逮捕された元ジャニーズの今――大麻所持・田中聖、覚せい剤・赤坂晃ほか詐欺犯も

逮捕された元ジャニーズの今――大麻所持・田中聖、覚せい剤・赤坂晃ほか詐欺犯も

ジャニーズ事務所公式サイトより

 5月22日、元KAT-TUN・田口淳之介と交際相手の元女優・小嶺麗奈が、大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕され、世間に大きな衝撃を与えた。その後の一部報道によれば、田口は関東信越厚生局麻薬取締部(麻取)の調べに対し、「約10年前から大麻を使用していた」と供述したという。“現役時代”に薬物に手を染めていたとわかり、KAT-TUNファンは「10年前って……裏切られた気持ち。私の青春返して」と、ショックを受けている。一方で、田口のようにジャニーズ事務所を退所し、逮捕された“アウトロー”たちは現在どんな生活を送っているのか――?

 KAT-TUNの元メンバーといえば、田中聖も東京・渋谷区の路上で大麻を所持していたとして、2年前に現行犯逮捕されている。そもそも田中はグループ所属時代に副業のバー経営などが問題になっており、ジャニーズ側は「度重なるルール違反行為があった」ことを理由に、2013年9月末をもって契約解除に踏み切っていた。退社翌年の10月には自身がボーカルを務めるバンド・INKTの始動を発表し、再びファンの前に登場。しかし17年5月、車内から大麻が見つかり、大麻取締法違反容疑で逮捕されるも、本人は「車の中にあったものは自分のものではない」と、容疑を否認。尿検査では大麻の陽性反応も出たが、東京地検は「犯罪事実を認める十分な証拠を収集できなかった」と説明し、不起訴処分となった。

 この一件でINKTは解散したが、同年12月末に歌手活動を再開。今はソロの「KOKI」名義になり、サポートメンバーとともにライブハウス等で歌を届けている。

「全国各地を飛び回ってさまざまなライブに出演し、19年2月からは個人名になって初のツアー『Tanaka Koki presents Easter TOUR2019』を開催しました。5月11日に千葉・柏で行った『Knock Out Kashiwa Idiot 〜THE 2MAN〜』は、“田中聖”をゲストに招きKOKIと対バン。田中聖バージョンで久しぶりにダンスを披露したそうで、SNS上のファンも『田中聖さんのダンス、KOKIくんの歌とパフォーマンス、どれをとっても最高のライブだった』と喜んでいました。ライブやリリース情報の告知の際は、自作と思われる動画をTwitterに公開するなど、ファンを楽しませるエンターテイメント精神は健在です」(ジャニーズに詳しい記者)

 動画は実家で撮影しているのか、撮影用にカツラを被ったまま部屋から出たところ「お袋と目が合って『ちょっと誰か病院連れてってー!こいつヤバイ!』って言われたのが撮影のハイライト」(5月5日)などと、裏話をツイートするお茶目な一面も。弟の田中樹はジャニーズJr.内ユニット・SixTONESのメンバーで、彼らは「次期デビュー候補」とも言われている。兄の聖には、もう二度と変な間違いは起こさないでほしいものだ。

 かたや、ジャニーズ在籍中に不祥事を起こしたのが、元光GENJIの赤坂晃。07年10月28日に覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕され、使用を認めたことから、ジャニーズは翌日の29日付で赤坂の解雇を発表。執行猶予3年の有罪判決を受けたが、再び09年12月に覚せい剤所持・使用が発覚。今度は懲役1年6月の実刑判決が下り、12年まで服役した。出所後は、経営するバーで働いていたが15年8月に舞台『ニライカナイ〜ウロボロスの宝玉〜』で芸能界にカムバック。そして、昨年6月に新曲「夢のつづき」を配信リリースし、音楽活動を本格的に始めた。

 現在はライブを中心に活動を展開し、今年2月のステージで元光GENJI・諸星和己と共演。5月7日・8日にも兵庫と大阪でバースデーライブを開いたばかりだ。参加したファンのレポートによると、赤坂はグループ時代の思い出を語ったほか、光GENJIコーナーでは「ガラスの十代」「STAR LIGHT」といった往年の名曲で観客を魅了したという。

「8月20日・21日に赤坂本人がストーリー仕立ての構成を企画した『premium acoustic Live 2019』を都内で行う予定です。しばらく地上波のテレビで見る機会はなさそうですが、今もなお彼を応援するファンは多数存在し、足繁くライブに通っているよう。また、俳優・小野寺丈が初監督を務める映画『7ナナ』には、元Jr.内ユニット・Musical Academyの町田慎吾とともにキャストに名を連ねています。2月に町田は自身のTwitterで『今年撮影、来年公開と、まだ先のお話です』と報告しながら、『赤坂晃くんとの共演、感慨深いです』と、元先輩との再会に思いを馳せていました。ちなみに、赤坂は15年11月に沖縄・宮古島にて焼肉店『589(こはく)』をオープンし、オーナーを務めています。同店のFacebookを見る限り、最近でもお店に顔を出しているとか」(同)

 退所組は薬物の魔の手に引きずられやすいのか、元男闘呼組の成田昭次も、09年に大麻取締法違反(所持)の疑いで、現行犯逮捕されている。成田は1993年のグループ解散後、ジャニーズに残ってソロに転向。98年2月に退社し、バンドを結成するなど歌手業を続けていたものの、逮捕後に執行猶予3年が言い渡されると、表舞台から消え去ってしまった。しかし先日、男闘呼組主演映画『ロックよ、静かに流れよ』の公開30周年記念上映に元メンバー・岡本健一が出席。その際、成田と連絡を取り合っている旨を明かし、ファンが歓喜した。岡本いわく、成田は元気に暮らしているといい、今回の上映のことを教えると、「俺もこの映画が大好き」「みんなによろしく伝えて」と、話していたそうだ。

 一方、薬物以外の犯罪で世間を騒がせた元ジャニーズが、意外な転身を遂げていることがわかった。それは、小嶺と同じくドラマ『3年B組金八先生』第4シリーズ(TBS系、95年〜96年放送)に生徒役でレギュラー出演し、一時的に有名なJr.だった榎本雄太。退所後の09年6月に失業者を装って失業保険をだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕された後、処分保留で釈放、起訴猶予処分となった。本人のインスタグラムによれば、現在は経営者、コンサルタント、投資家など複数の肩書を持っている様子。そんな中で、あの“いわくつき女医”のプロデュースに携わっているとか。

「16年に美容クリニックの診療報酬不正受給事件で懲役3年、執行猶予4年の判決を受けた脇坂英理子氏です。かつては“タレント女医”としてテレビにも登場し、ホストクラブで豪遊するなど、派手な私生活をバラエティで公開していました。昨年5月、脇坂氏が『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)で事件後初めて騒動に言及した時に榎本が更新したブログによれば、彼女とは旧知の仲で、今は『執筆活動やメディアの仕事をプロデュース』しているそうです。自身は不起訴にもかかわらず、『元ジャニーズ逮捕って それだけがひとり歩きして 弁明も弁解の場所もなく 当時、死にそうなくらいの 社会的制裁を受けました』と、つらい思い出を回顧。医師免許を持っている脇坂氏はそのブランドを利用された“ある意味被害者”だと擁護した上で、今後も慎重に仕事を選んでバックアップしていくとつづっていました」(同)

 このように、過去に逮捕された元ジャニーズたちは紆余曲折を経て芸能界や一般社会で奮闘中。田口にどんな法の裁きが待っているのかはまだわからないが、今一度取り巻く環境を見直し、まずは薬物から足を洗うべきだろう。

関連記事(外部サイト)