宮迫博之と田村亮“クーデター会見”の舞台裏――吉本興業・岡本社長も「捨て身」求められる展開に

宮迫博之と田村亮“クーデター会見”の舞台裏――吉本興業・岡本社長も「捨て身」求められる展開に

宮迫博之と田村亮“クーデター会見”の舞台裏――吉本興業・岡本社長も「捨て身」求められる展開にの画像

 雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮の“クーデター記者会見”が、芸能界を大きく揺るがしている。宮迫は7月19日、吉本興業より、契約解消を通知され、その翌日、吉本サイドには一切の連絡をすることなく、亮とともに会見を敢行。闇営業騒動の当初、宮迫はバッシングにさらされる状態が続いていたが、会見で吉本興業社長・岡本昭彦氏の“暴言”を明かしたことで、世論は「吉本悪し」の流れに変わりつつある。

 2人は、詐欺グループの忘年会で闇営業を行い、ギャラをもらったこと、また当初、会社や世間に対し、「金銭授受の事実はない」と嘘をついたことを謝罪し、同時に吉本サイドの“パワハラ”について暴露を行った。岡本社長は、謝罪会見を希望する亮に対して「会見するなら連帯責任で全員クビ」と言い放ち、「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫」などという圧力めいた発言もしていたという。

「さらに宮迫は、闇営業先となった反社組織は、吉本の別イベントの正式なスポンサーであり、社員も同席していたとも話していました。会見や謝罪を行うべきは、吉本サイドも同様だと言わんばかりの“暴露”でしたね」(スポーツ紙記者)

 宮迫と亮の会見を受けた多くの吉本芸人たちは、2人に“同調”。SNSに始まり、テレビやラジオでも、吉本に批判的なスタンスを明確に打ち出した。

「明石家さんま、ダウンタウン・松本人志のツートップも、宮迫のフォローに回ることを明言。彼らにしても、2人の行為には憤りを覚えたはずですが、それでもまず改善すべきは、吉本側の悪しき体質だと判断したのでしょう。結果、岡本社長は会見せざるを得なくなりました」(同)

 2人の会見終了後には、報道陣と関係者が押し問答になる一幕もあったというが、それも結果的に、メディア側に好印象をもたらすことになったそうだ。

「会見後、一部の限られたメディアにしか会見の案内が届かなかったこと、また会見に関する問い合わせ先がなかったことに疑問を抱いた報道陣が、司会者に詰め寄ったのです。特に『問い合わせ先がない』というのは問題で、例えば、会見の発言に明確な誤りがあったときや、今後新たな事実が判明したときなど、マスコミはどこに事実確認をすればいいかわからず、絶対に混乱が生じてしまう。そのため、司会者と報道陣が揉めるような展開になってしまったのですが、そうこうするうちに、2人が再び姿を現して、低頭平身『そこまで考えが及ばなかった。早急になんとかしてすぐにご連絡できれば』と、誠意ある対応を見せたんです。こうした姿を見て、『準備期間もないほどの切迫した状況で、この捨て身の会見を開いたんだ』と、あらためて2人に心を動かされた報道関係者は少なくなったようです」(テレビ局関係者)

 宮迫と亮の会見を受け、今度は吉本が“捨て身”になって、事態を収束させなければならなくなった。今日は吉本にとっての“運命の一日”になるかもしれない。

関連記事(外部サイト)