『イノセンス 冤罪弁護士』冤罪被害者をめぐる残酷な結末に「絶望しかない」の声

『イノセンス 冤罪弁護士』冤罪被害者をめぐる残酷な結末に「絶望しかない」の声

『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系)公式サイトより

 3月16日夜10時から第9話が放送される、坂口健太郎主演ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系)。第8話の視聴率は前話と同じ9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をキープした。同作は“冤罪”を題材にしたヒューマン・リーガル・エンターテインメントで、若き弁護士・黒川拓(坂口)が弱き人々を救おうと奔走する姿を描く。

 第8話で拓は、報道局の聡子(市川実日子)から、24年前の毒物混入事件で死刑判決を受けた式根(片岡鶴太郎)の冤罪を晴らしてほしいと頼まれる。事件は式根が暮らしていた社宅のクリスマスパーティーで起き、シャンパンに毒物が混入され、式根の妻を含む6名が亡くなった。直接的な証拠が発見されなかったため、シャンパンを持ち込んだ式根が疑われ、執拗な尋問の末に自白してしまい、死刑判決に。聡子は、いまなお収監されている式根と、長年手紙のやりとりを続ける中で、警察のずさんな捜査を知り、がんを患う式根が生きている間に冤罪を晴らしたかったという。

 拓は楓(川口春奈)とともに、調査を開始したが、“殺人犯の娘”とレッテルを貼られた式根の娘・玲子(星野真里)からは、協力を拒否されてしまう。事務所へ戻り大量の資料を漁るしか手立てがない中、玲子が「もうすぐ死ぬ」と口にした同級生の由美(酒井美紀)を慰めたという記述を見つけ出す。一方、拓は捜査資料の不自然さから、警察による証言の捏造があったことを見抜いていた。

 楓がさらに資料を精査していると、かつて毒物の瓶が見つかった沼地に、ある“ウワサ”があったことを知る。「沼の上に浮かぶ大きな影を見ると、死んでしまう」という内容で、由美が口走った「もうすぐ死ぬ」という言葉との関連を疑った楓。拓はその事実から、科学者・恭一郎(藤木直人)とともに検証の場をセッティングし、玲子を連れて実験現場へ向かう。

 検証の場には由美の姿があり、彼女を立たせて実験を開始。水蒸気と太陽光代わりの照明で、由美の“大きな影”を作り出すと、恭一郎は「ブロッケン現象」が起きたと解説する。事件当日も同じ気象条件が整っていたことから、沼に毒物の瓶を捨てた際に、“大きな影”を目撃したと告白する由美。真犯人は由美の母親で、暴力を振るう夫を殺害するために、毒物を混入させたのだった。そして、娘の由美を使い証拠隠滅を図っていたのだ。

 警察による捏造や、新証言が提示されたものの、新たに明らかな証拠を発見したと認定できないという理由から、再審請求は棄却されてしまった。拘置所で無実の父と面会した玲子は、アクリル越しに手を重ね合わせるのだった。

「今回のエピソードでは、式根が“冤罪被害者”のまま、救われないという結末。警察の捏造や新証言が明らかになっても、なお再審請求が認められないという内容に、視聴者からは『絶望しかない……』『これが司法の現実なのか』『式根の死刑が執行されたら、裁判官が人を殺したも同然では?』といった怒りの声が相次ぎました」(芸能ライター)

 第9話ではある美大生が殺された事件について、聡子が気になる情報を寄せる。被害者に残された特徴的な刺し傷が、11年前に起きた事件と同じ形状をしているというのだ。拓と楓は、ストーカー行為により殺害を疑われている被疑者・富士田(坂本真)に接見。11年前の事件と富士田の関係を疑いつつも、彼の弁護を決意する。

「次回予告では、何者かに狙われた拓をかばって、楓が刺されるという展開が。衝撃的な場面に、ネット上では、『楓が刺されるなんて、予想外すぎる』『楓はどうなるの!?』といった声が続出しています」(同)

 なぜ拓は狙われなければならなかったのか。過去と現在を結ぶ事件の謎は、深まるばかりだ。

関連記事(外部サイト)