浜崎あゆみ、ツアー生中継でも“1時間遅刻”……「プロ失格」「甘やかしすぎ」と批判噴出

浜崎あゆみ、ツアー生中継でも“1時間遅刻”……「プロ失格」「甘やかしすぎ」と批判噴出

浜崎あゆみ公式インスタグラムより

 4月6・7日、さいたまスーパーアリーナにてコンサート『ayumi hamasaki 21st anniversary -POWER of A^3-』を開催した、歌手の浜崎あゆみ。7日はWOWOWにて独占生中継が行われ、午後4時から放送が始まる予定だった。しかし、予定より1時間近く遅れてから公演が始まったため、ネット上では「完全にプロ失格」「仕事舐めてる」と批判の声が噴出している。

「今回のコンサートは、浜崎のデビュー21周年を記念するもので、WOWOWの中継も開演に合わせて午後4時から始まる予定でした。放送自体は予定通りスタートしたものの、いつまでたっても浜崎は姿を見せず、画面には『開演が遅れております もうしばらくお待ちください』というテロップが表示される状態が続きました。結局、浜崎がステージに現れたのは、予定時間の約1時間後。あまりにも遅すぎる登場に、ネット上は『急いで帰ってきたのに、まだ始まらないの?』『ファンのこと舐めてるとしか思えない』『いつまで待たせるんだよ! いい加減にしろ!』と大荒れでした」(芸能ライター)

 会場でも「開演遅延のおわび」アナウンスが入ったようだが、コンサートに参加したファンのレポートによると、これも開始予定時刻から50分近く過ぎたころだった模様。“大遅刻”をした浜崎だが、本人の口からは謝罪も特になく、一般の視聴者からは驚きの声が上がっていた。

「この放送で浜崎のコンサートを初めて見たと思われる人からは、『あゆっていつもこんな感じなの……?』『これでイライラしないファンって優しすぎでしょ』『ファンが甘やかしすぎたからこうなったんじゃない?』など、驚きと呆れの声が続出。また、浜崎は2〜3曲歌うたびに衣装チェンジのためステージから姿を消すため、ネット上では『やっと出てきたと思ったのに、そんなにお色直し必要?』『これで浜崎あゆみのライブって言われてもね……ゲストってことでいいんじゃない?』と、冷ややかな声が飛んでいました」(同)

 そんな中で最も批判の対象となっていたのが、浜崎の“歌唱力”だ。

「大幅に開演が遅れた理由はわからないので、体調が万全ではなかった可能性も否定できませんが、浜崎は1曲目からまったく歌声が出ていなかったんです。コンサートに参戦していたファンの書き込みでも、『あゆ、あんまり声出てなかったね』『高音が全然出てなかったけど大丈夫かな?』と心配するコメントが見受けられましたが、WOWOWの視聴者からは『歌詞の字幕がないとなに言ってるのかわからないレベルでひどい』『これでよくコンサートやろうと思ったね……』『遅れた上に声出てないとか、アーティストとして最悪だろ』と、圧倒的にマイナスな意見が目立っていました」(同)

 2000年に左耳の突発性難聴を患い、現在も完全に聴力が戻っていないと公表している浜崎。さらに、右耳の機能も衰退していると明かしているだけに、ファンからは「つらいだろうに、歌ってくれてありがとう!」「あゆの歌声で勇気づけられた」「どんなときでも明るいあゆのことを見てると、自分もがんばらなきゃと思う」など、励ましの声も多い。

 とはいえ、テレビ中継が入るとなると、浜崎ファン以外の人も、彼女のコンサートを見ることができる。今回は厳しい意見が多かったが、もし次回があるならば、遅刻せずに多くの人を魅了する歌声を披露してほしいものだ。

関連記事(外部サイト)