『わたし、定時で帰ります。』、KAT-TUN・中丸雄一の“存在感”に「変すぎ」とツッコミ続出

『わたし、定時で帰ります。』、KAT-TUN・中丸雄一の“存在感”に「変すぎ」とツッコミ続出

『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)公式サイトより

 吉高由里子が主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)の初回が4月16日放送され、平均視聴率が9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。まずまずのスタートを切り、ドラマ自体は「けっこう面白かった」「来週も楽しみ!」と好評だが、ある出演者について「演技が不自然」「大根役者すぎて笑える」と、ツッコミの声が続出している。

 このドラマは、“必ず定時で帰る”と心に決める32歳のOL・東山結衣(吉高)が主人公。KAT-TUN・中丸雄一が結衣の恋人・諏訪巧役で出演しているほか、結衣の上司役にユースケ・サンタマリア、同僚役に柄本時生ら、個性的な面々が登場する。

「実社会で“働き方改革”が叫ばれる中、同作も会社員が定時で帰りづらい風潮であることに焦点を当て、リアルな問題提起をしています。第1話では、『新入社員なら早朝出社して人より頑張るのが当たり前』『厳しく教育して当然』と、自分が新入社員だった頃の価値観を後輩に押し付ける、結衣の同僚・三谷佳菜子(シシド・カフカ)が物語の中心人物として描かれました」(芸能ライター)

 中丸演じる巧は、結衣との時間を大切にしてくれる優しい彼氏として、ドラマの中では“癒やし”の存在。しかし、ネット上では「演技が変すぎ」「いい場面のはずなのに笑っちゃう」と、別の意味で存在感を放っていたよう。

「中丸については、キャストが発表された時点で『演技うまい印象ないけど……』『主人公の恋人役やるほど演技できたっけ?』と、演技力を不安視する声が上がっていましたが、視聴者の予想は的中。自宅で食事をしながら結衣と巧がキスするシーンでは、吉高が笑顔なのに対して、中丸はかなり固い表情で動きもぎこちなく、ネット上では『中丸くんのキスがヘタすぎる(笑)』『優しい彼氏なんだろうけど、なにこの感情こもってない感じ……かなり不自然』『演技がヘタすぎて、セリフが入ってこないわ!』とツッコミが相次いでいました」(同)

 今後は、向井理演じる結衣の元カレ・種田晃太郎と“今・元カレ対決”も勃発しそうだが、放送前は「すでに向井の圧勝」「中丸、向井と並ぶと見劣りする」など、散々な言われようだった。

「同作は“お仕事ドラマ”でありながら、30代女性の等身大な恋愛模様にも注目が集まっています。晃太郎は『仕事に集中しすぎると周りが見えなくなるワーカホリック体質』、巧は『家庭的な男性で結衣にとって理想的な相手』と真逆の設定で、結衣が最終的にどちらを選ぶのかは、視聴者を惹きつける重要なポイントになるはず。それだけに、中丸と向井は“対等”な芝居を求められるでしょうね」(同)

 ドラマの本筋である会社のシーンは好評なだけに、結衣・巧・晃太郎の三角関係が物語を邪魔することなく、良いスパイスになってくれることを期待したい。

関連記事(外部サイト)