福山雅治、映画『SCOOP!』大苦戦!! 前作『そして父になる』から興収“約5割減”の危機

福山雅治、映画『SCOOP!』大苦戦!! 前作『そして父になる』から興収“約5割減”の危機

福山雅治、映画『SCOOP!』大苦戦!! 前作『そして父になる』から興収“約5割減”の危機の画像

 1日に公開された福山雅治主演映画『SCOOP!』が苦戦している。オープニング2日間の興行収入には、「福山人気の陰りが見える」(芸能ライター)という。

 本作は、かつて凄腕カメラマンだったものの、現在は芸能スキャンダル専門のパパラッチになっている都城静(福山)が、新人記者・行川野火(二階堂ふみ)とコンビを組み、仕事に奮闘するが、次第に事件に巻き込まれていくという内容。『モテキ』『バクマン。』など、数々のヒット映画を手がけた大根仁監督と福山がタッグを組むということで、公開前から世間の注目を集めていた。

「そんな『SCOOP!』のオープニング2日間の興収は1億5600万円、動員は12万7000人で、映画ランキング初登場4位という結果に。ちなみに、2013年の福山主演作『そして父になる』は興収32億円を記録し、オープニング興収は3億1318万円、動員が25万3370人でした。『SCOOP!』は247スクリーン公開、『そして父になる』は309スクリーン公開でスクリーン数に差はあれど、オープニング興収がほぼ5割減となってしまいました」(同)

 鑑賞者からは、「ワイルドというか下品なキャラが、福山の新境地でいい!」と評価する声がある一方、「かっこいい福山がパパラッチを演じるっていうギャップが重要な作品で、福山ファンじゃなきゃ感情移入できなくて微妙かも」といった冷めた意見も出ている。

「福山は、昨年吹石一恵と結婚したことで人気が下がったといわれていますが、世間で決定的に“オワコン”認定されたのは、やはり4月クールの月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)の大爆死がきっかけ。全話平均視聴率8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、月9ワースト記録を更新してしまいました。かつて、同じくフジ月9『ガリレオ』シリーズで、第1シーズン(07年)全話平均21.9%、第2シーズン(13年)全話平均19.9%の高視聴率を叩き出し、劇場版も『容疑者Xの献身』(08年)が興入49.2億円、『真夏の方程式』(13年)が興収33.1億円と大ヒットしたことを踏まえると、ここ数年で福山人気が急激に落ち込んだといわざるを得ません」(同)

 公開がスタートしたばかりの『SCOOP!』だが、このまま動員が伸び悩むと、福山の役者生命の危機にもつながるかもしれない。

※画像は『SCOOP!』公式サイトより

関連記事(外部サイト)