TOKIO・松岡昌宏、「何で付き合わないの?」と米倉涼子との関係問われ“意味深”返答

TOKIO・松岡昌宏、「何で付き合わないの?」と米倉涼子との関係問われ“意味深”返答

ジャニーズ事務所公式サイトより

 TOKIOの冠番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)が、5月29日に放送。この日は女優の米倉涼子がゲストとして登場した。

 街行く人にゲストの印象を聞く「イメージ調査」のコーナーでは、VTRで一般女性から米倉に対するさまざまなイメージが寄せられており、スタジオでも城島茂が「スタッフを呼び捨てにしなさそう」と印象を語る一幕が。続けて「年下であろうと『中島さん』とか『さん』付けで。『くん』とか」と予想するも、米倉からは「あだ名とか(で呼ぶ)」と、斜め上の回答が飛び出す。

 その理由について、米倉は「忘れちゃわない」と説明。これを受け、国分太一が「城島さんは(スタッフを)どうやって呼んでるんですか?」と質問すると、城島は「名字。あんまり考えたことないなあ」と答えていた。ここで、松岡昌宏が「でもこの人、8割敬語じゃないですか? 番組スタッフにでも、うちのマネジャーでも。俺以外はみんな『〇〇くん』かな?」と、城島の礼儀正しい一面を明かす。そんな城島の姿勢を米倉は「素晴らしいですね」と絶賛していたが、国分は「松岡はなんで『松岡』なの?」とツッコミ。これに城島は「飲んでるときは『先生』(をつけて呼ぶ)」と“お酌”をする仕草をして見せ、爆笑をさらっていた。

 そんな中、米倉とプライベートでも仲が良い松岡は「周りから“強い女”というイメージを持たれていることがうれしくなさそう」とコメント。さらに「この人、日本の芸能界で3本の指に入る“オンナ”だもん。みんな男っぽいって言ってますけど、女性ですよ」と、米倉の印象を明かす。この発言を聞き国分が「2人は(何で)付き合わないんだろうね?」と茶化したが、松岡は「ひとつ屋根の下にいないからですよ。いたらわからなくなっちゃう」と、意味深な理由を語っていた。

 また、「23区23時のオンナたち」のコーナーでは、平成から令和に代わる瞬間に「電話をしていた」という女性3人組が登場。これをきっかけに、国分が「何してましたか?」とメンバーに質問すると、松岡が「“カウントダウン”してました」と答える。「近所のおじちゃんとおばちゃんとね、5人くらいでシャンパン開けて飲んだ」「みんなもう眠いから、乾杯して15分くらいで『はい、じゃあ解散!』って」とやや不満げに語っていた松岡だが、米倉は「うれしそうな顔してるよ?」と指摘。これには松岡も照れながら「面白かった」と漏らし、仲の良さをうかがわせた。

 この日の放送に視聴者からは、「本当、なんでこの2人は付き合わないんだ!?」「松岡くんと米倉さんは、本当に親友って感じがしていいなあ」「これからもこの関係性でいてほしいと思っちゃう」「メンバーからのお墨付きで、お付き合いをゴリ押しされる松岡さんと米倉さん、すごすぎる(笑)」など、松岡と米倉のたわいもないやり取りに注目していたようだ。
(福田マリ)

関連記事(外部サイト)