元KAT-TUNの明暗! 赤西&山田孝之ユニットはオリコン2位、田口淳之介と田中聖は……

元KAT-TUNの明暗! 赤西&山田孝之ユニットはオリコン2位、田口淳之介と田中聖は……

元KAT-TUNの明暗! 赤西&山田孝之ユニットはオリコン2位、田口淳之介と田中聖は……の画像

 元KAT-TUN・赤西仁と俳優・山田孝之によるユニット・JINTAKAのデビューシングル「Choo Choo SHITAIN」(9月21日発売)が、20日付のオリコンデイリーシングルランキング2位に初登場した。同日には、同じく元KAT-TUNの田中聖がボーカルを務めるバンド・INKTのミニアルバムが発売されるなど、KAT-TUN元メンバーの動きが活発化している。

 かねてよりプライベートで交流があった赤西&山田。今年4月1日のエイプリルフールには、赤西が「本日発売 デビューシングル 『Choo Choo SHITAIN』」というコメントとともに、マイクの前に立つツーショット写真をインスタグラムにアップしたことが話題となった。そして8月10日、インスタグラムで「この度、私赤西仁は僭越ながら、私欲の都合により山田孝之とChoo Chooする事を決意致しました」と、山田とのユニットでCDをリリースすると発表した。

 今作は赤西と山田の共作(作詞/作曲)となり、EDM調の音楽の中で「ムラムラ」「ペロペロ」といった歌詞が繰り返される独特な世界観の楽曲。オリコンデイリーランキングでは首位に輝いたEXILE THE SECONDの「WILD WILD WILD」(2万4,511枚)に続いて2位に入り、初日で1万8,444枚を売り上げた。3位は同日発売のaikoの新曲「恋をしたのは」(1万3,851枚)で、有名アーティストに挟まれながらも、堂々のランクインを果たした。

「赤西個人の成績と比較すると、2014年発売のシングル『Good Time』は初日に2.9万を記録しており、今作はやや低めのスタートとなりました。デイリーで1位になったEXILE THE SECONDは強敵といえますが、週間ランキングの集計までにJINTAKAのシングルがどれだけ売り上げを伸ばすのか、注目が集まります。また、赤西は今年6月発売のアルバム『Audio Fashion』がオリコン週間ランキング2位に入り、初動は3.3万枚を記録。この時の週間1位は赤西の後輩だったKis-My-Ft2のアルバム『ISCREAM』(初週24.4万枚)でしたが、ソロアーティストの赤西は“辞めジャニ”の中でも健闘しています」(ジャニーズに詳しい記者)

 JINTAKAと同日には、田中が所属するINKTのミニアルバム『Life’s Color』もリリースされたが、こちらの売れ行きは芳しくないようだ。

「INKTのアルバムは、20日付のデイリーアルバムランキングで21位に。まだ売り上げ数が出ていませんが、3位の森山直太朗のアルバム『大傑作撰』が7,010枚のため、初日7,000枚以下は確定しています。INKTは前回のミニアルバム『サイサリス』(15年4月発売)が週間初登場48位だったので、今作でそれを上回りたいところですが……。赤西が個人で“成功”といえる活躍を見せる一方、田中のバンドはイマイチ波に乗り切れていません」(同)

 また、今年3月末をもってKAT-TUNを脱退し、9月1日に再始動を発表した田口も、新情報が続々と明らかになっている。田口は、11月にファーストシングル「HERO」を発売するが、販売形態は初回盤A・Bと通常盤、ファンクラブ限定盤A・Bの5種になるという。ファンクラブ限定盤は大阪と東京バージョンがあり、それぞれチケット付の4,500円で販売されるが、対象者はファンクラブ入会者のみだという。5種類ともジャケット写真は異なるものを使用するなど、こだわりが感じられる仕上がりとなっている。

 田口も赤西のようにソロで通用するアーティストになっていけるのか、今後の動向に期待が高まる。

関連記事(外部サイト)