TOKIO・松岡昌宏、「今だから言います」と大御所ジャニーズとの“酒席”秘話明かす

TOKIO・松岡昌宏、「今だから言います」と大御所ジャニーズとの“酒席”秘話明かす

ジャニーズファミリークラブ公式サイトより

 TOKIO・松岡昌宏がパーソナリティを務めるラジオ『TOKIO WALKER』(NACK5)。3月17日の放送では、松岡がジャニーズの大先輩である近藤真彦に時計をもらったエピソードを語る場面があった。

 リスナーから、近藤が自身のラジオにて「酔っ払って松岡に高級時計をノリであげてしまった」という話をしていたと報告メールを受けた松岡。「これ、OKなんですね? 公開して」と松岡は笑いながら、「はい、使わせてもらってますよ。今でも!」と告白。さらに「今だから言いますよ。半分、懺悔ですけど……」と言いながら、さらに詳しいエピソードを披露した。

 松岡いわく、自身が20代の頃によく通っていた店に、近藤もよく来店していたそう。そこで仲間たちと飲んでいる近藤に、松岡が遭遇。近藤は松岡を自分の席に呼んで酒を勧め、言われるがままに飲んでいたが、そこで近藤がつけていた時計に目が留まったのだという。

 松岡はその時のことを「すっげーかわいい時計してて、マッチさんが。カッケーなぁ……と思って」と述懐。さらに「で、マッチさんもちょっとお酒入って、いい気分になってきてて。俺、時計してたのよ。で、テーブルの下でそっと外して、ポケットにしまい……」と、近藤の時計を“おねだり”するために策を弄したと暴露した。

 松岡は時計を外したあと、近藤に時計を見せてもらい「うわあ! スゲー、カッコいいっすね、コレ!」とベタ褒めしたそうで、酒を飲んでいい気分になっていた上に、周りの客からも煽られた近藤は、「やるよ」と松岡に時計を進呈。松岡は一応、数回辞退したというが、最後は「いただきます!」と元気にあいさつして時計をもらったと、笑いながら明かしたのだった。

 松岡はその時のことを懐かしそうに話しながら、「後輩にね、2人か。時計いってますよ。僕も先輩から2人、東山(紀之)先輩とマッチさんからもらってるんで、時計ね。で、俺からいったのは、大倉と大野だね」と、関ジャニ∞・大倉忠義と嵐・大野智に自身の時計をプレゼントしていると報告。松岡自身は、近藤、少年隊・東山のほかに、俳優の唐沢寿明からも「お前も年も年だから、ちょっとこういうのしといた方がいいだろ」という言葉とともに、誕生日にスイス製の高級時計を渡されたと語っていた。

 松岡は「いただいたものはね、下にいくことはないけど。自分で買った物はね、また後輩にいく日も来るのかななんて思いながら……」としみじみ話しながら、「大事にしてます、マッチさん。ありがとうございます!」と近藤に感謝の意を表していたのだった。

 先輩から後輩へ時計のプレゼントという、ジャニーズの伝統的なエピソードを語ってくれた松岡。彼の後輩たちは、机の下で時計をそっと外す“策士”な松岡に習って、先輩の時計をおねだりしてみるといいかも!?
(小沢由比子)

関連記事(外部サイト)