もしよかったらみんなで飲まない? 5人で飲むことなかなかないじゃん? タッキーもいるよ、山P(山下智久)もいる。みんなで飲まない?」と松本がかなり下手に出て誘ってきたことなどを明かし、笑いを誘っていた。

 また、最後の「ボンバーストライカー」前のトークでは、昨年末の『ジャニーズカウントダウン2018-2019』の裏話が披露された。タッキー&翼のラストステージでは、長谷川純、生田、山下、風間で構成された「FOUR TOPS」がバックダンサーを務めたのだが、生田はなんと約10年ぶりの『ジャニーズカウントダウン』出演だったそう。櫻井翔は本番前日に彼らの姿を見かけ、一緒に楽屋にいた滝沢が「FOUR TOPSの熱がすごいのよ……」と漏らしていたことを暴露。滝沢を驚かせるほど気合が入っていたFOUR TOPSは、完璧にリハーサルをこなしていたというが、実は本番では風間がフリを間違えてしまったとか。生田は「一番気合入れて一番はしゃいでるのに、めっちゃ間違えてた!」と明かし、出演者は爆笑していた。

 さらに、リハーサルの際は出演者が全員、舞台袖から乗り出してFOUR TOPSのことを見守っていたという、仲の良さを感じるエピソードも飛び出した。櫻井はリハーサル中、袖から遠慮気味にFOUR TOPSとタッキー&翼の姿を撮影していたそうだが、一方で松本は、ステージの正面から堂々と撮影していたという話も。櫻井と松本の対照的な性格も明らかになったのだった。

 この日の放送に視聴者からは、「嵐と斗真くんの仲良し感が伝わってきた! みんなでトーク番組やってほしいぐらいおもしろかった!」「『カウコン』の裏話聞けてうれしかったー! 潤くんがリハで撮った写真めっちゃ見たい!」「風間くん、振り付け間違えてたんだ。録画確認してみよう(笑)」という声が集まっていた。
(福田マリ)

関連記事(外部サイト)