TOKIO、「LINEアイコン」を告白! “ガラケー”松岡昌宏は「メアドずっと一緒ッス」と得意気

TOKIO、「LINEアイコン」を告白! “ガラケー”松岡昌宏は「メアドずっと一緒ッス」と得意気

ジャニーズ事務所公式サイトより

 TOKIOの冠番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)が、8月7日に放送され、ゲストに元HTK48・指原莉乃が登場。TOKIOメンバーの“LINE事情”が明らかになった。

 「嫌いな男と女の行動」というトークテーマにて、指原が「LINEのアイコンを頻繁に変える男」について迷わず「許せない!」と断言。これに長瀬智也が、「ちなみに僕は変えないですね」と言うと、国分太一も「俺も変えない」と続き、城島茂も「そのままにしっぱなし」と、3人ともアイコンを変えないと明かした。

 そんな中、いまだ“ガラケー”の使用を公言している松岡昌宏について、国分が「あの……(松岡は)LINEはやってないです」と指原に紹介すると、長瀬が「彼も変えないタイプかな」と推測。これに松岡は、得意げな表情で「メアド、ずっと一緒ッスよ」と話していたが、これには全員が爆笑。国分は「なんとか努力して参加しようとした!」と松岡をフォローするも、指原からは「メアド、ちょっと関係ないです!」と鋭いツッコミが。

 指原いわく、LINEのアイコンを頻繁に変える男性は「信用できない」とのことで、松岡は事情がわからないなりに、「まあ、それぞれだよね……」「それなりに?」と合いの手を入れて会話に参加。そんな中、それぞれLINEのアイコン写真を明かしていくことになった。長瀬は「2歳くらいの子どもの時の写真」と言い、「アイコンの横にメッセージが来るでしょ。だから顔写真のアイコンがしゃべってるみたいに、吹き出しになったらかわいいなと思って」とその理由について説明。

 また、国分は「俺は神無月さんがフレディ・マーキュリーのマネしてるアイコン」と明かし、理由は「大好きで!」とのこと。なんでも、ものまねタレントの神無月と一緒に仕事した際、フレディ・マーキュリーのものまねが面白かったらしく、その場で写真を撮らせてもらったそう。「それがどうしてもお気に入りになったから、自分のアイコンにした」と語っていた。一方、城島はなんと“デフォルトの人影画像”だそう。「(変更の)やり方がわからんから……」と話していたが、指原からは「ギャップがあって、いいなと思いました!」と、意外にも高評価を得ていた。

 この日の放送に視聴者からは、「松岡くんのガラケー自虐、相変わらず面白い(笑)」「必死に『メアドずっと一緒』アピールした松岡くんがかわいすぎた!」「TOKIOのLINEアイコン、個性出すぎでしょ!」という声が集まった。
(福田マリ)

関連記事(外部サイト)