Hey!Say!JUMP・伊野尾慧、『めざましテレビ』で親族の職業を暴露し「有名です」と豪語

Hey!Say!JUMP・伊野尾慧、『めざましテレビ』で親族の職業を暴露し「有名です」と豪語

ジャニーズファミリークラブ公式サイトより

 Hey!Say!JUMP・伊野尾慧が木曜レギュラーを務める情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)が、3月21日に放送された。

 この日の「伊野尾ピクチャー」では、メンバーの高木雄也と伊野尾のツーショット写真が登場。高木が今月26日に29歳の誕生日を迎えるということで、伊野尾は「番組のスタッフさんがお祝いしてくださったんで、一緒に写真撮りました」と紹介した。写真に写ったバースデーケーキには、『いただきハイジャンプ』(同)で高木が過去に披露し、その個性的な作風がスタジオを騒然とさせた、犬のイラストが描かれたプレートが。これに三宅正治アナウンサーが「なんですか? “猫”の絵ですか?」と不思議そうに聞くと、伊野尾は「真ん中に描いてあるのは、高木雄也が描いた“犬”の絵です」と説明。すると『めざましテレビ』のスタジオは「犬!?」「ちょっとわかんなかったな……」と騒然としたのだった。

 その後、「高木雄也も、もう29歳ですからね……。Hey!Say!JUMPも、もう29歳……」と感慨深そうに言いつつ、なぜか笑いが漏れてしまう伊野尾。すかさず三宅アナが「なんで笑ってるの?」とツッコミを入れ、抜群のコンビネーションでコーナーを締めていた。

 番組後半に放送された「イノ調」では、伊野尾が「和文化ホテル」を調査。東京では今、“日本らしさ”を打ち出したホテルが急増しているといい、伊野尾は着物姿でホテルをめぐった。最初のホテルは“お茶”がテーマになっているといい、伊野尾は「僕、お茶にはうるさいですよ」とニヤリ。さらに「(自分の)おじいちゃん、お茶屋さんやってましたから。埼玉県入間市出身で、“狭山茶”有名ですから」と唐突に告白し、「わたくしも小さい頃から、お茶飲んで育ってますから!」と胸を張った。

 そんな伊野尾は、ホテルスタッフが入れた抹茶をひとくち飲み、「おいしい〜、温まる〜」と笑顔に。ホテルのフロントで入れたてのお茶が飲めるということに、「手軽に楽しめるのがいいところですよね」と感心しており、お茶にうるさい伊野尾をも唸らせたのだった。お茶づくしのホテルにテンションが上がったのか、伊野尾は「まさにこのホテル、ニッポン“茶茶茶”のホテルですね!」と評価。しかしホテルスタッフは微妙な反応で、伊野尾は「めちゃめちゃ“苦笑い”じゃないですか……お茶だけに!」とギャグを連発する。「お〜!」と番組スタッフから歓声が上がったものの、伊野尾は「こんなの放送してほしくないな〜!」と本音を漏らしていた。

 続いて2軒目は、茶室をコンセプトにしたカプセルホテル。このホテルでは今後、さまざまな和文化イベントが実施される予定だといい、伊野尾はその中から座禅を体験することに。これが初めての座禅だった伊野尾は、うっかり途中でくしゃみをしてしまったものの、一緒に座禅を行っていた侍者から「毒が出ていきましたよ」とナイスなフォローが。最後に警策で肩を打ってもらった伊野尾は、「思ったより痛い……」と率直なコメントをしていたが、最後にはあらためて「これからも『イノ調』のロケ頑張ります!」と決意を口にしていた。

 今回の放送には、ファンから「伊野尾くんの和服最高〜! 朝からいいもの見た!」「お茶にうるさい伊野尾ちゃんかわいかった。私も今日からコーヒーじゃなくてお茶にします!」「どのホテルもステキだったなあ。機会があれば泊まってみたい!」といった声が寄せられていた。
(福田マリ)

関連記事(外部サイト)