山下智久、新曲が7年ぶり初日5万枚超え! 『インハンド』苦戦も「十分な売り上げ」

山下智久、新曲が7年ぶり初日5万枚超え! 『インハンド』苦戦も「十分な売り上げ」

ジャニーズ事務所公式サイトより

 自身が主演を務める連続ドラマ『インハンド』(TBS系)のオープニングテーマに起用されている新曲「CHANGE」をリリースした山下智久。6月18日付のオリコンデイリーシングルランキングでは5万1,441枚を売り上げ、発売初日から1位に輝いた。2012年7月発売の「LOVE CHASE」に次ぐ好スタートを切ったものの、週間ランキング発表までに他アーティストの猛然を受ける可能性もありそうだ。

 2月発売の「Reason/Never Lose」に続いて、今年2枚目となるシングル「CHANGE」は、CDのみの完全生産限定盤と通常盤、CD+DVDの初回生産限定の3種類で販売。全国のCDショップや一部ネットショップで買った場合、オリジナルA5サイズクリアファイルのプレゼントがつくほか、CD封入のシリアルコード1つにつき、希望の回に応募できる「山下智久『CHANGE』スペシャルプレミアイベント」キャンペーンを実施中。イベントは7月3日と4日に都内、大阪府某所で行うもので、両日2回を予定しているという。

 前述の通り、同作は4月期の『インハンド』のオープニング曲だが、ドラマは初回に11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲った後、第10話までに7〜9%を行き来するなど低迷。初回が最高視聴率のまま、21日の最終回を迎えることとなった。また、視聴者の間では山下の滑舌について、「現場でどうしてOK出るの? ってレベルで台詞が聞き取れない」「主人公はこういうキャラクターなんだろうけど、声が小さすぎて聞こえない」「声を低くしてボソボソしゃべってるからダメなんだよ」と、手厳しい声が相次いだ。

 ドラマ自体は“ヒット”とは言い難い数字をマークしていたが、新曲「CHANGE」は5万台で首位の滑り出しに。前作「Reason/Never Lose」は、約5年半ぶりのシングルだったものの、初日3万7,251枚で3位に初登場。週間ランキングでも6万5,156枚に留まり、STU48の「風を待つ」(27万6,316枚)に大敗を喫していた。

「それに比べ、今作は初日で5万台ですから、ソロアーティストとしては十分な売り上げでしょう。19日付のランキングでは1位をキープし、1万1,873枚がプラスされ、合計6万3,314枚となりました。2日で前作の週間データに近づくなど、順調に売り上げを伸ばしています。『Reason/Never Lose』以前のシングルは『SUMMER NUDE ’13』(13年7月)が初日に4万9,761枚、『怪・セラ・セラ』(13年3月)は4万7,614枚と4万台が続き、『LOVE CHASE』(12年7月)が5万4,244枚でした。『CHANGE』のデイリー記録は、この『LOVE CHASE』に最も近い高数字です」(ジャニーズに詳しい記者)

 イベントの応募期間は6月18日〜23日午後11時59分までとあって、熱心な山下ファンは発売後すぐに商品を手に取ったのだろう。一方、18日付ランキングの2位は6人組の男装アイドルユニット・風男塾の「Dash&Daaash!!」で、売り上げは1万5,038枚。2日目は9位にまで転落してしまったが、今後追い上げを見せる可能性もあるようだ。

「風男塾は2007年の結成以降、メンバーの卒業と加入を繰り返しながら活動を続けており、根強いファンを擁しています。新曲リリースにあたっては、19日に都内でCD購入者向けのトークライブ・特典会を敢行。さらに、20日は池袋でミニライブ・特典会(個別握手会・撮影会)を開き、21日〜23日にかけても愛知、兵庫、神奈川でリリースイベントを実施します。週間ランキングの締め切りまでに、山下ファンはどれだけ対抗できるのか……」(同)

 山下といえば、5月16日にジャニーズ事務所のタレントとしては初となるインスタグラムのアカウントを開設し、フォロワーは6月中旬時点で300万人を超えている。また、先日は日欧共同で製作される動画配信サービス・Huluのオリジナルドラマ『THE HEAD』(全6話)への出演が明らかになったばかり。メインキャストの研究員という役どころで、12週間にわたってスペインとアイスランドで行われる海外ロケに参加し、全編英語のセリフに挑戦するという。

 このように、ジャニーズ内でも類を見ないワールドワイドな活動を展開している山下。前作「Reason/Never Lose」が1位を逃したこともあり、歌手業を継続していくには、今作の週間売り上げが鍵となりそうだ。

関連記事(外部サイト)