NGT48事件、「山口真帆を襲ってこい」と教唆したメンバーは存在する? マスコミ関係者の見解は

NGT48事件、「山口真帆を襲ってこい」と教唆したメンバーは存在する? マスコミ関係者の見解は

NGT48・山口真帆公式プロフィールより

 本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話からウソか真かわからないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆

A……スポーツ紙記者 アイドルから演歌歌手まで、芸能一筋20年超の芸能記者
B……週刊誌デスク 日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集を行う事情通
C……WEBサイト記者 通常ニュースから怪しいBBSまで日参、膨大な資料を作り続ける若手記者

オードリー・春日、中川パラダイスにハメられた?

A GW中だし、令和の幕開けも間もないとあって、芸能マスコミはやや落ち着いていますね。

B 平成のうちに離婚しておこうとする芸能人もいるかと思ったけど、ユースケ・サンタマリアが昨年6月に離婚したことを公表したぐらいでしたね。

C 確かにそうかも。今年に入ってからだと、やはりNGT48の騒動と、ピエール瀧の薬物逮捕が大きな衝撃でしたが。

B この2つと比較すると、どんなニュースも霞みますよ。オードリー・春日俊彰の二股とか(笑)。

C ある意味、連休直前のちょっと笑えるスキャンダルというか(笑)。『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で、11年交際しているクミさんにプロポーズしたのに、そのわずか10日前に、別の一般人女性を自宅に泊めていたという。

A 春日本人もそうですが、周囲が本気で怒っていました。所属事務所やクミさん、相方の若林正恭まで……。

C 春日の二股をスクープした「フライデー」(講談社)に、事務所が「大バカ変態野郎」というコメントを寄せたのは笑いました。しかし、クミさんの怒りはまったく収まらず、春日の携帯から不要な連絡先を消去してしまったそうですよ。

B 女性と春日の橋渡し役になってた、ウーマンラッシュアワーの中川パラダイスも?

C ネット上やマスコミ界隈でも「パラダイスが『フライデー』に情報を流した」なんてウワサもあるので、きっとそうでしょう。パラダイスは、吉本内でも有名な遊び人ですが、一方で春日は私生活が地味なタイプ。芸人たちの間でも「なぜ仲がいいの?」と不思議がられていた関係です。

A 春日からすれば、パラダイスは夜遊びの“師匠”だったのかも。

C 婚約、そして平成が終わるこの時期に、両者の師弟関係も終了だね(笑)。

B 電気グルーヴのピエール瀧が、コカインを使用したとして逮捕された一件では、相方の石野卓球に世間の注目が集まりました。

A 逮捕後、しばらくTwitterの更新をやめていた石野ですが、そこから怒涛の更新ラッシュ。「この度はメンバーの不祥事でご迷惑を……」といった謝罪文を投稿するかと思いきや、自身のイベント出演が中止になったことについて「だとよ」と一言投下。その後も、瀧の保釈時に「死刑じゃないの?」とツイートするなど、過激な物言いで話題を集めましたね。

C 取材に訪れたマスコミの前で、“ゆるしてニャン”ポーズを取ったのも笑いました。

A 特に、過剰反応したのは情報番組『バイキング』(フジテレビ系)。連日、石野の言動を批判的に取り上げていましたが、視聴率にはまったく結びつかなかったようです(笑)。

C ネットユーザーは石野の言動や『バイキング』との対立を面白がってたけど、テレビ視聴者には伝わらなかった印象ですね。

A 新聞の読者もそうでした。ネットは大盛り上がりでしたけど、「果たしてスポーツ紙の紙面で、ここまで大きく取り上げることなのか?」という葛藤もありました(笑)。

B それを言ったら週刊誌だってそうですよ。副編集長から上のクラスは、「瀧逮捕で不仲に、電気グルーヴ解散へ!」という記事のプランを考えていたらしいけど、いくら取材しても、卓球と瀧が不仲になる気配がない。卓球は、そんなマスコミの思惑を見透かした上で、ああやってTwitterで暴れてたんだと思う。既存の芸能マスコミじゃ手に負えない相手だったってこと。

C 卓球はマスコミに厳しかったけど、好意的なリプを送ってくる一般人にも、決して手を緩めなかったですよね。「マスゴミを訴えましょう」なんて言ってくるアカウントに対して、「それじゃ相手と同じレベルになっちゃう」と言わんばかりに詰めていたこともありました。

A それでもしぶとく、「卓球不謹慎ツイート!」なんて煽るメディアもありましたが、基本的に我々は“白旗ムード”でした。

C NGT48の騒動はどうですか? ファンとみられる男性による山口真帆暴行事件が発端となり、グループが再スタートするほどの事態に発展しました。

A 一応、すでに山口は大手プロダクションへの移籍が内定していて、同時に卒業を発表した2人のメンバーも、山口とは別の事務所に移籍するという流れになっていますね。

B 世間が求めている情報は、つながっていたファンに山口の帰宅時間を教えたメンバーは誰か、それから、運営上層部の事件隠蔽の全貌なんじゃない?

A そうですね。どれだけ取材して記事を書いても、山口にとって不利になりそうな情報だと、途端にネット上で「運営の手先だ」とバッシングされてしまう面もあるんですよ。

B いまや「週刊文春」(文藝春秋)まで、運営からお金をもらって記事を書いてる……なんて扱いをされているもんね。

A 確かに、AKSの対応はひどかったですし、バッシングされるのは当然。メンバーがファンとつながるというのも悪しきことだと思います。しかし、「事件に関係しているっぽい」というウワサだけで、ほかのメンバーが叩かれるのは、ちょっと違うな……と。実際に取材した結果、ネット上でほぼ“クロ”と断定されいるメンバーが、まったく無関係であることもわかりましたし。

B 運営サイドは、「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測できるような帰宅時間を伝えてしまったことを確認した」とは言っているけれど、暴行事件の犯人に対して「山口を襲ってこい!」などと教唆したメンバーは、実際にいなかった、と。

A いたらとっくに解雇されているし、警察も捜査していたわけですから、そう考えるのが自然なのですが……。

B そうなると、もはや「世間の求めている真相が、実際の真相とまったく噛み合っていない」という状況だね。

A ただ運営には、山口ら卒業メンバー、そしてNGTメンバーの行く末をもっと思いやってほしいものです。

(後編につづく)

関連記事(外部サイト)