オードリー・春日が新居に引っ越し、川越達也シェフに新動向――今週の芸能トピック

オードリー・春日が新居に引っ越し、川越達也シェフに新動向――今週の芸能トピック

オードリー・春日が新居に引っ越し、川越達也シェフに新動向――今週の芸能トピックの画像

編集G もう8月も後半、夏が終わるね……特に思い出はないけど。そういえば小泉進次郎が結婚したね。

しいちゃん 8月7日に結婚を発表した自民党の小泉進次郎衆院議員と滝川クリステルね。世の中では「進次郎ロス」が広がっているそうだよ。鈴木紗理奈も同日、自身の公式インスタグラムのストーリーズで、「進次郎が結婚する ショック死」「立ち直れない 進次郎ショック」とアップ。自撮り写真に鼻血と目の下にクマの落書きをして「体調壊しました。当分連絡は控えてください」という文言を添えた画像も載せたの。鈴木は2008年12月、レゲエユニット・INFINITY 16のTELA-C(テラシー)と結婚、10年に長男を出産、13年に離婚している。

編集G もうその情報だけでおなかいっぱいだよ。木下優樹菜とインスタグラムで交互で騒ぐシステムでも埋め込まれてるのかしら。

しいちゃん ま、ネットでも「木下優樹菜みたい」と言われてる。「進次郎が結婚相手に紗理奈を選ぶわけない」「40過ぎて子どももいるのに恥ずかしい」「進次郎はアイドルじゃないのに」と冷めた意見が多いね。一部では「進次郎ロス」で「支持者が激減するのではないか」とも。

編集G それより杏と取り合った元カレ・小澤征悦から進次郎という流れ、滝川はなかなかの二世好きよね。キー局アナウンサーになれずに共同テレビからここまで這い上がってきた野心、恐れ入るわ!

しいちゃん 8月9日放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系)には、10年ごろイケメンシェフとして話題となった川越達也の古くからの友人でタレントの吉田真希子が出演。吉田の元に川越から手紙が届けられ、川越は「僕は今、長野で子育てをしています。信じられないと思いますが2人の娘の父親になりました」と近況を報告してた。「今は家族中心と子育てのためにしばらくレストラン業をお休みしておりましたが、長女が3歳になったらレストランを再開しようと思ってました。今、東京の中目黒でオープンの準備をしている最中です」だって。どうよ、「川越ロス」になってなかった?

編集G ロスもなにもすっかり存在を忘れていたよ。イタリアンだかフレンチだかのシェフなのにキムチのパッケージになったり、CDを出したり手広くやっていたよね、確か。それに吉田真希子って誰!? 有名人?

しいちゃん 一時はカリスマシェフとしてもてはやされていたけれど、「サイゾー」2013年6月号のインタビューで、ネットの評価サイトについて、「くだらない」「人を年収で判断してはいけないと思いますが、年収300万円、400万円の人が高級店に行って批判を書き込むこともあると思うんです」とコメント。さらに、自身のレストランが「水代だけで800円取られた」などとネットで批判されたことに対して、「当たり前だよ! いい水出してるんだもん。1000円や1500円取るお店だってありますよ。そういうお店に行ったことがないから“800円取られた”という感覚になるんですよ」と反論して猛バッシングに遭い、メディア露出が激減。東京・代官山のフレンチレストランを始め店舗をすべて畳んだの。「週刊文春」17年3月30日号(文藝春秋)の取材では、「できることなら世の中の人から僕の存在は忘れてもらいたいくらいです」と答えていた。

編集G あんなにメディアに出まくっていたのに、「川越ロス」どころか最初からいなかったような気すらしてしまう世の中って怖いよね。

しいちゃん オードリー・春日俊彰は、8月3日放送のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、20年住んだアパートの「むつみ荘」から引っ越したことを報告。春日は4月に一般女性と結婚したばかり。「初めてに近いんですよ、引っ越しをするのが。実家からむつみだから、20年ぶりなわけよ」「引っ越しってどういうものかあんまりわかってなくて、単純にむつみをまんま移動すればいいと思ってたの」と明かし、前の日に奥さんが手伝いに来てくれたらしいんだけど、何も捨ててない、整理していない状態に「ばかやろう」と言われたとか。「『間に合わないだろ』って、『手伝うからやろう』と、いるものいらないもので分けていく。バンバン捨てるのよ。いや、ゴミじゃないものよ? 『ゴミじゃない』『ゴミだろう』というくだりが、すごいあるわけ」と言いながら、なんとか間に合ったらしい。

編集G その光景、目に浮かぶわ。友達の引っ越しを手伝ったとき、同じくだりした。あるあるだね。

しいちゃん それで最後に「出ようとしたら、下で大家さんの息子さんと娘さんがいて、挨拶するじゃない。わざわざ来てくれて『20年間ありがとうございました』『こちらこそ』なんて言ってくれてさ、『新しい門出のお祝いに』って花束をもらってさ。引っ越しっていうと花束もらえるんだね」「寂しいんだよね。引っ越ししてから1週間くらいたってるんだけど、毎日、むつみ荘を見に行っちゃう。むつみ荘経由で帰っちゃうの(笑)」だって。

編集G 20年間も住めばロスになるのかね。バラエティ番組のネタとしてもたびたび登場していたから、お茶の間にもむつみ荘に愛着持ってる人がいるんじゃないの?

しいちゃん そうだね。下積みの頃ならともかく有名になっても、世間に住所がバレて小学生にピンポンダッシュされても、家賃3万9,000円の風呂なしアパートに住み続けるなんて春日くらいなもんだよね。過去のインタビューでもたびたびむつみ荘について語っていて、「見た瞬間『ここに住みたい』と即決でした。完全に“ビビビ契約”です」(「波」17年11月号/新潮社)ともコメントしている。

編集G このコーナーにしては珍しくいい話じゃん。むつみ荘、まだしばらくは観光名所としてファンが訪れたりするのかしらね。

関連記事(外部サイト)