関ジャニ∞、『ジャニ勉』ナイツ・塙宣之に「怪しい!」「事件起こす!」と大騒ぎのワケ

関ジャニ∞、『ジャニ勉』ナイツ・塙宣之に「怪しい!」「事件起こす!」と大騒ぎのワケ

ジャニーズ事務所公式サイトより

 関ジャニ∞の冠番組『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)。6月26日深夜の放送は、漫才師・ナイツをゲストに迎えてトークが展開された。

 今回は、ドラマ『警視庁・捜査一課長?season3』(テレビ朝日系、2018年)にレギュラー出演していたが、「演技がヘタすぎる」とネット上を騒然とさせた、ナイツ・塙宣之に“演技指導”をする場面が。塙は「ドラマをたくさん見れば演技がうまくなるのでは」という考えから、毎日欠かさずドラマ観賞をしているらしく、今春は14本も見ていたそう。もちろん、錦戸亮出演の『トレース〜科捜研の男〜』(フジテレビ系)と、丸山隆平出演の『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!〜この女に賭けろ〜』(テレビ東京系)もチェックしていたといい、錦戸・丸山は思わず「ありがとうございます!」と立ち上がってお礼を述べていた。

 その後、演技がもっとうまくなりたいという塙のために、関ジャニ∞の“演技担当”メンバーによって、直接指導が行われることに。

 まずは、塙いわく「ネットが最もざわついた」というシーンを、錦戸相手に再現。事件解決後の車の中で運転手と刑事が語り合うという場面なのだが、運転手役の塙が挙動不審で“犯人”のように見えてしまい、これには刑事役の錦戸も苦笑い。他メンバーからも「怪しい!」「事件起こす!」と大騒ぎで総ツッコミを受けていた。その後、“月9主演俳優”の錦戸がお手本を見せ、もう一度塙が運転手役を演じてみたのだが、やはりぎこちないままで上達の気配が一向に見られない。

 そこで村上信五の提案により、丸山が運転手役、錦戸が刑事役となり、塙は第三者として2人の演技を見ることに。しかし、丸山と錦戸は恥ずかしさからかふざけてしまい、グダグダのまま実演が終了。それでも「本当に演技を学びたい」という真剣な塙のために、最後は大倉忠義が運転手役・錦戸が刑事役となり、お手本を見せることとなった。

 足取り重く、嫌々参加しているように見えた大倉だったが、即興で自然な演技を見せ、村上は「これや!」と大絶賛。大倉の名演技見ていた塙は、「コツを掴んだ!」と自信満々で再度演技に挑んだものの、やはり挙動不審な動きが抜けず、メンバーは大爆笑。関ジャニ∞の指導むなしく、残念ながら塙の演技は上達しなかった。

 この日は関ジャニ∞メンバーの演技指導にファンの反響が大きく、「みんなの即興演技見れたのうれしかった!」「さすがたっちょん、演技うまい! かっこいいな〜!」「亮ちゃんと丸ちゃんの共演、最高に贅沢なシチュエーション!」と、塙のおかげでネット上が大いに沸いたのだった。
(アズマミサト)

関連記事(外部サイト)