嵐・櫻井翔、『夜会』北村匠海の明かした“松本潤”エピソードに「そうなの?」と困惑

嵐・櫻井翔、『夜会』北村匠海の明かした“松本潤”エピソードに「そうなの?」と困惑

ジャニーズファミリークラブ公式サイトより

 嵐・櫻井翔と有吉弘行が話題の芸能人や有名人の素顔や本音に迫るバラエティ『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)。3月7日の放送には、俳優・北村匠海が登場し、子役時代に嵐・松本潤と共演した時のエピソードを語った。

 小学3年生の時に芸能界入りしたという北村は、車のCMでテレビデビュー。当時、北村の担任をしていた小学校の先生からは、「40度の熱があるのにオーディションを受けていた」という、驚きのエピソードが明かされた。実はこのCMに出演するまで、北村は100本以上オーディションを受けていたといい、「オーディションにはとにかく、どんな状況でも行った」と努力家のようだ。

 そして北村は、10歳のときに映画『DIVE!!』(2008年)で池松壮亮の幼少期を演じ、銀幕デビュー。これを機に、さまざまな俳優の幼少期を演じることとなり、“幼少期役のプロ”と呼ばれるようになったとか。嵐の中では13年に公開された松本主演の映画『陽だまりの彼女』で、松本の中学生時代を演じている。「一番似てるって言われるのが、松本潤さん」と北村が振り返っていたように、周りからもこの役は好評だったよう。櫻井も「たしかに雰囲気似てる!」と納得の様子。

 「その時、松本さんとは、なにかお話はされたんですか?」という櫻井の質問には、「同じ人物を演じるということで、松本さんの提案で、作品に入る前に一緒にリハーサルをして。シーンを交代してやったり。僕がその大人の松本さん演じる時代のシーンをやったり、松本さんが僕が演じる時代の子どもの頃を演じたりとかっていうのをやったり……」と、松本との役作りについて明かした北村。

 これに櫻井は、「なんで? なんのためにやるの?」と“松本の役作り”が理解できないようで、番組の準レギュラー、我が家・坪倉由幸から「役作りのためですよ。(幼少期を演じる北村が)松本潤になるためにやるんですよ!」と解説されるも、最後まで「そうなの?」と腑に落ちない様子であった。

 放送終了後、Twitterで“北村匠海”がトレンド入りするほど盛り上がっていた今回の『夜会』。嵐のファンからも「『陽だまりの彼女』の少年時代役が印象に残ってるな〜。映画見たときから松潤に似てると思ってた!」「北村くんは『陽だまりの彼女』で知ったけど、松潤に似てて衝撃だった」「潤くんの役作りが理解できない翔ちゃん……今度直接教えてもらいなよ!」などの声が集まっており、放送を楽しんでいたようだ。
(華山いの)

関連記事(外部サイト)