片岡愛之助と藤原紀香は“似た者同士”――結婚式を通して見えた「センスと自意識」の共通点

片岡愛之助と藤原紀香は“似た者同士”――結婚式を通して見えた「センスと自意識」の共通点

片岡愛之助と藤原紀香は“似た者同士”――結婚式を通して見えた「センスと自意識」の共通点の画像

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。
<今回の芸能人>
「全てオリジナルのものを作らせていただきました」片岡愛之助
(結婚記者会見、9月28日)

 1人脳内ロイヤル・ウエディング、ここに極まれり。

 かねてより、私は「藤原紀香、脳内皇族説」を唱えているが、歌舞伎俳優・片岡愛之助との挙式での振る舞いやブログの記述を、「紀香、脳内皇族説」的観点から見ると、ますます「私ってロイヤル」な自意識が感じられるような気がしてならない。

 まず、紀香は婚約会見以来、「目を細めて微笑む」ようになったが、これは紀子さまの微笑みとよく似ている。また皇族方は、一般人における結婚式を「結婚の儀」と呼ぶが、紀香は披露宴のことを、なぜか「披露の儀」と呼んでいる。もうロイヤルが止まらないようである。

 紀香はオフィシャルブログで、自分と愛之助を「80億人の中から選ばれた出逢い」と“花嫁ハイ”丸出しの文章をつづってネット民から失笑を買ったが、結婚後の報道を見ていると、確かにこの夫婦には似通っている部分がある。それは、周囲からちょっと浮いているところだ。

 例えば紀香の場合、婚約会見の際に着ていた、誕生花であるダイヤモンドリリーとカサブランカをあしらったオーダーの訪問着が、服飾専門家や梨園筋から「梨園の妻としてふさわしくない」と酷評を浴びた。

 ここで思い出すのが、ほかの梨園妻のことである。成駒屋に嫁いだ三田寛子、中村屋に嫁いだ前田愛は、それぞれ義姉、義母の“おさがり”の訪問着、成田屋に嫁いだ小林麻央は、後援会からのプレゼントの振袖で会見に臨んだ。現代女性の感覚から言うと、「古いものを押し付けられた」と思うかもしれないが、伝統の世界に関していうのなら、これは“愛されている証拠”である。

 家に代々あるもの、後援会からのプレゼントということは、嫁としてふさわしい人物というお墨付きを得たことと一緒だし、周囲もケチをつけにくい。紀香の嫁ぎ先、松嶋屋は上方歌舞伎の名門で、舅姑も健在である。ノリノリで着物を作ることが、いかに恥ずかしいかを注意してくれそうなオトナはたくさんいるだろう。忠告を無視したのかもしれないが、結果として紀香は片岡家に歓迎されていない印象を世間に与えたのである。

 愛之助も、そんな紀香に似ている。「女性自身」によると、披露宴の最後に、愛之助は「本来なら父が挨拶するところですが」と断りをいれて自分が挨拶をしたという。大人同士の結婚なので、親が口を挟む必要はないと思ったのかもしれないが、婚約会見の着物の件と合わせて考えると、親子の仲があまりしっくりいっていない、もしくは孤立しているように感じられるのだ。

 また、披露宴の引き出物からも、2人が似たセンスの持ち主であることがわかる。水素水を作る生成器(愛之助の屋号が松嶋屋であることから、生成器は緑色。ケースには愛之助の毛筆による「愛をこめて」のメッセージ入り。それを包む風呂敷は愛之助の紋、追っかけ五枚銀杏がデザインされている)、6つにカットしたWAKOのバウムクーヘン(愛之助が六代目であることから6つにした)、フランク・ミュラーの皿、藍染めのノート、紀香の母方の故郷、和歌山のあんぽ柿。どこまでも“オリジン”と“オリジナル”にこだわった品々ばかりなのだ。

 おそらく「披露宴に来てくれた人に喜んでもらいたい、人とかぶらないものにしたい」という善意からの発想なのだが、このチョイスを喜ぶのは、愛之助や紀香と同年代で、同じ趣味嗜好の持ち主だけではなかろうか。市川海老蔵はバカラのグラスと高級かつお節に掛け袱紗、中村勘三郎はガラス鉢と和菓子、中村獅童は老舗の和菓子と高級漆器というように、ほかの歌舞伎俳優の披露宴では、招待客が使いやすい、「実用性の高い、老舗の定番」が引き出物に選ばれているのとは大違いである。

 歌舞伎界に身を置く愛之助は、当然、歌舞伎界寄りのセンスを持っているかと思いきや、案外紀香寄りである。愛之助は記者会見で、引き出物について「全てオリジナルのものを作らせていただきました」とアピールしていたが、上述した通り、多くの歌舞伎俳優はオリジナルを避けるし、婚約会見で妻がバッシングされたのはオリジナルのセンスが外していたことを理解していないようだ。

 さらに紀香と愛之助は、自意識も似ている。愛之助はオフィシャルブログで「歌舞伎の世界での披露宴というのは、奥さんをこの世界の方々にお披露目し、これからどうぞよろしくお願いしますという宣言と誓いの場なので必要なこと」、つまり披露宴とは歌舞伎に関わる人への挨拶の場と説明したが、その一方で「幸せのおすそ分け」として、ホームビデオで撮った結婚式の様子を、画像としてブログにアップしている。みんなが自分に興味があるはず、見たいはずという自意識は、紀香の「私ってロイヤル」な自意識に通じるものがあるのではないだろうか。

 ほめ言葉に弱い点も、2人は似ている。紀香は『藤原主義』(幻冬舎文庫)において「みんなにいい子と思われたい」とつづり、つまりほめられたがりだと認めているが、愛之助も同様である。というのも、披露宴の司会を務めたフリーアナウンサー・徳光和夫は、紀香の初婚時の司会者であり、常識的に考えれば、同じ人に頼まないものだが、愛之助はオフィシャルブログでその理由を、徳光が「僕たち一人一人の持つ個性についておほめの言葉」を書いた手紙をくれたことがきっかけで決断したと述べた。徳光に頼めば、紀香がバッシングされることは目に見えているが、妻の名誉よりも自分の満足を選んだわけだ。

 男女は同じレベルでないとくっつかないと巷間よく言われる通り、見れば見るほど、この2人はよく似ている。「週刊文春」(文藝春秋社)に、愛之助が紀香に内緒で、元愛人を披露宴に招待していたとスクープされ、今後もこのテの話題には事欠かないだろうが、この2人の仲は安泰だろう。


※仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)、最新刊は『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの」

関連記事(外部サイト)