釈由美子「1000万円給料未払い疑惑」デヴィ夫人「4000万円毛皮破損訴訟」! トラブル発生中

釈由美子「1000万円給料未払い疑惑」デヴィ夫人「4000万円毛皮破損訴訟」! トラブル発生中

釈由美子「1000万円給料未払い疑惑」デヴィ夫人「4000万円毛皮破損訴訟」! トラブル発生中の画像

編集G あれだけ大騒ぎした吉本興業の騒動も、ここ数日でなんだか一息ついた感じだね。

しいちゃん 新たな芸能事務所VSタレントのトラブル発生だよ。芸能事務所・トミーズアーティストカンパニーの代表取締役社長に就任した倉持賢一氏が、釈由美子の「1000万円にのぼる給料の未払い」と、それに耐えかねた釈の「ブチ切れ独立」を、「フラッシュ」2019年8月13日号(光文社)で明かしたの。倉持氏は6月末に社長に就任したばかり。給料未払いは前社長時代に起きたらしい。ところが、釈自身が7月30日に自身の公式ブログで「この度の報道の発端はトミーズアーティストカンパニー代表の倉持氏が記者さんの取材にお答えして記事になったものです。本来ならタレントの情報について、注意深く管理しなければならないはずの事務所から、不用意にこのような情報が出されたことに正直困惑していますが記事の内容について誤解を招く間違った内容も多く見られましたので、訂正させていただきます。詳しくは事務所の発表の方でもお伝えしておりますので、ご確認頂けますと幸いです」と発表。

編集G 給料未払いがあったら一般的にはタレント側が告発するものだけど、新社長が暴露して、その誤りをタレント側が指摘するという珍しいケースね。

しいちゃん 釈は「今後につきましては、トミーズアーティストカンパニーと協議のうえ進んで参ります」とのこと。事務所側も、「『1年半に渡り、弊社がタレント釈由美子に給与を支払っていなかった』という報道がございますが、これは事実と異なります。ただし、数年に渡り本来支払うべき金額を過少に見積もった金額をお支払いしていたことは事実であり、積算された本来受け取る金額との差額について、釈氏と協議の上、支払い計画を講じて支払いをしております。報道の通り釈氏は4月に個人事務所を設立し、現在は弊社と業務委託契約を結んでおります。これらの経緯が未払い問題に端を発した、記事にあるような『ブチ切れ独立』ということでは全くございません」と否定。

編集G 釈って、こんな話でしか出てこなくなったね〜。ブログを見たら、近年は山登りにハマってるみたいよ。心を消耗した女は、自然に抱かれたくなるのね。

しいちゃん トラブルといえば、草刈正雄の娘・紅蘭もすごい。知人男性への暴行容疑で逮捕されたラッパーのRYKEYこと下田ムトアリッキー容疑者と事実婚を解消したことを、7月21日の公式インスタグラムで発表。リッキー容疑者と面会し「お互い別々な道を歩むことになりましたが 前向きな話し合いができました」「ニュースになってからは別れに対して 子供に対することなど 彼といたことなど 色々批判ありますが 私はこの決断は間違いだと思わないし 彼を1度は信じて待っていたから 娘に出会うことができた 後悔なんてあるわけないです」と綴っていたよ。「週刊新潮」2019年7月25日号(新潮社)によると、紅蘭は約4年にわたってリッキー容疑者からDVを受けていたそうで、包丁を突きつけたり、携帯を壊され、割られたこともあったとか。7月に入ってから4日に暴行事件を起こすまでは、リッキー容疑者はストロングゼロを10本一気飲みするなど、酒を浴びるように飲んでいたそう。16年にも紅蘭へのDVと覚醒剤の使用が発覚して1年間服役している。

編集G 怖いよ。4年間も我慢しすぎだし、「後悔なんてあるわけないです」って、少しは後悔した方がいいって! ストロングゼロ10本も一気飲みするような人間、一般社会にはいないし。

しいちゃん 今回、リッキー容疑者が起こした暴行事件は、逃げ出した紅蘭を追い掛けてきた事務所と同じフロアのアパレル会社で発生。暴行を受けたスタッフは鼓膜が破れ、片目が開かずに神経が傷つき、もう1人のスタッフも全身打撲。ネットでは「周りに迷惑かけすぎ」「男運が悪いどころの話ではない」「こんな男と付き合った紅蘭も自業自得」と非難する声が多い。

編集G スタッフの方、大ケガしてるじゃん。それで「後悔なんてあるわけないです」って言いきられちゃたまったもんじゃないね。事実婚を発表した当初からいろいろと心配の声はあったし。お父さんはいい男なのに、なんでこんな暴力男に引かれちゃうかね……。

しいちゃん 同じく「週刊新潮」19年7月25日号(新潮社)には、デヴィ夫人のトラブルも掲載されてる。デヴィ夫人は、17年12月、グランドプリンスホテル高輪で開かれたクリスマスパーティーに出席。会場で毛皮のコートを従業員に預けたところ、右腕部分が破損して返ってきたんだって。記事によるとこのコートは4000万円もするとか。ホテル側は「最初から裂けていた」と説明。今年5月、デヴィ夫人はプリンスホテルに対して、慰謝料等100万円、修理費用等64万8,000円、弁護士費用17万円の計181万8,000円の損害賠償を求める民事裁判を起こしたとのこと。

編集G お値段4000万円、修理費に64万円ってマンションの価格レベル。金って、あるところにはあるもんなのね。それにしても釈由美子、紅蘭、デヴィ夫人って濃い並びだわ〜。味が濃すぎて、今夜もビールが進みそうだよ!

関連記事(外部サイト)