King&Prince・平野紫耀、『ZIP!』で女性を“軽トラック”呼ばわりで「失礼」「言い過ぎ」の声

King&Prince・平野紫耀、『ZIP!』で女性を“軽トラック”呼ばわりで「失礼」「言い過ぎ」の声

ジャニーズファミリークラブ公式サイトより

 朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)内で放送されているKing&Princeの冠コーナーが、4月からリニューアル。2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向け、メンバーがさまざまなスポーツに挑戦するコーナー「MEDAL RUSH」がスタートした。

 リニューアル第1回目は、「バスケットボール」を特集。16年のリオ五輪で20年ぶりのベスト8入りを果たした、日本代表女子選手を擁するチーム「JX-ENEOS サンフラワーズ」にバスケを指導してもらうこととなった。まずは、実力を測るために「King&Prince VS 女子バスケチーム」で試合を行ったのだが、King&Princeメンバーではまるで歯が立たず、わずか3分で全員が茫然自失。運動神経抜群の平野紫耀でも、「向こうの選手、何人か軽トラックがいる……」と発言するほど、選手たちの力は圧倒的だった。

 一方、King&Princeの実力はというと、高橋海人がコートの外からシュートしようとしたり、神宮寺勇太もおかしなフォームでボールを投げたりと、ジャニーズアイドルとは思えない“ポンコツ”ぶり。岸優太にいたっては、選手から「右手で(シュートを)打つ人は右足が気持ち前」とジャンプシュートのフォームを指導されるも、その直後に思いきり両足をそろえてジャンプしてしまい、永瀬廉から「ヒドい……なにも話聞いてない」と呆れられる始末。

 シュート練習でも、なかなかゴールが決まらず悪戦苦闘していたのだが、練習を重ねるうちに、5人全員がジャンプシュートを華麗に決められるように。しかし、左右どちらの手でもドリブルができるよう、ボールを2個使った練習に取り組むと、振り出しに戻ってまたも苦戦。そんな中、なぜか岸だけがセンスを発揮し、選手から「よかったと思います!」と褒められていた。

 最後にパスの練習をすることになり、速いスピードで強いパスを出すのがポイントだと教わる5人。岸がパスを出してみたところ、速さは時速35キロで、永瀬いわく「全力のママチャリ」とのこと。対する選手のパスの速さは42キロで、これには横で見ていた平野・神宮寺・高橋の3人も「原付! 原付!」と、原付バイクのような速さだと、若干の恐怖をにじませていたのだった。

 コーナーリニューアル初週は、あまりカッコいいところを見せられなかった5人だが、ファンは「学校で人気の先輩が出てる球技大会見てるみたい(笑)」「紫耀くんすてき〜やっぱり運動神経いいね!」「期待を裏切らない岸くん。朝から笑いをありがとう!」とそれぞれに楽しんでいた様子。

 しかし、一部では平野の「軽トラック」発言が波紋を呼んでおり、ネット上には「女性に向かって『軽トラック』呼びはよろしくないぞ……」「衝撃を伝えようとしたんだろうけど、軽トラックは言い過ぎでしょ。普通に失礼な発言」「朝の番組はいろんな人が見てるんだし、もっと発言に気を使ってほしい。印象悪くしてどうすんの?」という声も。King&Princeファン以外の人が多く見ている番組だからこそ、今回のような“失言”には要注意すべきだろう。

 来週は、女子バスケチームとのリベンジマッチが行われる予定。練習を積んで、試合ではカッコいいKing&Princeの姿を見せてほしいものだ。
(華山いの)

関連記事(外部サイト)