KinKi Kids・堂本光一、「なんでパンツが車に?」と女性タレントの“愛車掃除”で絶句!

KinKi Kids・堂本光一、「なんでパンツが車に?」と女性タレントの“愛車掃除”で絶句!

ジャニーズファミリークラブ公式サイトより

 3月2日に放送されたKinKi Kidsのバラエティー番組『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)に、タレントの丸山桂里奈がゲスト出演した。

 今回のオープニングトークは、ロケ先である車用品店「A PITオートバックス東雲店」内にある伝説のF1ドライバー「アイルトン・セナ」のグッズが展示してあるコーナー前で収録されていたのだが、セナといえば、F1&車好きとして知られる堂本光一の憧れの人。「セナ、バックでいいの?」「セナの前に立っちゃいけないんじゃないかな?」「すばらしい伝説のドライバーですから」と恐縮しつつ“セナ愛”を爆発させる光一に、「いやいいよ。大丈夫。セナやん、心広いもんね」とまるで友だちのように“セナやん”と呼ぶ堂本剛のコントラストが笑いを誘っていた。

 ゲストの丸山は「愛車をキレイにしたい」そうで、「最近、(車が汚すぎて)人に引かれ出してるんですよ。汚いっていうのがあったら、その汚いのをはるかに超える汚さってあるじゃないですか……」と車がかなり汚いことを明かす。丸山の愛車は「スバルXV」の白で、フロントには擦り傷やサビ、扉には水アカの筋が入り、車内には食べ終わった駄菓子の袋が散乱している始末。これを見た剛は「俺、無理やなぁ。これは。ウソやろ……」と、早くも拒否反応を示した。

 そして、実際に丸山とKinKi Kidsの2人が車内に入ると、後部座席には荷物の山の中に、なぜか「わさびドレッシング」が転がっており、まるでゴミ屋敷のような汚さ。そんな中、光一が見つけたのは、後部座席に置いてあったKinKi Kidsの3rdアルバム『C album』(1999)。丸山自身が買って聞いているという告白に驚きを隠せないKinKi Kidsだったが、CDケースを開けてみると別のCDが入っているというオチで、「中、違うんかーい!」という光一のツッコミが冴え渡った。

 車内は、サイドブレーキのポケットにこぼしたコーヒーが放置されて膜状になっていたり、賞味期限切れのお菓子やテレビ番組のアンケート、靴下、トロフィー、領収書、風呂場のイス、元カレとお揃いの靴やピアスなどが溢れ、それを順番に整理していく一行。元カレと丸山が写ったプリクラを発見して、光一が「イケメンやん。(V6の)森田剛的な」とコメントする場面もあり、掃除をしながら丸山の人となりを探っていたKinKi Kidsだった。

 そんな中、突然丸山が「パンツ出てきた。ごめんなさい」と衝撃告白。光一は「よかった。俺、それ触らなくて」と安心しつつ、「なんでパンツが車に乗ってるの?」と質問。なんでも、バラエティ番組のドッキリ企画で“落とし穴”に引っかかり下着が汚れた際、履き替えられるように持っているのだそう。丸山が不用品を買い取ってくれる業者に「これ(下着)って売れるんですか?」と質問すると、即座に光一が「売れないだろ!」とツッコミを入れていた。

 あまりの盛り上がりぶりに、番組プロデューサーがその場で“2週連続企画”にすることを決定。ネット上では、「丸山桂里奈の愛車が汚すぎだろ……。ドン引きしたけどKinKiが優しく対応してて和んだ」「アルバムの中身が違うCDだったの大爆笑した〜」「2人が本気でイヤな顔してたり、今回は見どころ多かった!」などのコメントが集まった。

 来週は丸山の車から一体なにが出てくるか……KinKi Kidsのリアクションにも要注目だ。

 

 

関連記事(外部サイト)